救急医学 = The Japanese journal of acute medicine  14(11)(157)

へるす出版 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 9 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;臨時増刊号あり;1巻1号 = 1号 (1977年5月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 ショック 病態研究・治療の最前線 / 玉熊正悦 / p1311~1426
  • エディトリアル 救急医学とショック--あらためてショックを見直す / 玉熊正悦 / p1311~1314
  • I ショック患者の診察とfirst aidの基本 / 宮加谷靖介 他 / p1315~1317
  • II 診断 / / p1318~1322,1324~1326,1328~1334
  • 1. 検査法の選択とタイミング / 宮加谷靖介 他 / p1318~1319
  • 2. ショック患者のモニターの再検討 / 宮加谷靖介 他 / p1320~1322
  • 3. 原因解明のための主な画像診断 / / p1324~1326,1328~1331
  • (1)超音波検査 / 佐藤通洋 他 / p1324~1326
  • (2)緊急血管造影検査 / 大熊潔 他 / p1328~1329
  • (3)CT検査 / 中村達雄 他 / p1330~1331
  • 4. ショックの重症度判定法 / 小川龍 / p1332~1334
  • III 治療 / / p1336~1344,1346~1349,1351~1370,1371~1376,1378~1382,1384~1388,1390~1406
  • 1. 原因に対する局所療法 / / p1336~1344,1346~1349
  • (1)出血性ショック / 柴忠明 / p1336~1337
  • (2)細菌性ショック / 石山賢 他 / p1338~1339
  • (3)心原性ショック / 児玉和久 他 / p1340~1344
  • (4)熱傷性ショック / 辺見弘 他 / p1346~1347
  • (5)外傷性ショック / 辺見弘 他 / p1348~1349
  • 2. 全身管理 / / p1351~1364
  • (1)全身管理のポイントと治療法の選択 / 鍬方安行 他 / p1351~1351
  • (2)蘇生法の基本 / 小倉裕司 他 / p1352~1353
  • (3)輸液・輸血の実際 / 鍬方安行 他 / p1354~1357
  • (4)酸素吸入と呼吸管理の実際 / 石田詔治 / p1358~1359
  • (5)循環の機械的サポート / 児玉和久 他 / p1360~1364
  • 3. 各種薬物療法の適応と選択 / / p1365~1370,1371~1376,1378~1382,1384~1385
  • (1)カテコールアミン,α,βブロッカー / 篠沢洋太郎 他 / p1365~1367
  • (2)ステロイド / 玉熊正悦 他 / p1368~1370
  • (3)蛋白分解酵素阻害剤 / 小野聡 他 / p1371~1373
  • (4)プロスタグランジン製剤 / 石山賢 他 / p1374~1376
  • (5)Superoxide radical scavenger / 平澤博之 他 / p1378~1379
  • (6)利尿剤とANP / 篠沢洋太郎 他 / p1380~1382
  • (7)Immunopotentiatorとimmunomodulator / 平澤博之 他 / p1384~1385
  • 4. 派生する病態(後遺症)とその対策 / / p1386~1388,1390~1406
  • (1)消化管出血 / 柴忠明 / p1386~1388
  • (2)成人呼吸窮迫症候群(ARDS) / 石田詔治 / p1390~1391
  • (3)肝不全 / 中谷寿男 他 / p1392~1393
  • (4)腎不全 / 中谷寿男 他 / p1394~1395
  • (5)心不全 / 満尾正 他 / p1396~1398
  • (6)DIC / 小野聡 他 / p1399~1401
  • (7)MOF / 望月英隆 他 / p1402~1406
  • IV ショックの病態研究の最前線 / / p1408~1426
  • 1. ショック時の心機能 / 満尾正 他 / p1408~1411
  • 2. ショックの病態とサイトカイン / 高野定 他 / p1412~1414
  • 3. ショックの病態とアラキドン酸カスケード / 高野定 他 / p1415~1417
  • 4. ショックの病態とoxygen free radical,elastase / 小川龍 / p1418~1420
  • 5. エンドトキシンの測定法をめぐる問題点と測定の意義 / 望月英隆 他 / p1421~1426
  • ケース・スタディ 診断・治療に困難を伴った甲状腺クリーゼの1例 / 斉藤徹 / p1428~1429
  • Letter to the editor / 堀進悟
  • 相川直樹 / p1427~1427
  • 投稿規定・バックナンバー / / p1433~1433
  • 次号予告 / / p1434~1434

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine
著作者等 へるす出版
書名ヨミ キュウキュウ イガク = The Japanese journal of acute medicine
書名別名 The Japanese journal of acute medicine
巻冊次 14(11)(157)
出版元 へるす
刊行年月 1990-11
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03858162
NCID AN00053627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00030226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想