日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology  6(3)

日本臨床微生物学会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 1997.03~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;1巻1号 (1991)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 深在性真菌症における血清(1→3)-β-D-グルカンの測定 / 黒川幸徳 他 / p1~4
  • Helicobacter pyloriの培養法と抗H.pylori IgG抗体測定法の相関性 / 辻原佳人 他 / p5~11
  • 後天性免疫不全症候群(AIDS)症例から分離されたMycobacterium avium-intracellulare complexのマクロライドおよびニューキノロン薬感受性 / 安達房代 他 / p12~16
  • 症例 Campylobacter fetusによる蜂窩織炎と菌血症の3例 / 平井さと子 他 / p17~22
  • 技術コーナー「菌株の保存方法」--嫌気性菌の保存方法 / 加藤直樹 他 / p23~25
  • 第1回日本臨床微生物学会学術集会・関連論文 / / p26~47
  • 教育鼎談(その2)腸管系病原微生物の検査システム / 佐久一枝 / p26~31
  • シンポジウムI 病原的意義が不明確な病原体の位置づけ / / p32~47
  • 1) いわゆるEPEC / 永山憲市 他 / p32~34
  • 2) Helicobacter pylori / 谷田憲俊 他 / p35~38
  • 3) Streptococcus milleri group / 新里敬 他 / p39~42
  • 4) Chlamydia pneumoniae / 岸本寿男 / p43~47
  • 第2回教育セミナー--レンサ球菌 / / p48~88
  • 1) 肺炎球菌感染症 / 紺野昌俊 / p48~61
  • 2) 感染性心内膜炎 / 小林芳夫 / p62~67
  • 3) A群溶血レンサ球菌の産生する毒素 / 五十嵐英夫 / p68~76
  • 4) Streptococcus milleri groupの検出法とその臨床 / 草野展周 / p77~82
  • 5) 臨床から分離される腸球菌の意義 / 公文裕巳 / p83~88
  • 特別収載 志賀毒素産生性大腸菌感染症 / 坂崎利一 他 / p89~98

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology
著作者等 日本臨床微生物学会
書名ヨミ ニホン リンショウ ビセイブツガク ザッシ = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology
書名別名 The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology
巻冊次 6(3)
出版元 日本臨床微生物学会
刊行年月 1996-09
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 09175059
NCID AA11227229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00106579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 不明
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想