臨床免疫  25(2)(272)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I キラーリンパ球の分化と機能発現 / / p149~189
  • キラーリンパ球の種類と起源の相互関係 / 押味和夫 / p149~153
  • キラーリンパ球の標的認識機構 / 中山睿一 / p154~160
  • キラーリンパ球の分化とサイトカイン / 北原美佐,ほか / p161~168
  • キラーリンパ球の細胞傷害機構 / 内田温士,ほか / p169~174
  • キラーリンパ球の動態 / 辻崎正幸,ほか / p175~182
  • キラーリンパ球の抑制機構 / 石川博通 / p183~189
  • 特集II スーパー抗原をめぐる最近のトピックス / / p190~225
  • スーパー抗原-概説 / 八木淳二 / p190~198
  • 溶連菌はスーパー抗原か / 須藤徹,ほか / p199~204
  • 内因性スーパー抗原とトレランス / 松田修,ほか / p205~211
  • 感染症とスーパー抗原 / 力石秀実,ほか / p212~218
  • 自己抗体産生とスーパー抗原 / 尾崎承一 / p219~225
  • T細胞におけるシグナル伝達 / 大村//孝文 / p226~233<3815263>
  • VLA-2はエコーウイルスレセプターである / 山下佳雄,ほか / p234~240
  • p56lckによるT細胞レセプター表出の調節 / 長沢正之 / p241~245
  • アンチセンス・オリゴヌクレオチドを用いたIL-6産生制御 / 田辺修,ほか / p246~251
  • 新たな接着分子--ICAM-3 / 玉腰雅忠,ほか / p252~257
  • Toxic Shock SyndromeとTNF / 今西健一,ほか / p258~264
  • ヒトTH1,TH2クローン-サイトカイン産生能,病態における意義 / 小出純 / p265~269
  • B細胞トレランスの導入とIL-4 / 水口純一郎 / p270~276
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 25(2)(272)
出版元 科学評論社
刊行年月 1993-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想