ストレス科学 = The Japanese journal of stress sciences : 日本ストレス学会誌  10(2)

日本ストレス学会編集委員会

国立国会図書館雑誌記事索引 16(1):2001.9.30-;並列タイトル変遷: The Japanese journal of stress sciences (-<30巻3号>);7巻1号 (平成4年11月25日)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 基調(会長)講演・教育講演・特別講演 / / p19~22
  • 基調(会長)講演 演題:老年期の精神保健--健康に老いるために / 加藤正明
  • 長谷川和夫 / p20~20
  • 教育講演 演題:災害ストレスとこころの健康 / 長谷川和夫
  • 太田保之 / p21~21
  • 特別講演 演題:ストレスは老化を促進するか / 青葉安里
  • 柴田博 / p22~22
  • シンポジウム・トピック / / p23~60
  • シンポジウムI 小児期のストレスとその対応 / 星加明徳 / p24~24
  • シンポジウムI 小児期のストレスとその対応 / 池田由子 / p25~25
  • SI-1 LDの不適応行動について / 森永良子 / p26~26
  • SI-2 小児がん患児のストレスとその対応 / 細谷亮太 / p27~27
  • SI-3 両親の離婚が子供に及ぼす影響及びその対応について / 鈴木悦子 / p28~28
  • SI-4 児童虐待とその対応に関する一考察 / 藤井和子 / p29~29
  • SI-5 受験ストレスと小児心身症 / 地嵜和子,他 / p30~30
  • シンポジウムII 思春期(青年期)のストレスとその対応 / 末松弘行 / p32~32
  • シンポジウムII 思春期(青年期)のストレスとその対応 / 牛島定信 / p32~32
  • SII-1 登校拒否とその対応 / 田上不二夫 / p33~33
  • SII-2 思春期・青年期のストレスと消化管疾患 / 上原聡,他 / p34~34
  • SII-3 思春期(青年期)のストレスとその対応--呼吸器系疾患(主に気管支喘息)について / 十川博,他 / p35~35
  • SII-4 思春期青年期を取り巻く現代の家族状況 / 館直彦 / p36~36
  • シンポジウムV ストレス研究の方法論-生物学的アプローチ / 田中正敏 / p38~38
  • シンポジウムV ストレス研究の方法論-生物学的アプローチ / 朝倉幹雄 / p38~38
  • SV-1 マイクロダイアリシスを用いた神経伝達物質に関する研究 / 吉田眞美,他 / p39~39
  • SV-2 胎生期や新生児期のストレスはラットのその後のストレス反応性を規定する要因のひとつである / 三国雅彦 / p40~40
  • SV-3 c-fos発現を指標とした、脳内ストレス反応の研究 / 渡辺義文 / p41~41
  • SV-4 ストレス防御機構における脳内蛋白質リン酸化反応の役割 / 朝倉幹雄,他 / p42~42
  • シンポジウムIII 中年期のストレスとその対応 / 筒井末春 / p44~44
  • シンポジウムIII 中年期のストレスとその対応 / 相澤好治 / p44~44
  • SIII-1 中年期のストレスとその対応 / 苅部ひとみ / p45~45
  • SIII-2 所属職場におけるストレス対策の必要性を認める者と認めない者の差違-ホワイトカラー中間管理者を対象とした調査- / 河野慶三,他 / p46~46
  • SIII-3 心療内科における中年期ストレスとその対応 / 中野弘一,他 / p47~47
  • SIII-4 中年期のストレスとその対応"mid-life crisisをめぐって" / 白倉克之 / p48~48
  • トピック いじめの実態とその対応 / 山本和郎 / p50~50
  • トピック いじめの実態とその対応 / 藍澤鎮雄 / p50~50
  • T-1 「いじめ」の構造的分析-その分類と背景- / 安達隆一 / p51~51
  • T-2 広がりと深さから視るいじめ問題の諸相と対策 / 清永賢二 / p52~52
  • T-3 心理と構造からみたいじめの意味と対応 / 多賀谷篤子 / p53~53
  • T-4 いじめの実態とその対応 / 緑川尚夫 / p54~54
  • シンポジウムIV 老年期のストレスとその対応 / 大塚俊男 / p56~56
  • シンポジウムIV 老年期のストレスとその対応 / 下光輝一 / p56~56
  • SIV-1 定年退職とストレス-アイデンティティ危機論の立場から- / 岡本祐子 / p57~57
  • SIV-2 病気とストレス / 山崎久美子 / p58~58
  • SIV-3 死別とストレス / 河合千恵子 / p59~59
  • SIV-4 ソーシャルネットワークとストレス / 野口裕二 / p60~60
