癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics  14(5)(133)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1954.09~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: Japanese journal of cancer clinics (1巻1号-15巻5号)→ Japan journal of cancer clinics (16巻6号-24巻1号);1巻1号 (1954年9月)-5巻7号 (1959年7月) ; 5巻8号 = 34号 (1959年7月)-;出版者変遷: 医歯薬出版 (1巻1号-21巻3号)→ 篠原出版 (21巻4号-46巻1号);1巻1号から31巻15号までの総索引: 「乳癌の臨床」1巻1号収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 欧米諸国における乳癌治療の現況 / 久野//敬二郎 / 382~388<8154315>
  • 乳癌組織における血管内侵入所見の意義 / 藤森//正雄 / 389~393<8154316>
  • 両側性乳癌について / 北条//慶一 / 394~399<8154317>
  • 妊娠授乳期乳癌の観察 / 赤司//光弘 / 400~405<8154318>
  • 局所進行乳癌に対する5-Fluorouracilと60Co遠隔照射の併用療法について / 久保//完治 / 406~411<8154319>
  • Inflammatory carcinoma of the breastの1例 / 大橋//広文 / 412~414<8154320>
  • 両側乳癌の3例 / 山本//泰久 / 415~418<8154321>
  • 学会 第6回乳癌研究会 / / p419~426
  • 胃癌剥離細胞の形態について 早期癌と進行癌の対比を中心に / 城所//働 / 427~433<8154325>
  • 喀痰細胞診に対するN-シクロヘキシル-N-メチル-(2-アミノ-3,5-ジブロムベンジル)-アンモニウムクロライド(Bisolvon)の使用経験 / 原田//邦彦 / 434~437<8154326>
  • 肺癌の5-Fluorouracilと60Co照射の併用療法 / 島//隆允 / 438~443<8154327>
  • 国際対癌連合の臨床治療試験委員会(Committee of Controlled Therapeutical Trials)の発足(がんハイライト) / 小山//善之 / 379~380<8154310>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics
著作者等 医歯薬出版株式会社
篠原出版新社
篠原出版株式会社
書名ヨミ ガン ノ リンショウ = Japanese journal of cancer clinics
書名別名 Japan journal of cancer clinics

Japanese journal of cancer clinics
巻冊次 14(5)(133)
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1968-05
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00214949
NCID AN00048401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想