精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis  31(4)

日本精神分析学会

国立国会図書館雑誌記事索引 40 (3) 1996.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;[v. 1, no. 1]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • I-1 リエゾン領域におけるいわゆる「問題患者」の力動について / 近藤三男 / p153~155
  • I-2 精神分析的診断面接と境界例診断面接(DIB)--境界パーソナリティ障害の診断と治療計画をめぐって / 守屋直樹 / p155~157
  • I-3 いわゆる精神病院の外来で個人精神療法をする際の工夫について / 賀陽済 / p157~159
  • I-4 外来精神療法を支える諸要因 / 渡辺明子 / p160~162
  • I-5『終りある』力動的精神療法 / 丸田俊彦 / p162~164
  • II-1 神経性食思不振症例の精神療法過程--精神療法を口で味わっては吐き出していた患者 / 植月マミ
  • 北山修 / p165~167
  • II-2 ヒステリー症例の精神分析 / 市村玲子
  • 岩崎徹也 / p167~169
  • II-3 ヒステリーの一症例 / 加藤豊比古
  • 皆川邦直 / p169~171
  • III-1 中年の危機をかかえた症例 / 早川純子
  • 辻悟 / p172~174
  • III-2 抑うつ神経症者の一例 / 高橋年道
  • 鑪幹八郎 / p174~176
  • IV-1 口愛性要因のつよい強迫神経症の症例 / 門田一法
  • 竹友安彦 / p177~179
  • IV-2 境界例における強迫-ゴキ退治の精神病理 / 満岡義敬
  • 成田善弘 / p179~181
  • IV-3 心身症母娘に見られた女性性獲得をめぐる問題 / 小林和
  • 小林優子 / p181~183
  • IV-4 「三界に家なし」の夫婦とintimacyの障害 / 皆川邦直 / p184~186
  • IV-5 「世界破滅の空想」を語った女性--空想の病理 / 磯田雄二郎 / p186~188
  • IV-6 外出恐怖を主訴とした主婦の一例 / 安岡誉 / p188~190
  • V-1 比喩を比喩として取り扱えるまで / 渡辺智英夫
  • 北山修 / p191~193
  • V-2 "なくなった"自分をまとめなおすためのかかわり / 深津千賀子
  • 牛島定信 / p193~195
  • V-3「カプセルに入ったフランス人形」との治療経験--典型的なschizoid personalityの知性化をいかに扱うか / 塩尻瑠美
  • 前田重治 / p195~197
  • V-4 治療終結の精神力動 / 新田信也 / p198~200
  • V-5 比喩使用における文字通りの意味についての一観察 / 北山修 / p200~202
  • V-6 強迫観念症に対する森田療法--精神分析的精神療法との比較研究 第2報 / 橋本和幸 / p202~204
  • VI-1『人情論』から『個の確立』へ--子どものプレイセラピーを通して / 平野玲子
  • 小倉清 / p205~207
  • VI-2「いじめる兄」と「助ける母」に象徴される対象関係と強迫症状 / 竹内公子 / p207~209
  • VI-3 母子退行治療の試み(その2) / 渡辺久子 / p209~212
  • VI-4 青年期のグループ精神療法過程でみられた抑うつポジションの防衛とその介入をめぐって / 西村良二 / p212~214
  • VI-5 嘘と秘密-ある境界例の治療から / 川谷大治 / p214~216
  • VI-6 解釈における「ためらい」 / 是恒正達 / p216~218
  • VII-1 青年前期心理療法における関わり方と患者の治療者に対する同一化過程との関連 / 長尾博 / p219~221
  • VII-2 患者の自立と治療者の自立 / 濱田庸子 / p221~223
  • VII-3 強迫症者のコントロールについて / 野中幸保 / p223~225
  • VII-4 下剤乱用の一症例の精神療法過程(第二報)錯覚-脱錯覚過程としての理解 / 館直彦 / p226~228
  • VII-5 離人感と身体症状を呈した境界例の治療過程(その2)エディプス葛藤の治療的操作をめぐって / 松原公護 / p228~230
  • VIII-1 治療者交代の際の工夫について / 生地新 / p233~235
  • VIII-2 入院治療における主治医の役割 / 河野正明 / p235~237
  • VIII-3 大学そして民間精神病院における力動精神医学の展開 / 堀川公平 / p237~239
  • VIII-4 境界例入院治療における平均的に期待される対処について / 良田麗明 / p240~242
  • VIII-5 入院治療におけるチームアプローチについて--スタッフミーティングの機能 / 権成鉉 / p242~244
  • VIII-6 看護スタッフへの教育をめぐって--力動精神医学の観点から / 相田信男 / p244~246
  • S-1 診断と治療計画--力動精神科医の立場から / 小此木啓吾 / p249~252
  • S-2 入院治療と集団力学--治療因子分析からみた考察 / 堤啓 / p252~255
  • S-3 家族アプローチの諸様態 / 狩野力八郎 / p255~257
  • S-4 コンサルテーション・スーパービジョン・精神療法 / 皆川邦直 / p257~259

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis
著作者等 日本精神分析学会
日本精神分析学会編集委員会
書名ヨミ セイシン ブンセキ ケンキュウ = The Japanese journal of psycho-analysis
書名別名 The Japanese journal of psycho-analysis

Seishin bunseki kenkyu
巻冊次 31(4)
出版元 日本精神分析学会
刊行年月 1987-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05824443
NCID AN00128318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想