漢方の臨床  11(8)(120)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 附子の薬能(一) / 龍野一雄 / p3~9
  • 修琴堂治験録(6) / 大塚敬節 / p10~12
  • 温知堂経験録(7) / 矢数道明 / p13~15
  • 積聚の薬 / 高橋道史 / p16~17
  • 針注療法の周辺と神経痛の体験 / 三田寛 / p18~19
  • 金匱要略の針灸療法 / 陳居霖 / p20~23
  • 麻黄細辛附子湯の偉効 / 岡野正憲 / p26~27
  • 麻黄剤と猪苓湯 / 花林訓充 / p27~27
  • 漢方薬と民間薬(放送記事) / 山田光胤 / p28~29
  • 一点灸三題 / 矢数道明 / p29~30
  • 所謂「夏季熱」の清暑益気湯加銀柴胡に依る治験 / 陳厚銘 / p31~34
  • 味のいろいろ(その三)(味噌汁) / 小倉重成 / p24~25
  • 河童随筆(完全な美) / 間中喜雄 / p35~35
  • 書評二題「漢方一貫堂医学」・「炙とはりの効用」 / 寺師睦済 / p37~38
  • 森道伯翁異聞 / 気賀林一 / p39~39
  • 険証百問(7) / 西岡一夫 / p40~58
  • 漢方医界MEMO(七月) / 編集部 / p36~37

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine

Kanpo no rinsho
巻冊次 11(8)(120)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1964-08
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想