南大阪病院医学雑誌  19(1)/(2)/(3)

南大阪病院

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1954.03~31 (1) 1983.07;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • フィルムによる運動照射の線量分布に関する研究 / 新井 正典 / 1~12<8457828>
  • 指尖容積脈波の臨床的研究-1-運動負荷容積脈波に於けるEICT及びLVET/EICT比計測の意義 / 金子 仁 / 13~16<8457829>
  • Chondroitin polysulfateの投与量とlipemia clearing activity-1,2- / 舟木 広 / 17~40<8457825>
  • 赤血球浮游液カタラーゼ反応に及ぼすコンドロイチン硫酸ことにその分子量の影響 / 舟木 広 / 20~25<8457830>
  • 簡易界面エマルジョン法および運動負荷後の尿の界面エマルジョン現象 ことに運動量との関係-予- / 舟木 広 / 26~30<8457831>
  • 溶血カタラーゼ反応に及ぼすコンドロイチン硫酸ことにその分子量の影響 / 舟木 広 / 31~35<8457832>
  • Chondroitin Polysulfateの投与量とLipemia Clearing Activity(2.経口投与実験) / 舟木広・他 / p36~40<8457827>
  • 血清の保存とLipemia clearing-facter activity / 舟木 広 / 41~43<8457833>
  • 赤血球浮游液カタラーゼ反応に及ぼすchondroitin polysulfateことにその分子量とS含量の影響 / 舟木 広 / 44~48<8457834>
  • Lipemia clearing-factor activity測定に及ぼす溶血の影響 / 舟木 広 / 49~52<8457835>
  • 組織呼吸に及ぼすコンドロイチン硫酸ことにその分子量の影響-1-赤血球 / 舟木 広 / 53~59<8457836>
  • 血清GOTおよびGPT測定における溶血の影響 / 舟木 広 / 60~62<8457837>
  • 溶血カタラーゼ反応に及ぼすChondroitin polysulfateことにその分子量とS含量の影響 / 舟木 広 / 63~67<8457838>
  • 還元型アスコルビン酸の安定性に及ぼす植物汁の影響-1-大根汁 / 藤井 富男 / 68~72<8457839>
  • 眼における医原性疾患について / 牧内 正一 / 73~76<8457840>
  • 交感性眼炎の予防並びに治療 / 牧内 正一 / 77~79<8457841>
  • 重症眼球打撲症対策 / 牧内 正一 / 80~83<8457842>
  • 最近5年間の当院に於ける消化性潰瘍穿孔例の検討 / 山川 真 / 84~89<8457843>
  • 急性矢状洞部硬膜外血腫の一治験例 / 星 豊 / 90~95<8457844>
  • SLEの一例 / 出水 善臣 / 96~100<8457845>
  • 消化管出血についての臨床的観察 / 中村 逸朗 / 109~117<8457847>
  • Glofilレノダラムの使用経験 主に健常者における加令的変化について / 田辺 憲之助 / 101~108<8457846>
  • 妊娠により誘発されたと思われるSLEの一症例 / 奥村 悦之 / 119~123<8457848>
  • 気管支喘息の非特異的減感作療法における遠隔成績 特にヒスタグロビンを中心として / 奥村 悦之 / 124~128<8457849>
  • 第179回~第189回南大阪病院学術集談会記事 / / p129~130

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 南大阪病院医学雑誌
著作者等 南大阪病院
書名ヨミ ミナミ オオサカ ビョウイン イガク ザッシ
巻冊次 19(1)/(2)/(3)
出版元 南大阪病院
刊行年月 1971-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05401259
NCID AN00235307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想