  • 一般演題 / / ~133
  • (1)ストレスと環境-1 / 村山正博 / p61~65
  • 1.救命救急センター勤務医師を対象とした簡易脳波測定装置によるストレス状態の検討 / 堀内正浩,他 / p62~62
  • 2.Coronary Care Unit(CCU)における精神症状出現患者の検討 / 宗武彦,他 / p63~63
  • 3.OA化ストレスに伴いうつ状態を呈した中年男性の一例 / 松本辰美,他 / p64~64
  • 4.Panic disorderに気分障害が併在した3症例の治療経過についての検討 / 今崎牧生,他 / p65~65
  • (2)ストレスと環境-2 / 須藤綾子 / p66~70
  • 5.ストレスと環境--改訂長谷川式簡易知能評価スケール実施の観点から / 太田良子 / p67~67
  • 6.阪神大震災におけるPTSDについて / 前久保邦昭,他 / p68~68
  • 7.唾液中コルチゾールによる精神的負担の生体影響評価--就職試験、定期試験の場合 / 三木圭一,他 / p69~69
  • 8.ドライバー・ストレスの個人差 / 津田彰,他 / p70~70
  • (3)中年期のストレスと環境[シンポIII関連演題] / 前原直樹 / p71~74
  • 9.中年の夜間高速バス運転手の職業性ストレスと対策--過労と循環器負担から見た運行管理及び健康管理対策 / 前原直樹,他 / p72~72
  • 10.地方公務員におけるストレスと生活習慣に関する1万人健康調査 / 鏡森定信,他 / p73~73
  • 11.急性心筋梗塞発症前の職場のストレス状況が病後の復職に及ぼす影響 / 笽島茂,他 / p74~74
  • (4)予防と健康管理 / 夏目誠 / p75~81
  • 12.ライフスタイルと包括的健康評価に関する予防医学的研究(第19報)システムエンジニアの精神的健康度に関連する要因 / 江副智子,他 / p76~76
  • 13.ライフスタイルと免疫学的防御機構に関する予防医学的研究(第3報)職業ストレスとNK細胞活性、LAK細胞活性との関係 / 井上知真子,他 / p77~77
  • 14.ストレスドックの試み(1)概要と意義 / 野田哲朗,他 / p78~78
  • 15.ストレスドックの試み(2)-心理検査結果から- / 山田紅美,他 / p79~79
  • 16.職場のストレス環境と健康習慣の因果関係について / 鈴鴨よしみ,他 / p80~80
  • 17.企業内の定期健康診断からみた職場ストレスの理解--ストレスマネージメントとしての健康管理室の意義 / 芝山幸久,他 / p81~81
  • (5)ストレスと運動効果 / 岩根久夫 / p82~87
  • 18.「快適な運動」に対する生理・心理的応答の年齢による比較 / 中島葉子,他 / p83~83
  • 19.持久的トレーニングの時間が主観的ストレス得点の変化に及ぼす影響 / 林直亨,他 / p84~84
  • 20.超持久運動におけるアミノ酸代謝変動と疲労状態の把握について / 松原大,他 / p85~85
  • 21.ストレスマネジメントとしての運動の効果に関する研究--トランスアクション・モデルからの考察 / 三浦康司,他 / p86~86
  • 22.健康づくり実践指導コース受講後の生活習慣および自覚的ストレスの変化について / 小田切優子,他 / p87~87
  • (6)ストレス評価尺度 / 桂戴作 / p88~93
  • 23.日常ハッスルズ・アプリフツ・心理的対処の信頼性尺度による分裂症、うつ病、神経症の判別と特徴 / 金子昌代,他 / p89~89
  • 24.認知論的ストレス調査表から見た「士気低下群」及びいわゆる「ストレス度」 / 佐藤浩信,他 / p90~90
  • 25.ストレスと喫煙習慣-特にタイプAとの関連について / 村上正人,他 / p91~91
  • 26.一般日本人における「社会的再適応評価尺度」に関する研究(第3報) / 大池ひとみ,他 / p92~92
  • 27.BIO-SONICの効果に関する研究(第四報)ストレスコーピングとしての効用に関する検討 / 扇本直人,他 / p93~93
  • (7)ストレス反応-内分泌,他 / 村上正人 / p94~99
  • 28.Coping Styleと瞬目および情動反応の関係 / 佐久田祐子,他 / p95~95
  • 29.脈波P-P間隔と指の振戦を使った総合ストレスの評価 / 栗脇真史,他 / p96~96
  • 30.単純加算作業の前後における脈波P・P間隔変動と指振戦の変化 / 永田晟,他 / p97~97
  • 31.慢性睡眠不足時の運動耐容能とノルアドレナリン分泌動態 / 山本明子,他 / p98~98
  • 32.喫煙によるスギ花粉アレルギーの抑制傾向:ストレス反応の影響? / 兜真徳,他 / p99~99
  • (8)ストレス反応-生理 / 吉田勝美 / p101~105
