The Japanese journal of antibiotics  31(2)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 小児科領域における持続性Cephalexin顆粒製剤S-6437の使用経験 / 堀//誠 / p59~71<1927024>
  • 小児の急性咽頭炎および急性扁桃炎を対象としたCephalexinの臨床評価--抗生剤の薬効評価法に関する若干の考察 / 紺野//昌俊 / p72~82<1927025>
  • 抗性物質併用に関する基礎的研究特に生体内動態を中心に-2-GentamicinとMinocyclineのばあい / 荒谷//春恵
  • 中塚//正行 / p83~91<1927023>
  • Pseudomonas maltophiliaによる感染の臨床細菌学的検討 / 猪狩//淳 / p92~98<1927021>
  • Leucomycin点滴静注による小児肺Mycoplasma症治療に関する2,3の検討 / 中沢//進 / p99~107<1927020>
  • 化学療法剤の胸水中移行に関する研究-1-実験的胸膜炎ウサギおよび臨床的例におけるPenicillinおよびCephalosporin類の挙動について / 清水//辰典 / p108~114<1927022>
  • 製造会社別抗生物質生産量(1976) / / p115~125
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CLXIV / / p71~71,91~91,98~98,107~107,114~114,126~129
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CXXXVIII / / p130~132

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 31(2)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1978-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想