泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica  34(10)

泌尿器科紀要編集部

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1955.03~29 (10) 1983.10 ; 51 (1) 2005.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;6巻7号までの並列タイトル: Acta urologica;1巻1号 (昭和30年3月)-;出版者変遷: 京都大学医学部 (1巻1号-28巻5号)→ 泌尿器科紀要刊行会 (28巻6号-);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 進行性尿路腫瘍に対するInterleukin 2(IL-2)による治療 / 原眞・ほか / p1693~1696
  • 進行性尿路上皮癌に対する化学療法の治療成績 / 小松原秀一・ほか / p1697~1702
  • 泌尿器科疾患における尿中ポリアミン測定の臨床的意義 / 松田稔・ほか / p1703~1710
  • 尿路結石再発に関する臨床的検討 (5) 結石組成と尿pH日内変動および結石構成物質の尿中排泄の関係について / 村山鉄郎
  • 田口裕功 / p1711~1715
  • 経皮的腎尿管結石摘出術の腎機能に及ぼす影響--⁹⁹mTc-DTPA Renoscintigramによる検討 / 坪井成美・ほか / p1717~1721
  • Ciclosporinの腎毒性に関する研究 第2報 CiclosporinおよびSulfamethoxazole-Trimethoprim合剤併用投与によるラットの腎毒性について / 朴勺・ほか / p1723~1731
  • ドプラ断層法による移植腎血流評価(英文) / 秋山隆弘・ほか / p1733~1739
  • 腎囊胞に対する経皮的povidone iodine注入療法--臨床成績の検討 / 篠田育男・ほか / p1741~1745
  • われわれのUreaplasma urealyticum検出率について(英文) / 河村信夫・ほか / p1747~1749
  • 非無菌的間歇的自己導尿法の経験 / 平野昭彦・ほか / p1751~1756
  • 睾丸腫瘍の臨床的観察 / 松木尚・ほか / p1757~1765
  • ヒト精巣機能に及ぼす高温環境の影響 / 並木幹夫・ほか / p1767~1770
  • ラットおよびヒト精巣hCGレセプターのhCGによるdown-regulation / 並木幹夫・ほか / p1771~1775
  • 症例 経皮的針生検後,術前化学療法を施行した副腎皮質癌の1例 / 寺島保典・ほか / p1777~1782
  • 症例 小腸転移切除とインターフェロンが奏功した進行性腎細胞癌の1例 / 宮田昌伸・ほか / p1783~1788
  • 症例 両側非同時発生腎盂腫瘍の1例 / 柴原伸久・ほか / p1789~1793
  • 症例 腎異物の1例 / 曲人保・ほか / p1795~1798
  • 症例 総腸骨動脈瘤による尿管狭窄の1例 本邦報告例の臨床病理学的検討 (英文) / 郷司和男・ほか / p1799~1803
  • 症例 骨溶解像が主体となった前立腺癌骨転移の1例 / 福岡洋・ほか / p1805~1809
  • 症例 腹部腫瘤を主訴とした前立腺癌の1例 / 中川泰始・ほか / p1811~1814
  • 症例 Chlormadinone acetateが著効を示した非特異性肉芽腫性前立腺炎の1例 / 米田尚生・ほか / p1815~1817
  • 症例 原発性男子尿道癌の2例 / 桜井正樹・ほか / p1819~1821
  • 症例 VAB-6療法により著明な転移巣縮小が認められた両側セミノーマの1例 / 中嶋孝夫・ほか / p1823~1828
  • 症例 副睾丸アデノマトイド腫瘍の1例 / 本城充・ほか / p1829~1831
  • 症例 Fournier's gangreneの1例 / 米津昌宏
  • 置塩則彦 / p1833~1836
  • 治験 慢性腎不全患者に対する人参湯合大黄甘草湯の使用経験 / 西尾正一・ほか / p1837~1840
  • 治験 遊走腎症,腹圧性尿失禁に対する補中益気湯の効果 / 村上泰秀 / p1841~1843
  • 治験 排泄性尿路造影におけるイオパミロン(R)370の使用経験--アレルギー歴あるいはイオン性造影剤による副作用の既往を有する患者に対する有用性 / 近藤兼安・ほか / p1845~1851
  • 治験 前立腺癌内分泌療法--LH-RH analogue,ICI 118630(Zoladex(R))と去勢術あるいはエストロゲン療法との臨床比較試験 / 宇佐美道之・ほか / p1853~1863
  • 治験 前立腺肥大症症例に対するAstromicin投与後の前立腺組織内および血清中濃度について / 森田昌良
  • 蓮田精之 / p1865~1868

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica
著作者等 京都大学医学部
泌尿器科紀要刊行会
泌尿器科紀要編集部
書名ヨミ ヒニョウキカ キヨウ = Acta urologica Japonica
書名別名 Acta urologica

泌尿紀要

Acta urologica Japonica

Hinyokika kiyo
巻冊次 34(10)
出版元 泌尿器科紀要刊行会
刊行年月 1988-10
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00181994
NCID AN00208315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想