Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research  4(7)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 2001.01~10 (12) 2004.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号(1995年1月) - 10巻12号(2004年12月);以後休刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • <特集> 看護とEvidence-based Medicine(EBM) / / p4~41
  • EBMとは? 医師の立場から / 名郷直樹
  • 橋本淳 / p4~8
  • EBMとは? 看護におけるエビデンスの実例から / 三瀬順一
  • 名郷直樹 / p9~13
  • EBMと教育 / 吉村学
  • 三瀬順一 / p14~19
  • EBMの情報源 / 浅井泰博
  • 吉村学 / p20~24
  • EBMと関連領域 臨床疫学,行動医学,EBMと研究 / 山田隆司
  • 吉村学 / p25~30
  • 座談会 EBM -より質の高い医療を提供するために / 名郷直樹
  • 福井直仁
  • 上井稔子
  • 辻本好子 / p31~41
  • 21世紀の小児看護学を見据えて 3 看護系大学における小児看護学の技術演習の実態と今後の展望 / 山村美枝
  • 飯村直子
  • 佐藤奈々子
  • 長内佐斗子
  • 松尾ひとみ
  • 筒井真優美
  • 中野綾美
  • 込山洋美 / p47~50
  • 臨床実習指導に関する看護婦の意識の研究--困っている現象とよかったと思っている現象の意識構造の比較にみる課題 / 平河勝美
  • 粟田桂子
  • 鳥居芳江
  • 服部鏡子
  • 多田賀津子
  • 縄秀志
  • 近田敬子 / p51~58
  • 看護者が実践するフィジカル・アセスメントからみえてくるもの / 佐藤冨美子
  • 芳賀佐和子
  • 大森祐三子
  • 武田佳子
  • 原由起江 / p59~65
  • 看護過誤を理解するために 6・最終回 民事判例にみる看護過誤-看護過誤をひき起こさぬために / 小山正紀 / p66~72
  • シリーズ 看護婦としてのアイデンティティ 4 登場者=安田美弥子さん / 安田美弥子
  • 藤本さおり / p73~78
  • One Point Column 実践から教育へ -教材に託す地域看護への思い / 小野美奈子 / p43~43
  • One Point Column 保育所における保健室登校 / 関美奈子 / p43~43
  • One Point Column 学生に気づかされたこと / 山本有紀 / p44~44
  • One Point Column モラルの基準 / 遠藤由美子 / p44~44
  • One Point Column 「らしさ」についての考察 / 大原与志子 / p45~45
  • One Point Column ある看護学生から学んだこと / 酒井明子 / p45~45
  • One Point Column 躾について / 川合栄子 / p46~46
  • One Point Column ピグマリオンの春 / 松田弥生 / p46~46
  • 学会告知板 / / p81~85
  • 投稿規定 / / p86~86

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research
著作者等 文光堂
書名別名 Quality nursing : Japanese journal of nursing education and nursing research
巻冊次 4(7)
出版元 文光堂
刊行年月 1998-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13409875
NCID AN10462338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00099829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想