看護展望  14(9)(160)

国立国会図書館雑誌記事索引 26 (1) (通号: 308) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号=1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集/「世代」の違いを越えて / / p17~37
  • 時代の気分の中の若者 / 中野収 / p17~20
  • ソフトエゴイズムの時代 / 三神良三 / p21~24
  • 座談会 「新世代」を育てるのに必要なこと / 高嶋妙子
  • 井部俊子
  • 江崎フサ子
  • 山元由美子 / p25~33
  • 「いまどきのコは……」と決めつける前に / 文野加代
  • 星野恵美子 / p34~37
  • 1人1人をまずわかることから / 文野加代 / p34~36
  • 新人とのより良い関係を求めて / 星野恵美子 / p36~37
  • ニュース展望 ICNソウル大会に出席して / 稲岡光子 / p3~5
  • パーソナリティ 「聞く」姿勢がなければ,医療は成り立たない / 坂上正道 / p10~11
  • チェックポイント 看護管理 総婦長のために / 増田心子 / p6~6
  • チェックポイント 看護管理 婦長のために / 高嶋妙子 / p8~8
  • チェックポイント 看護教育 円滑で実のある教育実務のために / 合田冨美子 / p12~12
  • チェックポイント 看護教育 教師としての自分を振り返るために / 鈴木康平 / p14~14
  • こんなケースにどう対応 看護管理 急場しのぎの人事を後悔 / 大関マサ子 / p7~7
  • こんなケースにどう対応 調査・執筆 業務に支障をきたした申し送り時間の短縮 / 片山美都子 / p9~9
  • こんなケースにどう対応 看護教育 臨床の感覚が抜けきらない / 鬼村和子 / p13~13
  • こんなケースにどう対応 実習指導 看護婦への適性に悩んでいる学生 / 石川由美子 / p15~15
  • 婦長のあり方を考える 上やヨコへの発言力はあるか / 畠山芳雄
  • 中尾アヤコ / p44~48
  • 看護管理・レポート 集合教育と病棟内教育統合のアプローチについて 卒後4~5年のリーダーシップ開発を病棟内教育で試みて / 福田浅子・他 / p49~58
  • 臨床実習指導をどうすすめるか 8 臨床側の見方と教育側の見方を超えて<2> / 富田幾枝
  • 牧野悦子
  • 今井俊子 / p60~67
  • 看護教育・レポート 看護学総論基礎実習における各期のねらいとその実際 / 土屋三千代・他 / p68~77
  • 民間活力を看護婦不足にどう生かすか / 長隆 / p38~39
  • 訪問看護モデル事業レポート 地域に根ざした総合的な「在宅ケア」の確立をめざして / 畠山政憲 / p40~43
  • Books & Literatures 老人の医療・福祉の最近の動向 / 大渕律子 / p98~101
  • Free Talk ホスピス患者の死を出発にして / 西岡徳江 / p102~105
  • 私の正念場 / 川島和子 / p59~59
  • 投稿規定 / / p97~97
  • INDEX / / p106~109
  • 編集室 / 柴田
  • 山広 / p112~112
  • シリーズ=人間と看護を考える ケア 8 <対談>手の技,目の技,言葉の技<2> / 樋口和彦
  • 中川米造 / p78~85
  • 調査・レポート 看護学生および新卒看護婦の感性について / 住野堪子 / p86~93,109~109
  • 援助の中で自分が見える 2 専門性の落とし穴と「感じる」こと / 岸良範・他 / p94~97

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護展望
著作者等 メヂカルフレンド社
書名ヨミ カンゴ テンボウ
書名別名 Japanese journal of nursing science

The Japanese journal of nursing science

Kango tenbo
巻冊次 14(9)(160)
出版元 メヂカルフレンド社
刊行年月 1989-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0385549X
NCID AN00046610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想