臨床と薬物治療  9(3)(53)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~23 (4) (通号: 205) 2004.04;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版者, 大きさの変更あり;6巻3号 = 30号 (1987年5月)-23巻4号 = 205号 (2004年4月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 臨床医のための薬歴の活用 / / ~31,33~45,47~57,59~67,69~75,77~99,101~111,113~119,121~130
  • 臨床医にとって薬歴とは / 小口喜三夫
  • 大井正光 / p2~8
  • 薬歴の目的・薬歴記録の必要性 / 石橋丸應
  • 本屋敏郎 / p9~13
  • 薬歴のための患者への質問 / 望月真弓
  • 小林輝明
  • 朝長文弥 / p14~19
  • 薬局における薬歴管理 / 鈴木康夫 / p20~22
  • コンピュータを利用した薬歴管理 / 菅原精一郎
  • 藤井由利子
  • 浜元隆
  • 細田宜代 / p23~26
  • 他の診療記録を利用した薬歴 / 久繁哲徳 / p27~31
  • 薬歴を用いた服薬指導 / 金井三良
  • 近藤由利子 / p33~36
  • 副作用モニタリング・処方チェックと薬歴--薬剤の安全な使用のために / 浜六郎
  • 森久美子
  • 坂上章子
  • 橋本則男 / p37~41
  • 薬歴から知る相互作用の予防 / 堀美智子 / p42~45
  • Topics 医薬品併用の実態 / 海野勝男
  • 寒河江喜紀 / p47~50
  • Topics 重複受診--住民・患者アンケート調査結果から / 佐谷圭一 / p51~54
  • Topics 薬剤疫学と薬歴 / 北澤式文 / p55~57
  • Topics OTC薬と医療用医薬品の相互作用 / 吉澤久雄
  • 松木勝彦
  • 森本祐子 / p59~62
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 催眠鎮静剤 / 三浦貞則
  • 竹内尚子 / p63~67
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 抗てんかん剤 / 菅野道 / p69~75
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 薬歴管理と向精神薬 / 風祭元 / p77~79
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 解熱鎮痛消炎剤 / 柏崎禎夫 / p80~83
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 痛風治療剤 / 御巫清允 / p84~86
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 不整脈治療剤 / 新博次
  • 早川弘一 / p87~90
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 高血圧治療剤 / 築山久一郎
  • 大塚啓子 / p91~96
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 動脈硬化治療剤 / 栃原敏彦
  • 八杉忠男 / p97~99
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 抗ヒスタミン剤 / 平野隆雄
  • 廣瀬俊一 / p101~103
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 気管支喘息治療剤 / 國分二三男
  • 高橋昭三 / p104~106
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 鎮咳去痰剤 / 長谷川眞紀 / p107~111
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 消化性潰瘍剤 / 中村孝司 / p113~115
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 ステロイドホルモン剤 / 竹田亮祐
  • 斉藤善蔵 / p116~119
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 糖尿病治療剤 / 景山茂
  • 池田義雄 / p121~124
  • 薬歴上、注意すべき薬剤 抗菌剤 / 吉田正樹
  • 嶋田甚五郎 / p125~130

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床と薬物治療
著作者等 ありい出版
ミクス
エルゼビアジャパン株式会社
書名ヨミ リンショウ ト ヤクブツ チリョウ
書名別名 Clinics & drug therapy

Rinsho to yakubutsu chiryo
巻冊次 9(3)(53)
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 1990-04
ページ数
大きさ 29cm
ISSN 09137505
NCID AN10080433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00056044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想