マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (265)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ジャーナリストの眼 中東政策に歴史感覚の欠如--イラク侵攻に対米追随外交の危険 / 藤 / p2~6
  • 下請け依存がトラブル番組を生む / 巣原隆 / p22~29
  • 現代とジャーナリズム 文鮮明のモスクワ、平壌進出 / 茶本繁正 / p32~39
  • 政府と言論--韓国KBS闘争 / アジア動向研究会 / p40~43
  • "公正"を欠いた日本のマスコミ報道 / 李太舜 / p44~45
  • デスクのつぶやき 遠くなる記者のマイホーム / 淳 / p30~31
  • マス・メディアと女性の人権--商品化を超えて / 加藤春恵子 / p46~49
  • 《日録》テレビニュース最前線から / 江口直彦 / p50~65
  • 資料・記録 マス・メディアと"天皇制" / 編集部 / p72~81
  • マスコミ・デスクメモ / 編集部 / p82~86
  • マスコミ日記--原子力安全委員会の視察で取材を拒否した事故を起こした原子炉の製作会社二社--イラクのクウェート侵攻への経済制裁で懸念される原油価格高騰と製品の値上げ--徳島市の海洋パーク現ナマ疑惑を追及・告発した四国放送『おはようとくしま』--国会議員の外遊ラッシュにみる同行取材記者の経費、特ダネ、慣例、特オチ……--皇室の敬語報道廃止を訴えた共同通信労組鹿児島班アピールと社長への「質問書」--戦前・戦中の言論統制(記事差し止め)を思わせる外務省と霞クラブの報道協定--中東貢献策議論で強硬論を打ち出す『産経』『読売』と資金援助十億ドルの行方 / 青木貞伸 / p7~21
  • 市民のひろば / 藤本みつ子
  • 坂井秀夫
  • 芝公彦
  • 中村守
  • 善岡雄一 / p66~69
  • ありの穴 / ジャーナリズムを考える会 / p70~71

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民

Masukomi shimin
巻冊次 (265)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1990-10
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想