外科 = Surgery : 臨床雑誌  58(2)(718)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 家族性腫瘍と外科 / 宇都宮譲二
  • 権藤延久
  • 吉川麗月
  • 佐伯善文
  • 一井重利
  • 田村和朗
  • 中川一彦 / p127~194
  • 家族性腫瘍の概念と意義 / 宇都宮譲二 / p127~138
  • 家族性腫瘍の基礎的遺伝学 / 宮木美知子 / p139~145
  • 本邦における遺伝性乳癌の統計 / 土屋敦雄 / p146~151
  • 家族性乳癌VS非家族性乳癌 / 内田賢 / p152~156
  • 家族性乳癌の外科治療 / 多田隆士 / p157~159
  • 家族内集積性甲状腺癌の実態と外科的治療 / 高見博 / p160~164
  • 家族性大腸腺腫症の診断と治療 / 岩間毅夫 / p165~170
  • 腺腫症以外の遺伝性ポリポーシスの診断と治療 / 伊藤英明 / p171~175
  • 遺伝性非ポリポーシス大腸癌(HNPCC)の歴史的背景と本邦統計 / 川上和彦 / p176~181
  • 遺伝性非ポリポーシス大腸癌(HNPCC)の診断と治療 / 吉川宣輝 / p182~185
  • 遺伝性非ポリポーシス大腸癌家系にみられる子宮体癌の特徴 / 野水整 / p186~189
  • 遺伝性腫瘍,とくに家族性大腸腺腫症の患者および家族への看護支援 / 武田祐子 / p190~194
  • 小肝癌の治療方針 / 河野//至明
  • 木下//平
  • 竜//崇正 / 195~198<3912059>
  • CONTROVERSY UPDATE 大腸癌の組織発生 Adenoma-carcinoma sequence vs de novo cancer / 小西文雄
  • 倉本秋 / p199~204
  • 私の研究 肝移植術中術後の凝固線溶系の変動に関する研究 / 橋倉泰彦 / p205~209
  • 外科当直医を始める人のために 骨盤骨折の注意点 / 藤原正利 / p210~215
  • 臨床経験 n0乳癌再発因子と腫瘍周囲リンパ球浸潤 / 浅越辰男 / p216~219
  • 臨床と研究 外科病棟における術後深在性カンジダ症(CAND-TEC陽性)患者の検討 / 大野徹 / p220~224
  • 症例 冠状動脈バイパス術後に大量下血で発症したangiodysplasiaの1例 / 前田肇 / p225~228
  • 症例 腹腔鏡下腰椎椎間板切除術,前方椎体間固定術 / 山田英夫 / p229~234
  • 症例 総胆管胆石嵌頓症に合併した胆汁性囊胞(biloma)の1例 / 下田貢 / p235~239
  • 症例 TAE後,切除可能となった胃カルチノイド巨大肝転移の1例 / 林仁薫 / p240~242
  • 症例 膵頭部領域に発生したparagangliomaの1症例 / 宇都宮健弘 / p243~246
  • 症例 早期胃癌を合併したびまん性胃粘膜下囊腫の1症例 / 中尾篤典 / p247~250
  • 随録 第21回日本外科系連合学会学術集会 / / p239~239
  • 随録 第14回肝移植研究会 / / p246~246
  • 随録 次号予告・寄稿のさだめ / / p251~251
  • 随録 編集ペン / / p252~252

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery

Geka
巻冊次 58(2)(718)
出版元 南江堂
刊行年月 1996-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想