漢方の臨床  46(1)(533)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 目でみる漢方史料館 (128) 梁田蛻巖撰・程赤城書『張仲景図賛』 / 小曽戸洋
  • 町泉寿郎 / p2~4
  • 平成11年(1999年)新年のことば 175名 / / p11~92
  • 漢方製剤療法を日本漢方と中医学と対比して考える / 谿忠人 / p93~101
  • 重ねて漢薬原料確保について / 後藤實 / p102~104
  • 鎮痛解熱剤の東洋医学的考察 / 大友一夫 / p105~120
  • 脚気の思い出 / 細川喜代治 / p121~123
  • 人工受精、体外受精、顕微受精に成功した婦人 / 寺師睦宗 / p124~127
  • 姜桂湯を考える / 浮田徹也 / p128~134
  • 眼疾に漢方治療を始め、「抗菌剤を止めるに至って」 / 山本昇吾 / p135~137
  • 腹診における臍部位置の臨床解剖学的研究 / 岡田耕造 / p138~146
  • 田代三喜著『和極集』の研究--曲直瀬道三著『授蒙聖功方』、同著『師語録』、西忍著『藪明集』との比較検討 / 遠藤次郎
  • 中村輝子 / p147~159
  • 食医&疾医(貝原益軒・香月牛山から吉益東洞への道)--私の目指すもの / 宮崎綾子 / p160~167
  • 『聖剤発蘊』の叙・自序について / 久保田富也
  • 久保田達也 / p168~174
  • 『類聚方広義』舛誤考 (中) -『類聚方広義』書を読むにあたって / 松本一男 / p175~187
  • 子宮筋腫に桂枝茯苓丸を使用してみて / 草間光一 / p188~189
  • 私の好きな処方 白虎加桂枝湯 / 岡利幸 / p189~189
  • 「風」のこと / 三谷和男 / p190~191
  • 東亜医学協会結成60周年を迎えて / 土方康世 / p191~192
  • 明治期の田舎医者メモ / 林盈六 / p193~193
  • 父と山と私 / 荻原幸夫 / p194~196
  • 魂の対話 / 高橋法昭 / p197~199
  • 医学教育に東洋医学を / 伊藤嘉紀 / p200~202
  • 私の漢方への旅路 / 松岡睦友 / p203~205
  • 漢方……そして、先生方との出会い / 小林幹典 / p206~212
  • 華佗の墓参 / 加世田弘道 / p213~219
  • 鍼灸の証と診断・治療 (下) / 池田政一 / p220~235
  • 帰耆建中湯加附子による褥瘡の治療経験 / 長坂和彦
  • 引網宏彰
  • 巽武司
  • 土佐寛順 / p236~241
  • 漢方薬の薬効 / 穐吉健治 / p242~244
  • 60周年ということ / 松本克彦 / p244~244
  • 女子医大雑話 (65) 消化器疾患の3例 / 溝部宏毅
  • 盛岡頼子
  • 新井信 / p245~248
  • 鍼による喘息発作の治験例ほか / 森由雄 / p249~252
  • 漢方牛歩録 (159) 運動時の腹痛に柴胡桂枝湯 / 中村謙介 / p253~254
  • 漢方治療おぼえ書 (181) / 緒方玄芳 / p255~256
  • 変と態、感と観、そして行いと想い / 北村翰男 / p257~259
  • 中国の雑誌「医学与哲学」について--その歴史・内容・評価(中) / 津谷喜一郎 / p260~265

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine
巻冊次 46(1)(533)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1999-01
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想