小児の精神と神経 = Psychiatria et neurologia paediatrica Japonica : 日本小児精神神経学会機関誌  33(1)(120)

小児精神神経学研究会

国立国会図書館雑誌記事索引 39 (2) (通号: 143) 1999.06~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: 小児精神神経学研究会機関誌 (1巻1号-3巻3号)→ 日本小児精神神経学会機関誌 (32巻3/4号-);編者変遷: 小児精神神経学研究会 (3巻3/4号-31巻4号);1巻1号=[1号](1960年11月) -;出版者変遷: 日本小児医事出版社 (1巻1号-13巻1号)→ 精神神経学研究会 (13巻2/4-31巻4号);頒布者変遷: 国際医書出版 (14巻1号-39巻1号)→ アークメディア (39巻2号-52巻4号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 〔説苑〕 わが国小児精神神経学研究の進歩と21世紀の課題 -その7 LD の概念への発展 / 森永良子 / p3~19
  • 自閉症の乳幼児期の発達経過について--母親の育児日記より / 喜多久美子
  • 若林愼一郎 / p21~32
  • 幼児自閉症における精神運動発達の特徴--津守・稲毛式乳幼児精神発達検査を用いて / 星野仁彦
  • 岡野淳子
  • 金子元久
  • 熊代永
  • 八島祐子 / p33~41
  • 精神遅滞児の問題行動--養護学校におけるアンケート調査より / 飯田順三
  • 岩坂英巳
  • 平尾文雄
  • 田原宏一
  • 橋野健一
  • 松村一矢
  • 木寺克樹
  • 井川玄朗 / p43~51
  • ハイリスク児をもつ母親の医療・社会資源へのニーズ--未熟児の母親へのサポートのために / 松尾久枝
  • 石川道子
  • 渡辺勧持
  • 二村真秀
  • 内藤敬子
  • 清水桂子 / p53~60
  • 症例研究 感音性難聴の進行中に心身症状と集団不適応がみられた小児の1症例 / 広利吉治
  • 渡辺純
  • 前田志寿代
  • 松本和雄 / p61~67
  • 〔症例研究〕 不安神経症状を呈した青年期症例の治療--行動療法的な生活指導の適用 / 伊東真里
  • 高木俊一郎 / p69~76
  • 第68回日本小児精神神経学会抄録および追加討論 / / p77~99
  • 書評 / 秋山泰子 / p42~42
  • 関連学会案内 / / p100~100,101~101
  • 会告 / / p102~102
  • 会則 / / p103~103
  • 投稿規定・編集後記 / 廿楽重信 / p104~104

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 小児の精神と神経 = Psychiatria et neurologia paediatrica Japonica : 日本小児精神神経学会機関誌
著作者等 小児精神神経学研究会
日本小児精神神経学会
書名ヨミ ショウニ ノ セイシン ト シンケイ = Psychiatria et neurologia paediatrica Japonica : ニホン ショウニ セイシン シンケイ ガッカイ キカンシ
書名別名 季刊小児の精神と神経

小児精神神経学研究会機関誌

Psychiatria et neurologia paediatrica Japonica
巻冊次 33(1)(120)
出版元 日本小児精神神経学会
刊行年月 1993-03
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 05599040
NCID AN00116283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00011511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想