月刊民放  21(12)(246)

日本民間放送連盟

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 26 (6) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号通巻1号]~;総合索引1巻1号通巻1号 (1971年6月) ~27巻3号通巻309号 (1997年3月) : 「月刊民放総合索引」 日本民間放送連盟編集部刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ずいひつ / 遠藤正悦
  • 馬島丕吏
  • 磯野恭子 / p4~5
  • 特集 普賢岳災害報道-地元各社の取り組み / / p6~24
  • 初期の反省生かし、地域住民の求める情報を / / p6~14
  • 地元局としての仕事は、「始まったばかり」 長崎放送 / 小山虎之助 / p6~9
  • 失った人材の大きさ思い、災害報道を考える テレビ長崎 / 千田紘一 / p9~10
  • 開局直後の重い体験から何を学んだか 長崎国際テレビ / 疋田成治 / p11~14
  • 被災地に必要な災害情報とは / 木村拓郎 / p15~20
  • 被災地からのリポートを担当して / 山田博子 / p21~22
  • 報道特番『前線にて~検証・雲仙普賢岳災害報道』を制作して / 槌田禎子 / p23~24
  • ふぉーらむ人権 差別表現について最近思うこと / 丹羽俊夫 / p34~35
  • 沖縄・宮古島のテレビ事情 / 音好宏 / p36~37
  • 連載 / / p25~45
  • 制作ノートから(111) 北陸放送MROラジオ・ストーリー『日本列島ここが真ん中』 日常に息づく人間ドラマを生放送 / 鶴森緑 / p25~27
  • シリーズ・ドキュメンタリーわが視点 (最終回) / / p28~33
  • 根底にあるのは"人間的視点" / 菊池浩佑 / p28~29
  • 「報道の時代」は来るか? / 市村元 / p30~31
  • 遠くなった「ドキュメンタリー」 / 長谷川格 / p32~33
  • 番組月評 / 青木貞伸
  • 八橋卓 / p38~41
  • らいぶらりい / 関千枝子 / p44~45
  • 放送倫理情報 番組審議会ハイライト / / p42~43
  • 放送倫理情報 番組審議会議題一覧 ′91年8月 / / p43~43
  • 放送日誌(′91年9月) / / p47~46
  • 放送番組の収集、保存、公開と証拠 / P / p50~50
  • 「月刊民放」総目次 ′91年1月号~12月号 / / p48~49

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊民放
著作者等 日本民間放送連盟
書名ヨミ ゲッカン ミンポウ
巻冊次 21(12)(246)
出版元 コーケン
刊行年月 1991-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03873811
NCID AN0011217X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00032232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想