救急医学 = The Japanese journal of acute medicine  7(11)(73)

へるす出版 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 9 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;臨時増刊号あり;1巻1号 = 1号 (1977年5月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • X線写真による救急疾患の診断--22 後部尿道外傷 / 松岡政紀 他 / p1601~1609
  • 特集 DOA / / p1614~1648
  • DOA 生死の境に生ずる幽明帯の医学 / 杉本侃 / p1614~1615
  • 総論 / 黒川顕
  • 大塚敏文 / p1617~1622
  • 「1」DOAの実態 / 入野忠芳
  • 杉本侃 / p1623~1627
  • 「2」CPRの適応と限界 / 森岡亨
  • 岡崎止雄 / p1629~1634
  • 「3」DOAの予後 / 田伏久之 他 / p1635~1641
  • 「4」DOAの社会的諸問題 / 宮崎正夫 / p1643~1648
  • 外傷性縦隔血腫 / 前中由巳 他 / p1649~1660
  • 救急手術手技 ・18 救急処置としてのtranscatheter embolization--基本的手技 / 小池剛史
  • 福住弘雄 / p1662~1663
  • 腹部外傷例の超音波診断の意義 / 力武潔 他 / p1667~1671
  • 済生会滋賀県病院における頭部外傷患者の実態 / 樋口敏宏 他 / p1673~1677
  • 緊急針状腹腔鏡の検討 / 神崎正夫 他 / p1679~1686
  • 重症救急疾患におけるAT IIIの意義 / 呉教東 他 / p1687~1693
  • 症例報告 Vibrio vulnificus感染により急死した1例 / 岩谷眞宏 他 / p1699~1702
  • 症例報告 IgA欠損症に併発した非外傷性ガス壊疽の1症例 / 瀬尾憲正 他 / p1703~1706
  • 症例報告 Dopamineの大量投与にて散瞳と対光反射の消失をきたしたと思われる2症例 / 花宮秀明 他 / p1707~1710
  • 症例報告 血管性索状物の断裂による自然血気胸の1例 / 大石明雄 他 / p1711~1713
  • 症例報告 大量出血を呈した鈍的胸部外傷後の食道粘膜単独損傷 / 宮淳 他 / p1715~1719
  • 症例報告 重症急性一酸化炭素中毒例のCT上認められる淡蒼球low density areaの病理所見 / 澤田祐介 他 / p1721~1724
  • 救急施設の現況 東海大学医学部附属病院における新生児救急医療について / 岡本裕一 他 / p1725~1729
  • 交通事故死減少のためにこう考える / 矢野周作 / p1730~1732
  • 海外文献紹介 肺水分貯留に及ぼす気道熱傷の影響,etc. / 渡辺千冬
  • 寺井親則 / p1734~1735
  • 次号予告 / / p1733~1733
  • 投稿規定 / / p1736~1736

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine
著作者等 へるす出版
書名ヨミ キュウキュウ イガク = The Japanese journal of acute medicine
書名別名 The Japanese journal of acute medicine

Kyukyu igaku
巻冊次 7(11)(73)
出版元 へるす
刊行年月 1983-11
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03858162
NCID AN00053627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00030226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想