臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine  37(1)(420)

大道學館出版部

国立国会図書館雑誌記事索引 27 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of clinical and experimental medicine (<32巻1号>-);[21巻4号 = ?号]-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 最近におけるガンの研究と臨床の進歩 / 高岡//善人 / 1~11<9222942>
  • 食道癌手術の困難性について / 赤倉//一郎 / 12~21<9222948>
  • 胃癌患者末梢流血中の癌細胞について / 田崎//勇三 / 22~28<9222937>
  • 頭部外傷の治療 / 光野//孝雄 / 29~37<9222950>
  • 骨折の治療 / 玉井//達二 / 38~42<9222941>
  • ショックの治療法 / 渋沢//喜守雄 / 43~48<9222936>
  • 食中毒の治療 / 平木//潔 / 49~57<9222947>
  • 薬物中毒の治療 / 山崎//晴一朗 / 58~61<9222954>
  • 耳鼻咽喉科の領域 / 山川//強四郎 / 62~66<9222944>
  • 体内異物の外科 / 志村//秀彦 / 67~74<9222949>
  • 皮膚科領域から見た熱傷,凍傷とその処置 / 斎藤//忠夫 / 75~80<9222952>
  • 重症熱傷の全身療法 / 福田//保 / 81~84<9222945>
  • 産婦人科手術と事故 / 赤須//文男 / 85~88<9222943>
  • 小児の事故とその処置 / 寺脇//保 / 89~94<9222946>
  • 放射線と事故 / 玉木//正男 / 95~100<9222953>
  • 眼と事故 / 増田//義哉 / 101~110<9222938>
  • 労働と高血圧 / 福田//篤郎 / 111~117<9222955>
  • 胸部大動脈手術について / 杉江//三郎 / 118~123<9222939>
  • 血漿鉄測定の臨床的意義 / 松原//高賢 / 124~134<9222940>
  • 発熱 全身倦怠及び心悸亢進(討論会) / 枡屋//富一 / 135~147<9222951>
  • 余滴 過客穫古 / 箕田貢 / p148~149
  • 質疑と答 (1)舌苔が診察にどれだけ役立つか / 光野儀 / p150~150
  • 質疑と答 (2)非常な寒がり / 仙崎晴一朗 / p150~151
  • 質疑と答 (3)大手術後水を飲ませて悪い場合 / 古賀秀夫 / p151~151
  • 質疑と答 (4)女子再発性膀胱炎 / 坂本公孝 / p151~151
  • 備忘一題 肺炎と副腎皮質ホルモン / 加地正郎 / p21~21
  • 備忘一題 血圧下降剤と冠流血量 / 貫文三郎 / p37~37
  • 備忘一題 アメリカでひろつた話 / 植木昭和 / p66~66
  • 海外文献 コルチコスステロイド治療 / 岡部信彦 / p88~88
  • 海外文献 側頭葉切除後の視野欠損 / 朝長弘道 / p94~94
  • 青ページ 米国医学より学ぶもの / 柴田雄蔵 / p1~2

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
著作者等 大道学館
大道學館出版部
書名ヨミ リンショウ ト ケンキュウ = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
書名別名 臨床と研究

The Japanese journal of clinical and experimental medicine
巻冊次 37(1)(420)
出版元 大道学館出版部
刊行年月 1960-01
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 00214965
NCID AN00270170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想