診断と治療  77(6)(887)

診断と治療社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 38 (1) (通号: 413) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;改題注記 : 「近世医学」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Atlas series 循環器疾患へのビジュアル・アプローチ 非定型抗酸菌症を基礎に発症し,三尖弁閉鎖不全を伴う症例 (25) 肺性心 / 倉林正彦・他 / p1389~1391
  • Atlas series 症例からえられる消化管疾患のポイント (30) 食道と胃の同時性重複癌 / 川浦昭彦・他 / p1393~1395
  • 特集 内科領域における漢方治療の現況 / / p1397~1540
  • 序論 日本における漢方のあゆみ 第一段階-中国医学の移植 日本漢方の成立 明治以降 漢方普及の理由 現況 / 松田邦夫 / p1397~1401
  • 呼吸器疾患 / / p1405~1412,1415~1420
  • 気管支喘息 気管支喘息の一般的診断,治療法 / 伊藤幸治・他 / p1405~1412
  • 慢性気管支炎隔 慢性気管支炎の診断 慢性気管支炎の漢方治療 清肺湯 麦門冬湯 柴朴湯,その他 / 丹野恭夫・他 / p1415~1420
  • 消化器疾患 / / p1423~1427,1429~1434,1437~1441,1443~1448,1451~1456
  • 慢性胃炎 基礎研究 臨床試験 考案 / 岸本真也・他 / p1423~1427
  • 消化性潰瘍 消化性潰膓の治療法 消化性潰瘍の再発と再発予防 消化性潰瘍の漢方医学的考え方と処方 漢方製剤による消化性潰瘍の治療と再発予防+C11 / 中原朗・他 / p1429~1434
  • 過敏性腸症候群 診断 治療 / 竹本忠良・他 / p1437~1441
  • 慢性肝炎 慢性肝炎治療に用いられる漢方薬 小柴胡湯の作用機序 e抗原陽性B型慢性肝炎に対する小柴胡湯の効果 小柴胡湯,桂枝茯苓丸併用投与の効果 / 岡博 / p1443~1448
  • 消化器心身症 消化性潰膓 過敏性腸症候群 ストレスと緊張による食欲不振 神経性嘔吐など 神経性食思不振症 胃腸神経症 / 筒井末春 / p1451~1456
  • 精神神経疾患 / / p1459~1462,1465~1468,1469~1478,1481~1486
  • 頭痛,めまい 頻用処方とその解説 真性めまいに適応のある漢方処方 めまい感に適応のある漢方処方 / 檜山幸孝・他 / p1459~1462
  • 腰痛 頻用処方とその解説 / 檜山幸孝・他 / p1465~1468
  • 脳血管性痴呆 基礎的事項 臨床的事項 / 大友英一 / p1469~1473
  • 不眠症 漢方治療の対象と限界 不眠の分類と漢方治療の適応 漢方医学的な不眠の考え方 不眠の分類と繁用処方 / 杵渕彰 / p1474~1478
  • 神経症 神経症によく使用される漢方薬 神経症に対する薬効検討 「証」と漢方薬 / 大原浩一・他 / p1481~1486
  • 腎疾患 / / p1487~1494
  • 慢性腎炎,ネフローゼ症候群 腎疾患への治療薬使用の現状 漢方薬の腎疾患への作用点 腎疾患に対する和漢薬使用の現況 / 成田光陽・他 / p1489~1494
  • 糖尿病 糖尿病の概念 糖尿病に対する漢方の考え方 糖尿病診療における漢方薬の役割 / 坂本信夫・他 / p1496~1501
  • 高脂血症 高脂血症の病態とその治療 漢方生薬の効果 漢方薬による高脂血症の治療 / 板倉弘重 / p1502~1506
  • 慢性関節リウマチ 漢方薬の使用状況 漢方薬治療の実際 漢方薬と西洋薬の併用療法 / 大野修嗣・他 / p1509~1513
  • 免疫・アレルギー 環状ヌクレオチドと抗アレルギー 炎症モデルと漢方薬 自己免疫疾患 補体系と免疫調節 免疫・アレルギー疾患と漢方の応用 / 丁宗鉄 / p1514~1519
  • 悪性腫瘍 併用療法 悪性腫瘍患者に頻用される漢方方剤 進行乳癌における十全大補湯の有用性の検討 / 安達勇 / p1520~1524
  • 座談会 / 原桃介
  • 佐藤弘
  • 稲木一元
  • 松田邦夫 / p1527~1540
  • 虎の門病院臨床・病理検討会<PMC> インスリン依存型糖尿病とその合併症 / 小椋陽介
  • 鈴木好夫
  • 辻裕之
  • 玉木利幸
  • 本田一穂
  • 松下央
  • 近藤寛之
  • 原満
  • 原茂子
  • 中静隆之
  • 中西成元
  • 小沢安則
  • 上山淳一
  • 遠藤雄三
  • 竹内和男
  • 小林フミ子
  • 小林哲郎
  • 杉本忠夫
  • 野沢靖美 / p1543~1563
  • Photo Quiz (6) / 帝京大学医学部放射線科学教室 / p1565~1567
  • 聴診器の変遷-6-聴診法の黄金時代と発見の歴史 / 坂本//二哉 / p1568~1572<3226873>
  • 老年者の感染 (5) 褥瘡とその感染 / 稲松孝思 / p1573~1577
  • 肩こり (5) 「肩こり」のリハビリ体操 / 室生祥・他 / p1578~1584
  • 臨床講義 GM-CSFが有効であったMyelodysplastic syndrome(MDS) / 柴田昭 / p1585~1592
  • 新医薬品プロフィール イノシンプラノベクス/イソプリノシン錠 / 医薬品情報懇話会 / p1593~1596
  • 新医薬品プロフィール イプリフラボン/オステン錠 / 医薬品情報懇話会 / p1597~1599
  • 臨床例 INTERFERONα-2a(CANFERON-A)が有効であったCROW-FUKASE症候群の1例 / 岩崎博道・他 / p1600~1603
  • 薬剤の臨床 塩化レボカルニチン(LC-80)の虚血性心疾患に対する臨床的検討 / 新添謙一・ / p1604~1610
  • 薬剤の臨床 抗潰瘍剤テプレノンのヒト内因性セクレチン遊離作用 / 渡辺伸一郎・他 / p1616~1620
  • バックナンバー一覧 / / p1434~1434
  • 次号・特集予告 / / p1441~1441
  • 書評 / 外山圭助 / p1592~1592
  • お知らせ / / p1448~1448,1456~1456,1468~1468,1486~1486

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 診断と治療
著作者等 診断と治療社
書名ヨミ シンダン ト チリョウ
巻冊次 77(6)(887)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1989-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0370999X
NCID AN00121975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想