臨床免疫  25(11)(281)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I ウイルス感染によるサイトカイン遺伝子の発現異常 / / p1411~1444
  • ウイルスによるサイトカイン遺伝子の発現活性化機構(IL-1,IL-6を中心として) / 白川文彦,ほか / p1411~1417
  • HTLV-I感染による炎症性サイトカイン発現異常 / 蓮沼智子,ほか / p1418~1424
  • マウスレトロウイルス感染による中枢神経系のサイトカイン産生 / 錫村明生 / p1425~1430
  • HIV感染によるサイトカイン遺伝子の発現異常 / 吉崎ひとみ,ほか / p1431~1438
  • Epstein-Barr VirusによるADFの発現異常 / 斎藤一郎 / p1439~1444
  • 特集II アレルギーと接着分子 / / p1445~1474
  • アレルギー性皮膚疾患と接着分子 / 塩原哲夫 / p1445~1451
  • 鼻アレルギーと接着分子 / 岡本美孝,ほか / p1452~1458
  • 気道系アレルギーと接着分子 / 山内広平,ほか / p1459~1466
  • IV型アレルギーと接着分子--特に慢性関節リウマチを中心として / 小出純 / p1467~1474
  • マクロファ-ジ活性化調節の分子機構 / 山本//俊輔 / p1475~1483<3856150>
  • Ki-ras遺伝子破壊による腫瘍細胞増殖の抑制 / 白澤専二 / p1484~1492
  • Th1,Th2細胞のシグナル伝達機構 / 田村敏生,ほか / p1493~1502
  • T細胞レセプター遺伝子再構成の年齢による変化 / 生田宏一 / p1503~1508
  • CD8陽性MHCクラスII特異的細胞傷害性T細胞 / 江島耕二 / p1509~1516
  • 合成ペプチド投与によるアナジーを介した自己免疫疾患治療の試み / 細野正道 / p1517~1522
  • 樹状細胞・ランゲルハンス細胞の分化と増殖誘導 / 稲葉カヨ,ほか / p1523~1529
  • マンノース結合タンパク(MBP)とMBP会合セリンプロテアーゼ(MASP)による補体活性化 / 松下操 / p1530~1536
  • 線維化におけるサイトカインの関与 / 片山一朗,ほか / p1537~1542
  • T細胞受容体β鎖遺伝子再編成におけるDNA脱メチル化の意義 / 川久保建,ほか / p1543~1548
  • 次号予告 / / 号末
  • バツクナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 25(11)(281)
出版元 科学評論社
刊行年月 1993-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想