日本コンタクトレンズ学会誌  33(1)

日本眼科紀要会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 22 (1) 1980.03~25 (3) 1983.09 ; 46 (4) (通号: 351) 2004~;本タイトル等は最新号による;大きさ: 変更あり;22巻1号(昭和55年3月)~36巻4号(平成6年12月),37巻1号通巻312号(平成7年3月)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 第33回 日本コンタクトレンズ学会 特別講演 無水晶体眼の視機能について / 三宅三平 / p1~12
  • 第33回 日本コンタクトレンズ学会 講習会 / / p13~33
  • テーマI:コンタクトレンズ処方困難例 / / p13~25
  • コンタクトレンズ処方困難例の解析 / 小玉裕司 / p13~19
  • コンタクトレンズ処方困難例の対策 / 西崎敬四郎 / p20~25
  • テーマII:ガス透過性レンズ ガス透過性コンタクトレンズの問題点とその対策 / 曲谷久雄 / p26~33
  • 臨床 酸素透過性ハードコンタクトレンズによるOrthokeratologyとその角膜内皮細胞変化 / 松本美智子
  • 山口ひとみ
  • 細谷知子
  • 三谷直子
  • 中島正之
  • 東郁郎 / p34~38
  • 臨床 コンタクトレンズ装用者における角膜内皮細胞密度について--細胞密度減少例と装用条件 / 塩谷浩 / p39~45
  • 臨床 ハードコンタクトレンズ長期装用例の角膜形状の変化 第1報 垂直方向と水平方向経線の曲率の変化 / 辻村まり
  • 山本節
  • 井上晃一
  • 小原実
  • 駒井健
  • 松野千枝子
  • 二宮俶子
  • 安井多津子
  • 山崎小百合
  • 海老名純
  • 篠田真人
  • 生田洋子
  • 日向直美
  • 笹川泰弘
  • 吉田高志
  • 田村辰美 / p46~49
  • 臨床 角膜内皮細胞の10年間の変化 / 奥村恭子
  • 布出優子
  • 小橋俊子
  • 渡辺葉子
  • 中島正之
  • 東郁郎 / p50~54
  • 臨床 10年以上のソフトコンタクトレンズ連続装用者の長期経過について / 百瀬隆行
  • 伊東延子
  • 曲谷久雄
  • 金井淳
  • 渡部保男
  • 西巻賢一 / p55~62
  • 臨床 アカントアメーバー角膜炎患者が装用していたコンタクトレンズの走査型電子顕微鏡による観察 / 石橋康久
  • 渡邊亮子
  • 加畑隆通
  • 本村幸子 / p63~67
  • 臨床 可溶性コラーゲンによる角膜シールドおよび涙小管インプラントの臨床応用 / 広川仁則
  • 神谷美保子
  • 別當京子
  • 馬嶋慶直 / p68~73
  • 臨床 高酸素透過性非球面ハードコンタクトレンズ(ボシュロムQuantum(R))による近視眼に対する臨床成績 / 宮本裕子
  • 西田輝夫
  • 大鳥利文 / p74~78
  • Q & A / O.B.
  • 石橋康久 / p79~80
  • 雑録 議事録 / 東郁郎
  • 所敬
  • 松尾信彦
  • 濱野光
  • 糸井素一
  • 曲谷久雄
  • 荒木保馬
  • 水谷由紀夫
  • 田渕昭雄
  • 湖崎克
  • 眞鍋禮三
  • 松本喬久
  • 北野周作
  • 西信元嗣
  • 中島正之
  • 佐々木ふぢ子 / p1~6
  • 雑録 学会案内 / / p7~8

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本コンタクトレンズ学会誌
著作者等 日本コンタクトレンズ学会
日本コンタクトレンズ学会誌編集部
日本眼科紀要会
日本コンタクトレンズ学会誌集部
書名ヨミ ニホン コンタクト レンズ ガッカイシ
書名別名 Journal of Japan Contact Lens Society

Nihon kontakuto renzu gakkaishi
巻冊次 33(1)
出版元 日本コンタクトレンズ学会誌編集部
刊行年月 1991-03
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03749851
NCID AN00281064
AN00189764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00035921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想