現代医療  30増刊Ⅳ

現代医療社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 28 (増刊2) 1996.05~36 (12) 2004.12;本タイトル等は最新号による;v. 1, no. 1 (1969年4月)-36巻12号 (2004年12月);以後廃刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ショックの病態と最新の治療 / 相川直樹 / p1~9,11~15,17~21,23~27,29~47,49~53,55~61,63~73,75~80,81~85,87~117
  • エディトリアル / 相川直樹 / p1~2
  • ガス状メデイエ-タ(NO,CO)による臓器微小循環機能の制御 / 石村//巽
  • 末松//誠 / 3117~3123<4622966>
  • アポト-シスとネクロ-シス / 田中//孝也
  • 武山//直志 / 3125~3129<4622967>
  • サイトカイン / 相川//直樹
  • 藤島//清太郎 / 3131~3135<4622969>
  • 接着分子 / 竹内//勤
  • 天野//宏一 / 3137~3141<4622970>
  • 脂質メディエ-タ / 小野//聡
  • 辻本//広紀
  • 望月//英隆 / 3143~3148<4622971>
  • 活性酸素・フリ-ラジカル / 吉川//敏一
  • 吉田//憲正
  • 高野//裕久 / 3149~3154<4622972>
  • 好中球エラスタ-ゼ / 小川//道雄 / 3155~3161<4622973>
  • 凝固線溶系因子 / 射場//敏明 / 3163~3167<4622974>
  • ショックの症候と診断基準 / 宮本//誠司 / 3169~3175<4622975>
  • 出血性ショックの重症度評価 / 洲崎//文男
  • 杉山//貢 / 3177~3180<4622977>
  • 心原性ショックの重症度評価 / 後藤//葉一 / 3181~3187<4622978>
  • 敗血症性ショックの重症度評価 / 桂巻//正
  • 伝野//隆一
  • 平田//公一 / 3189~3194<4622979>
  • APACHE3によるショック患者の重症度評価 / 勝屋//弘忠
  • 薊//隆文 / 3195~3199<4622980>
  • ショック患者の初療と呼吸循環モニタ- / 篠崎//正博
  • 中//敏夫 / 3201~3205<4622982>
  • 出血性ショックに対する輸液・輸血療法 / 行岡//哲男
  • 島崎//修次
  • 徳永//尊彦 / 3206~3212<4622983>
  • 心原性ショックの新しい治療 / 高野//照夫
  • 上村//竜太
  • 木内//要 / 3213~3220<4622984>
  • セプテック・ショックの抗メディエ-タ療法 / 遠藤//重厚
  • 山田//裕彦
  • 谷口//繁 / 3221~3226<4622985>
  • アナフィラキシ-ショックの予防と治療 / 永納//和子
  • 山中//郁男 / 3227~3231<4622986>
  • 証拠(Evidence)に基づく医療と経験(Experience)に基づく医療 / 寺田秀夫 / p119~122
  • Clinical/experimental reports 蛍光基質を用いた皮膚線維芽細胞の細胞増殖の検討 / 秋友保千代 ほか / p125~127
  • Clinical/experimental reports 成人気管支喘息におけるプランルカスト追加投与有用例の2年間の経過 / 堅田均 ほか / p129~136
  • 目で見る症例 バルーン下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)により総分岐鎖アミノ酸/チロシンモル比(BTR)の改善をみた原発性胆汁性肝硬変(IV期)の1例 / 戸塚慎一 / p138~139

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 現代医療
著作者等 現代医療社
書名ヨミ ゲンダイ イリョウ
書名別名 Gendai iryo
巻冊次 30増刊Ⅳ
出版元 現代医療社
刊行年月 1998-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05337259
NCID AN00078413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00007312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想