診療と新薬 = Medical consultation & new remedies  9(8)(97)

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (7) 1965.07~2 (12) 1965.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号から24巻12号までのタイトル関連情報: 臨床雑誌;欠番: 384号;1巻1号 = 1号 (1964)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 治験医歯薬情報付 / / p3~8,9~15
  • 各科領域の薬物治療 / / p17~24,27~32,33~37,39~48,49~56,57~78
  • 内科 筋注用ステロイドの造血小板効果 / 原宏 / p17~24
  • 内科 Hexobendineの使用経験 / 篠崎有三 / p27~32
  • 内科 気管支喘息における袪痰の問題について / 奥村悦之 / p33~37
  • 内科 経口糖尿病剤HB-419(Glybenclamide)による糖尿病の治療知見 / 細川英明 / p39~42
  • 内科 難治性を示した糖尿病性神経痛に対するVITANEURIN投与による臨床効果 / 高橋達夫 / p43~48
  • 内科 Glybuzole(Gludiase)の使用経験 / 赤澤好温 / p49~56
  • 内科 経口鉄剤タルソンによる貧血の治療経験 / 陰山克 / p57~60
  • 内科 新経口胆のう造影剤コリミールの使用経験 / 酒井瑛 / p61~63
  • 内科 胃潰瘍のMMSC(Cabagin U kowa)静脈内投与臨床治験 / 川村博俊 / p64~70
  • 内科 感染症,とくに白血病に合併する感染症に対するビクシリン点滴静注の効果 / 星崎東明 / p71~78
  • R-528の臨床治験 肩こり,疼痛に対するR-528内服薬の治療効果に関する報告 / 石上隆一 / p82~84
  • R-528の臨床治験 内科領域におけるR-528の治療経験 / 能勢亨 / p85~88
  • R-528の臨床治験 産婦人科領域におけるR-528の治療経験 / 宇野弘 / p89~94
  • R-528の臨床治験 Orphenadrinを試用して / 渡辺睦道 / p95~96
  • 外・麻酔科 頭頸部外傷後の症状に対する塩酸Diphenidolと塩酸Meclofenoxate / 最上平太郎 / p97~116
  • 外・麻酔科 腰痛疾患に対するカロマイドSと副腎皮質ステロイドの硬膜外混合注入療法 / 森本良价 / p119~122
  • 外・麻酔科 Elieten(Metochlopramide)の臨床使用経験 / 松木久 / p123~125
  • 外・麻酔科 各種不随意運動症に対するPiroheptine(FK-1190)の使用経験(その1) / 千葉豊昭 / p127~133
  • 外・麻酔科 新血漿増量剤Hespanderの臨床試用 / 須藤至 / p135~139
  • 外・麻酔科 Plasma expanderとしてのHydroxyethyl-starchの効果 / 伊東和人 / p141~150
  • 外・麻酔科 脳神経外科領域におけるトラジロールの使用経験 / 竹田保 / p151~161
  • 外・麻酔科 乳腺痛に対するOxandroloneの使用経験 / 杉山道雄 / p163~164
  • 産・耳・精神科 妊娠中毒症における脂質代謝異常と新ニコチン酸誘導体Cholexaminについて / 藤本征一郎 / p165~169
  • 産・耳・精神科 界面活性剤TS-88を主剤とした避妊用フォームの実験成績 / 石浜淳美 / p171~173
  • 産・耳・精神科 人口妊娠中絶術時麻酔におけるKetalar(塩酸ケタミン)の使用経験 / 平林修 / p175~179
  • 産・耳・精神科 上気道炎とTRANSAMIN / 菅原基夫 / p181~183
  • 産・耳・精神科 FK-1190(Piroheptine)の臨床治験 / 田中雅文 / p185~192
  • 産・耳・精神科 新抗パーキンソン剤Piroheptine(FK-1190)の使用経験 / 森温理 / p193~202
  • 産・耳・精神科 Dibenzepin(Noveril(R),HF-1927)の一般薬理作用について / 里田勲 / p205~212
  • 皮膚科 実験白癬に対するメナジオンの効果 / 藤田恵一 / p215~220
  • 皮膚科 リンデロン-VGローション・軟膏の膿疱性痤瘡,その他の使用経験 / 小野塚仡 / p223~230
  • 皮膚科 若干の皮膚疾患のPropadermによる治験 / 竹田公彰 / p233~235
  • 皮膚科 Fluocinolone acetonide acetate 0.05% Creamの使用経験 / 昆宰市 / p237~241
  • 皮膚科 膠原病におけるTriamcinolone acetonideの治療効果と小実験 / 原田種雄 / p243~249

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 診療と新薬 = Medical consultation & new remedies
著作者等 医事出版社
書名ヨミ シンリョウ ト シンヤク = Medical consultation & new remedies
書名別名 臨床雑誌

Medical consultation & new remedies
巻冊次 9(8)(97)
出版元 医事出版社
刊行年月 1972-08
ページ数
大きさ 26-29cm
ISSN 0037380X
NCID AN00123904
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想