月刊放送ジャーナル  22(10)(240)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • NHK・放送大学将来問題で検討機関設置 新たな公共放送の位置づけめぐる課題も / I / p10~10
  • CS-PCM6事業者が訴える窮状 有料化比率緩和,トラポン料軽減等 / A / p11~11
  • 帯域圧縮技術とテープ以外の記録媒体が鍵 最近の製品に見られる将来の可能性 / Y / p12~12
  • 民放連「放送番組調査会」への期待 視聴者ファクス設置や「月報」等 / N / p13~13
  • 第1特集 3K不況と広告環境 / / p24~41
  • 後退期こそ広告でシェア向上の機会を 景気後退期の広告・設備投資と業績の関係 / 鈴木宏衛 / p24~28
  • 売上減,媒体格差拡大,広告業従業員逓減 低迷続く広告業界の景況推移を検証する / 編集部 / p29~33
  • 企業メセナ活動,不況期こそ本質対応を バブル崩壊後も企業認識は着実高揚 / 編集部 / p34~36
  • ラテ広告費は来年中盤には回復見込みへ 民放研予測:テンポ遅いか着実基調と / 編集部 / p37~41
  • 第2特集 民放のBS-4対応 / / p43~54
  • 地上民放,ネット系列単位でのBS-4参入へ / 編集部 / p43~51
  • FNSは「ハイビジョン衛星放送」来年5月設立 / / p46~47
  • JNNも「BSチャンネル」94年秋に設立構想 / / p48~49
  • NNS社長会11月11日大阪で新会社構想を承認 / / p50~51
  • 桑田会長『放送番組調査会』設立を発表 第40回民放大会(秋田)10月21日に開催 / 編集部 / p52~54
  • 松平恒・電通ケーブルテレビ事業部部長 ケープルテレビ界に多大な功績残し逝去 / S / p68~68
  • グラビア 国内主要ケーブルテレビ局視察旅行・第10弾 沖縄地区3局を訪問 / S / p56~
  • ′92国際放送機器展レポート 第2ラウンドを迎えた放送機器のデジタル化 帯域圧縮技術の本格化とメディアの棲分 / 編集部 / p60~63
  • 変貌する世界のメディア (167) 家庭向けマルチメディアの開発動向 / 片方善治 / p64~67
  • 東京品川に松下電器情報通信部門の新たな顔 「環境統合」情報通信システムセンター / / p59~59
  • CG総合展-NICOGRAPH′92 新たな活動分野に向け各社最新技術を披露 / / p73~73
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p69~72
  • フォト・トピックス / / p4~
  • ニュース・スポット / / p14~23
  • PCM放送・FM放送調査情報 / / p74~75
  • ビデオ・トピックス / / p76~77
  • 新製品紹介 / / p78~79
  • 編集局 / 矩 / p80~80
  • 既刊案内 / / p81~81

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル

Gekkan hoso janaru
巻冊次 22(10)(240)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1992-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想