Infection control : The Japanese journal of infection control  9別冊(69)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 10 (1) (通号: 74) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;1巻1号=1号 -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • インフェクションコントロール2000年別冊CDC最新ガイドラインエッセンス集--イシフルエンザ対策/HTV対策/医療従事者のための感染対策/造血幹細胞移植における感染対策/MMWR / / p1~1,3~43,45~89,91~220
  • はじめに / 矢野邦夫 / p3~3
  • 本書の構成と使用法 / / p4~7
  • 図表一覧 / / p12~12
  • 第I章 インフルエンザ対策 / / ~43
  • インフルエンザワクチン / / p18~28
  • インフルエンザワクチンについて / / p18~19
  • インフルエンザワクチンの効果 / / p19~20
  • インフルエンザワクチン接種の対象 / / p20~22
  • インフルエンザワクチンの副作用 / / p22~24
  • インフルエンザワクチンとギランバレー症候群 / / p24~26
  • インフルエンザワクチンと妊婦 / / p26~27
  • インフルエンザワクチンとHIV / / p27~28
  • 抗インフルエンザ薬 / / p28~34
  • インフルエンザの予防内服 / / p28~30
  • amantadineとrimantadine / / p30~32
  • ノイラミニダーゼ阻害剤 / / p32~34
  • 第II章 HIV対策 / / ~89
  • HIV曝露後対策 / / p46~71
  • HIV曝露について / / p46~47
  • 曝露と感染の危険性について / / p47~50
  • 曝露後予防の開始時期について / / p50~52
  • 曝露後予防薬剤について / / p52~60
  • 第一薬剤zidovudine--ZDV / / p52~53
  • 第二薬剤lamivudine--3TC / / p53~57
  • 第三薬剤プロテアーゼ阻害剤 / / p57~60
  • 曝露後予防の副作用 / / p60~62
  • 曝露後予防と耐性ウイルス / / p63~64
  • 曝露直後の処置 / / p64~68
  • 曝露後フォローアップ / / p68~70
  • 妊婦における曝露後予防 / / p70~71
  • HIV感染者の生活指導 / / p71~81
  • 日常生活 / / p72~73
  • 飲食物 / / p73~75
  • ペット / / p75~77
  • 旅行 / / p77~80
  • その他 / / p80~81
  • 第III章 医療従事者のための感染対策 / / ~150
  • ウイルス感染 / / p92~113
  • A型肝炎ウイルス--HAV / / p92~93
  • B型肝炎ウイルス--HBV / / p94~96
  • C型肝炎ウイルス--HCV / / p96~98
  • 単純ヘルペスウイルス--HSV / / p98~100
  • 水痘-帯状疱疹ウイルス--VZV / / p100~103
  • サイトメガロウイルス--CMV / / p104~105
  • 麻疹ウイルス / / p105~106
  • 風疹ウイルス / / p106~107
  • アデノウイルス / / p108~108
  • 流行性耳下腺炎ウイルス / / p108~108
  • パルボウイルスB19 / / p109~110
  • ポリオウイルス / / p110~111
  • インフルエンザウイルス / / p112~112
  • RSウイルス / / p113~113
  • 狂犬病ウイルス / / p113~113
  • 細菌感染 / / p114~121
  • MRSA / / p114~116
  • A群溶血連鎖球菌 / / p116~117
  • ジフテリア菌 / / p117~118
  • 髄膜炎菌 / / p118~120
  • 百日咳菌 / / p120~121
  • 疥癬虫およびシラミ感染 / / p121~124
  • 疥癬虫 / / p121~123
  • シラミ / / p123~124
  • 妊婦 / / p124~125
  • 第IV章 造血幹細胞移植における感染対策 / / ~180
  • 移植患者の環境と生活 / / p152~166
  • 移植病室 / / p152~156
  • 移植患者への教育 / / p156~159
  • 移植患者の旅行 / / p159~160
  • 移植患者の飲料水 / / p160~161
  • 移植患者の食事 / / p161~163
  • 移植患者とペット / / p164~166
  • 移植患者と感染症 / / p166~173
  • 移植と水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV) / / p166~167
  • 移植とインフルエンザ / / p167~169
  • 移植とRSウイルス(RSV)およびEBウイルス(EBV) / / p169~170
  • 移植とMRSA / / p170~171
  • 移植とClostridium difficile / / p171~172
  • 移植とレジオネラ症 / / p172~173
  • 第V章 MMWR / / ~220
  • [報告1]汚染した生理食塩水によるRalstonia pickettiiの病院感染の報告--カリフォルニア州ロサンゼルス市,1998年 / / p182~186
  • [報告2]汚染した含嗽薬によるBurkholderia cepaciaの病院感染の報告--アリゾナ州,1998年 / / p186~189
  • [報告3]脂肪吸引術および脂肪美容外科手術後の急速発育性マイコバクテリア感染の報告--カラカス市,ベネズエラ,1996年~1998年 / / p189~193
  • [報告4]無症状の医療従事者が関連したA群連鎖球菌の病院感染の報告--メリーランド州およびカリフォルニア州,1997年 / / p193~200
  • メリーランド州での事例 / / p194~195
  • カリフォルニア州での事例 / / p195~196
  • 論説 / / p196~199
  • [報告5]気管支鏡検査に関連した感染および偽感染の報告--ニューヨーク,1996年および1998年 / / p200~205
  • 多発事例 1 / / p200~201
  • 多発事例 2 / / p202~202
  • 多発事例 3 / / p202~203
  • 論説 / / p203~205
  • [報告6]初回多剤耐性結核の報告--イワノボ・オブラスト,ロシア,1999年 / / p206~210
  • [報告7]市中で感染したMRSAによる小児死亡4例の報告--ミネソタ州およびノースダコタ州,1997年~1999年 / / p210~216
  • [報告8]バンコマイシンへの感受性が低下した黄色ブドウ球菌の報告--イリノイ州,1999年 / / p217~220
  • 付録 / / p221~227
  • おわりに / / p228~228
  • 索引 / / p229~233

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Infection control : The Japanese journal of infection control
著作者等 メディカ出版
書名別名 Infection control : Japanese journal of infection control

Infection control
巻冊次 9別冊(69)
出版元 メディカ
刊行年月 2000-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09191011
NCID AN10382862
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00091366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想