医用電子と生体工学 : 日本ME学会雑誌論文号 = Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME  22(7)(133)

日本ME学会編集

国立国会図書館雑誌記事索引 3 (1) 1965.01~39 (4) (通号: 207) 2001.12;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;1巻1号から26巻4号までのタイトル関連情報: 日本ME学会雑誌;1巻1号から26巻4号までの編者: 日本ME学会;特別号あり;1巻1号 = [1号] (昭和38年1月)-[ ];出版者変遷: コロナ社 (1巻1号-4巻4号)→ 日本ME学会 (4巻5号-39巻1号);頒布者変遷: コロナ社 (4巻5号-24巻7号)→ 秀潤社 (25巻1号-26巻4号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集「患者監視」について / 北村//和夫 / p469~469<3037204>
  • 一般集中治療室における患者監視 / 島田//康弘
  • 日月//裕 / p470~475<3037205>
  • 冠動脈疾患集中治療室における患者監視 / 福並//正剛 / p476~481<3037206>
  • 呼吸器疾患集中治療室における患者監視 / 吉良//枝郎
  • 倉富//雄四郎 / p482~489<3037207>
  • 脳疾患集中治療室における患者監視 / 間中//信也
  • 三井//香児 / p490~496<3037208>
  • 分娩室・新生児室・未熟児室における患者監視 / 前田//一雄 / p497~503<3037209>
  • 手術室における患者監視 / 釘宮//豊城
  • 都築//正和 / p504~509<3037210>
  • 一般病室・特殊病室における患者監視 / 榊原//欣作 / p510~515<3037211>
  • リハビリテ-ション施設における患者監視 / 岩倉//博光 / p516~522<3037212>
  • オンライン入力とセンサ / 久保田//博南 / p523~528<3037213>
  • 患者監視システムとコンピュ-タの役割--マイクロコンピュ-タの効用 / 坂井//孝志
  • 石井//弘好
  • 太田//郁雄 / p529~535<3037214>
  • 病態認識のアルゴリズム / 山田//明夫 / p536~541<3037215>
  • スタッフ教育 / 木全//心一 / p542~548<3037216>
  • 心臓術後患者のためのコンピュ-タ利用による自動監視治療装置--血圧自動調節を中心として / 高梨//吉則
  • 今井//康晴 / p549~555<3037217>
  • 学会記事 / 辻隆之 / p556~556
  • 関連国際および国内会議のお知らせ / / p556~558
  • 著者紹介 / / p559~560
  • 第22巻総目次 / / p561~562
  • 日本ME学会雑誌への寄稿について(第21巻第4号色紙) / /

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 医用電子と生体工学 : 日本ME学会雑誌論文号 = Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME
著作者等 日本ME学会
日本エムイー学会
書名ヨミ イヨウ デンシ ト セイタイ コウガク : ニホン ME ガッカイ ザッシ ロンブンゴウ = Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME
書名別名 日本ME学会雑誌

Japanese journal of medical electronics and biological engineering : JJME

Iyo denshi to seitai kogaku
巻冊次 22(7)(133)
出版元 日本エム・イー学会
日本学会事務センター
刊行年月 1984-12
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00213292
NCID AN00016981
AA12119469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00001674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想