臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine  27(12)(311)

大道學館出版部

国立国会図書館雑誌記事索引 27 (1) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of clinical and experimental medicine (<32巻1号>-);[21巻4号 = ?号]-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 抗生物質特集 / / p1~12,13~26,27~40,41~54,55~62
  • 巻頭小言 / 澤田藤一郞 / p1~1
  • 抗生物質投與法の工夫とその効果 / 吉佳好夫 / p2~8
  • 抗生物質の使い方 / 池見酉次郞 / p8~10
  • 外科におけるペニシリンの使い方 / 西村正也 / p10~12,13~15
  • 耳鼻症患化學療法の現在と將來 / 後藤敏郞 / p15~19
  • 黃疸出血性レプトスピラ病の化學療法 / 操坦道 / p20~26
  • ストレプトマイシンと他の薬物の併用による結核の治療 / 勝木司馬之助 / p27~31
  • 兒科臨床に於けるAntibiotics / 高井俊夫 / p32~34
  • ペニシリンによる性病の治療及豫防 / 樋口謙太郞 / p35~40
  • 結核性眼疾患に對するストレプトマイシン竝にそれとプロミゾール或はコンテベンの併用療法 / 生井浩 / p41~46
  • 眼科領域に於ける抗生物質の應用--特にストレプトマイシン、オーレオマイシン、テラマイシンの應用 / 三井幸彦 / p46~50
  • Streptomycin 及びAureomycin治療に於ける二、三の經驗 / 岩原定可 / p50~53
  • オーレオマイシンによる耳性ムコーズス菌性化膿性腦膜炎の一治驗 / 岩本彦之丞 / p53~54
  • 百日咳に對するストーレプトマイシン療法の經驗 / 貴田文夫 / p55~58
  • 虛脫療法とストレプトマイシンの併用 / 中村京亮 / p58~60
  • ストレプトマイシンの局所使用による結核性副睪丸炎及ルイレキの治驗 / 木下友敬 / p60~62
  • 日本内科學會 第一九回日本內科學會九州地方會 / 上田義衞
  • 金澤照
  • 深水眞吾
  • 緒方義文
  • 廣吉溝一
  • 阿武壽人
  • 吉田利雄
  • 朔淳一
  • 兵働貞夫
  • 戸島良吉
  • 井上重利
  • 操坦道
  • 河北靖夫 / p63~64
  • 質疑に答へて 小兒假性コレラの診斷名について / 堀田正之 / p31~31
  • 質疑に答へて TB菌について / 武谷健二 / p31~31
  • 質疑に答へて 急性中耳炎の疼痛 / 岩本彦之丞 / p40~40
  • 海外文献 最近の軟膏基劑の進歩 / 野間祐輔 / p65~65
  • 赤ページ 抗生物質を考える / 河原杏兒 / p1~2
  • 赤ページ 昭和二十五年度總目次 / / p1~6

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨牀と研究 = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
著作者等 大道学館
大道學館出版部
書名ヨミ リンショウ ト ケンキュウ = The Japanese journal of clinical and experimental medicine
書名別名 臨床と研究

The Japanese journal of clinical and experimental medicine
巻冊次 27(12)(311)
出版元 大道学館出版部
刊行年月 1950-12
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 00214965
NCID AN00270170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想