  • 33.精神作業負荷中にみられた血圧変化と自律神経反応 / 小森賢一,他 / p102~102
  • 34.急性ストレスと慢性単一ストレスに対する生体の防御と破綻機構のメカニズム / 貴家康男,他 / p103~103
  • 35.ストレス蛋白質によるIII-V半導体物質の毒性評価法 / 山内博,他 / p104~104
  • 36.受精鶏卵を用いた抗ストレス因子スクリーニングの試み / 藤井昌仁,他 / p105~105
  • (9)ストレス反応-動物実験 / 山内祐一 / p106~111
  • 37.生体防御機構に及ぼすトレーニングと脱トレーニングの影響について / 吉田祐子,他 / p107~107
  • 38.ストレスの違いがマウス脾細胞幼若化反応に及ぼす変化 / 高橋典子,他 / p108~108
  • 39.マウスの発達初期における母子分離が成熟後の脾細胞増殖能に及ぼす影響 / 及川陽一郎,他 / p109~109
  • 40.ラットrebound hyperphagiaと側坐核ドパミン代謝に対する閉所ストレスの影響 / 栗岡政典,他 / p110~110
  • 41.温泉浴ラット睾丸の形態的変化について / 重村克己 / p111~111
  • (10)ストレス研究の方法論[シンポV関連演題] / 兜真徳 / p112~116
  • 42.ストレスの末梢神経再生に及ぼす影響に関する実験的研究(組織学的検討) / 尼子雅敏,他 / p113~113
  • 43.心拍変動のスペクトル成分から評価した自律神経系活動性と残業時間、通勤時間との関連 / 影山隆之,他 / p114~114
  • 44.トリメチル錫によるHPA-axisの反応:脳内炎症ストレスの可能性 / 今井秀樹,他 / p115~115
  • 45.ストレス研究における17-KS硫酸測定とその生物学的意義 / 西風脩,他 / p116~116
  • (11)対応とマネジメント / 吾郷晋浩 / p117~122
  • 46.施設入院療法を積極的にすすめた小児気管支喘息の一例 / 伊藤光彦,他 / p118~118
  • 47.企業などの組織におけるチームストレスマネジメントと多様態アプローチの重要性 / 内田江里,他 / p119~119
  • 48.職場におけるケースマネジメントの在り方 / 大西守,他 / p120~120
  • 49.ストレスはその人を現す(II) / 石田行仁,他 / p121~121
  • 50.サルをモデルとしたコミュニケーションにおけるストレス反応 / 木村和正,他 / p122~122
  • (12)婦人とストレス / 中村賢 / p123~127
  • 51.育児ストレッサーとストレス反応(特性不安)の関連の検討 / 市井雅哉,他 / p124~124
  • 52.子供の出生順位からみた母親のCMI評価について / 松本正和,他 / p125~125
  • 53.女性の意識からみた高齢化社会 / 大木和子,他 / p126~126
  • 54.慢性疾患児のストレス / 山口日名子,他 / p127~127
  • (13)患者と介護者のストレス / 中井義勝 / p128~133
  • 55.在宅末期がん患者に対する家族介護者の認知的評価の質的分析 / 馬庭恭子,他 / p129~129
  • 56.痴呆性老人の介護におけるストレスについて / 山田治,他 / p130~130
  • 57.手術を受ける患者の不安の分析--STAIとEGOGRAMを用いて / 岡崎寿美子,他 / p131~131
  • 58.入院患者のストレッサーとストレス反応について / 任和子,他 / p132~132
  • 59.癌患者のパーソナリティ(第2報) / 中野勝之,他 / p133~133

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ストレス科学 = The Japanese journal of stress sciences : 日本ストレス学会誌
著作者等 日本ストレス学会
日本ストレス学会編集委員会
書名ヨミ ストレス カガク = The Japanese journal of stress sciences : ニホン ストレス ガッカイシ
書名別名 Sutoresu kagaku

The Japanese journal of stress science

The Japanese journal of stress sciences

Sutoresu kagaku
巻冊次 10(2)
出版元 日本ストレス学会
刊行年月 1995-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13494813
NCID AN10400523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
01005916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想