漢方の臨床  22(12)(256)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 苓桂朮甘湯に就て 一 / 山本巌 / p3~18
  • 傷寒論の新研究 (十) 素問傷寒熱論の臨床化について / 小椋道益 / p19~22
  • 桂枝去桂加茯苓朮湯の自験 / 藤平健 / p23~24
  • 漢方診療検討録 21 無声と下痢清穀に通脉四逆湯加桔梗 / 橋本行生 / p25~26
  • 男性インポテンツの三例 / 鈴木赫
  • 時永達己 / p27~27
  • 温知堂経験録 95 眼の囲りの打撲に治打撲一方 眼窩部の打撲に治打撲一方 古い腎臓部の打撲に治打撲一方 腸閉塞手術後の腸狭窄に桂枝加芍薬湯 / 矢数道明 / p28~29
  • 最近の症例 多発性関節リウマチ 貨幣状湿疹 腸閉塞 / 土本重 / p30~31
  • 漢方経験雑記 五 不妊症に大柴胡湯合桂枝茯苓丸 エキス散でもメンケン様反応 卵巣囊腫手術後の症状 右眼の充血に桂枝茯苓丸料エキス末 / 村田恭介 / p32~33
  • 小柴胡湯論(続) / 花村訓充 / p34~34
  • 国幹先生の顕彰碑の建った常楽寺にて / 長谷川道 / p35~36
  • 漢方研究室 今の流感 / 小倉重成 / p37~41
  • 趙憲泳著「通俗漢医学原論(十)訳註 / 張重信 / p42~51
  • 霊界通信 その四 故ちぐあん河童特報 / ちぐあん / p52~53
  • 越婢加朮湯加半夏の経験例 / 大村富栄 / p56~58
  • 漢方医界MEMO 昭和50年11月 / 協会本部 / p54~55
  • 編集後記 / 気賀 / p53~53

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine

Kanpo no rinsho
巻冊次 22(12)(256)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1975-12
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想