漢方の臨床  47(11)(555)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 口絵 目でみる漢方史料館 (149) 尾台榕堂の書簡 / 町泉寿郎 / p1546~1548
  • 公開して秘せず / 松田邦夫 / p1553~1553
  • 眼科領域の漢方治療 / 山本昇吾 / p1554~1562
  • 気管支喘息の頑固な胸痛に対する大陥胸丸(自家製)の著効例 / 原敬二郎 / p1563~1567
  • 水様性鼻汁に対する甘草附子湯の使用 / 岩崎勲 / p1568~1572
  • 清肌安蛔湯の一治験をとおして / 三上正利 / p1573~1575
  • 虚証の紅斑性狼瘡1例--小柴胡湯合当帰芍薬散加附子 / 佐藤田美 / p1576~1581
  • 東洋堂経験余話 (113) / 松本一男 / p1582~1584
  • 精神症状を呈する瘀血患者に認められる特異なる頭部CT所見について / 岡田耕造 / p1585~1598
  • 女子医大雑話 (87) 帰脾湯の2症例 / 盛岡頼子
  • 新井信
  • 溝部宏毅 / p1599~1602
  • 大塚敬節による『類聚方広義』解釈 (12) / 大塚賢治
  • 渡辺洋井 / p1603~1618
  • 『康平傷寒論』の「傷寒例」読解 (5) / 山田光胤 / p1619~1625
  • 多紀元堅の傷寒論講義 (存誠塾傷寒論記聞) (19) / 岡利幸 / p1626~1631
  • 『史記』扁鵲倉公列伝研究史 (下) / 宮川浩也 / p1632~1662
  • 『和剤局方』、「一切気」篇の検討 / 中村輝子
  • 松崎亜衣子
  • 遠藤次郎 / p1663~1670
  • 当帰散の運用 その2 子宮脱 / 伊藤康雄 / p1671~1674
  • 漢方牛歩録 (178) 発熱を伴う項部痛に葛根湯合五苓散 / 中村謙介 / p1675~1676
  • 漢方診療おぼえ書 (191) / 緒方玄芳 / p1677~1678
  • 「退耕還林」政策と中国西部開発 / 伊藤敏雄 / p1679~1682
  • 第8回東洞祭記念大会報告記 / 小川新 / p1683~1687
  • 大塚恭男、町泉寿郎両氏、医史学会で表彰 / / p1688~1688

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine

Kanpo no rinsho
巻冊次 47(11)(555)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 2000-11
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想