The Japanese journal of antibiotics  52(1)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 呼吸器感染症に対するImipenem/Cilastatin sodiumと他のβ-Lactam系抗菌薬の有用性と治療日数の検討 / 大泉耕太郎
  • 力丸徹
  • 白石恒明
  • 吉田稔
  • 渡辺憲太朗
  • 石橋凡雄
  • 北原義也
  • 原信之
  • 山田穂積
  • 本廣昭
  • 丸山理一郎
  • 城戸優光
  • 吉井千春
  • 池田昭仁
  • 二宮清
  • 松崎義和
  • 一瀬幸人
  • 児玉武利
  • 国武律子
  • 松永理香
  • 樋口和行
  • 加藤雅人
  • 矢野敬文
  • 古賀英之
  • 中原伸
  • 栗田幸男
  • 小江俊行
  • 犬山正仁
  • 千布節
  • 小柳孝太郎
  • 小野原信吾
  • 副島嘉修
  • 難波煌治
  • 宮崎直樹
  • 阿部和明
  • 井手宏
  • 松葉健一
  • 廣瀬宣之
  • 金民姫
  • 島津和泰
  • 中川義久
  • 蛯原桃子
  • 山口常子
  • 加藤收
  • 黒木茂高
  • 瀧原宏憲
  • 鎌江伊三夫 / p1~15
  • 新生児感染症を対象としたCefozopranの薬物動態解析結果--NONMEMを利用したPopulation Pharmacokinetics / 櫻井祐一
  • 菱川保
  • 平松信祥
  • 相良靖仁
  • 桑原雅明
  • 長崎賢
  • 藤巻智子
  • 藤井良知 / p16~23
  • 周産期におけるカルバペネム系抗菌薬パニペネム・ベタミプロンの治療効果 / 三鴨廣繁
  • 川添香子
  • 佐藤泰昌
  • 早崎容
  • 玉舎輝彦
  • 和泉孝治
  • 伊藤邦彦
  • 山田新尚 / p24~33
  • Escherichia coli より分離されたFosfomycin耐性株の病原性 / 笠井隆夫
  • 鶴岡勉 / p34~40
  • 緑膿菌からのエンドトキシン遊離に及ぼすIsepamicin及びβ-ラクタム薬の影響 / 山口聖賀
  • 佐藤節子
  • 鳥屋実
  • 辻明良 / p41~56
  • Comparative studies on in vitro activities of kasugamycin and clinically-used aminoglycoside antibiotics / TSUYOSHI TAMAMURA
  • KIYOSHI SATO / p57~67
  • モルモット足白癬モデルにおけるPyrrolnitrinとClotrimazole配合剤の治療効果 / 内田勝久
  • 山口英世 / p68~74

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 52(1)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1999-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想