The Japanese journal of antibiotics  27(6)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 高分子抗癌性抗生物質Neocarzinostatinの安定性に関する基礎的研究-1-Neocarzinostatin水溶液の安定性 / 河野//通治 / p707~714<1577664>
  • 高分子抗癌性抗生物質Neocarzinostatinの安定性に関する研究-2-Neocarzinostatin注射液の安定性 / 河野//通治 / p715~724<1577665>
  • Laboratory studies on cefazolin--Anti-inflammatory agent combinations with particular reference to tiaramide / Tatunori@@Shimizu / p725~729<1577662>
  • 小児尿路感染症の治療--ミノサイクリン顆粒の臨床的経験 / 平海//光夫 / p730~734<1577663>
  • 3′,4′-Dideoxykanamycin Bを妊娠モルモットに投与したばあいの新生仔モルモットの聴器の変化について / 秋吉//正豊 / p735~745<1577660>
  • Sodium Cephalothin(CET)大量投与による毒性について-1-急性毒性,亜急性毒性 / 倉本//昌明 / p746~765<1577659>
  • Studies on lividomycin-1-In vitro antibacterial activities of LVDM against clinical isolates of Mycobacterium tuberculosis / Tatunori@@Shimizu / p766~774<1577661>
  • リビドマイシンの淋疾に対する臨床成績と淋菌のリビドマイシン感受性について / 戸田//百年 / p775~778<1577667>
  • 術後感染予防(消化器外科)の臨床的検討--CET腹腔内投与時の血中移行とその意義について / 松浦//竜二 / p779~786<1577666>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CXXXII / / p714~714,724~724,745~745,765~765,778~778,786~786,787~792
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CVI / / p793~802

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 27(6)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1974-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想