泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica  13(4)

泌尿器科紀要編集部

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1955.03~29 (10) 1983.10 ; 51 (1) 2005.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;6巻7号までの並列タイトル: Acta urologica;1巻1号 (昭和30年3月)-;出版者変遷: 京都大学医学部 (1巻1号-28巻5号)→ 泌尿器科紀要刊行会 (28巻6号-);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 就任所感 / 加藤篤二 / p263~264
  • 泌尿器腫瘍と酵素-1-実験的ラット前立腺腫瘍におけるLDH,ALP活性,LDH isozymeの変動ならびに諸種ホルモンのこれらに及ぼす影響について / 加藤//篤二 / 265~275<8425397>
  • 男子副性器分泌物と酵素-1・2- / 石部//知行 / 276~289<8425398>
  • 泌尿器科領域の悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症について / 高橋//陽一 / 290~301<8425401>
  • 膀胱腫瘍治療に関する一考察 / Ekman//Hans / 302~307<8425402>
  • 術後紅皮症の1例 / 親松//常男 / 308~314<8425403>
  • 陰莖折症の1例 / 藤田//幸雄 / 315~317<8425404>
  • 陰嚢部に発生せる尿瘻癌の1例 / 茶幡//隆之 / 318~320<8425405>
  • 交叉性睾丸転位症の2例 / 酒徳//治三郎 / 321~325<8425406>
  • 上部尿路結石症に対するCamalon(Cyclopentaphen)の治験 / 杉浦//弌 / 326~338<8425407>
  • 泌尿器科領域におけるAP-2顆粒の臨床使用経験 / 稲田//務 / 339~343<8425408>
  • 泌尿器科領域におけるベンチル注の使用経験 / 稲田//務 / 344~348<8425409>
  • 編集後記・購読要項・投稿内規 / / p350~350

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica
著作者等 京都大学医学部
泌尿器科紀要刊行会
泌尿器科紀要編集部
書名ヨミ ヒニョウキカ キヨウ = Acta urologica Japonica
書名別名 Acta urologica

泌尿紀要

Acta urologica Japonica
巻冊次 13(4)
出版元 泌尿器科紀要刊行会
刊行年月 1967-04
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00181994
NCID AN00208315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想