臨床外科 = Journal of clinical surgery  31(12)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(1):1950.1-38(12):1983.12 ; 56(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;11巻1号から25巻12号までの並列タイトル: Clinical surgery;[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 胃隆起性病変-1-(消化管内視鏡シリ-ズ カラ-グラフ) / 高木 国夫 / p1530~1531<1741777>
  • 感染症--とくに急性胆管炎を中心として / 松代 隆 / p1533~1540<1741766>
  • 胆管狭窄 / 村石 信男
  • 中山 和道 / p1541~1548<1741767>
  • 遺残結石 / 羽生 富士夫 / p1549~1559<1741768>
  • 胆道ジスキネジ- / 秋田 八年
  • 谷川 尚 / p1561~1568<1741769>
  • 黄疸を伴った胆道系疾患手術後の急性腎不全--とくに急性閉塞性化膿性胆管炎における肝腎症候群の発来について / 三樹 勝 / p1569~1580<1741770>
  • 術後黄疸 / 菅原 克彦 / p1581~1587<1741771>
  • 胆道手術後の困難症の予防と治療--とくに内視鏡的アプロ-チの臨床的意義 / 山川 達郎 / p1589~1597<1741772>
  • 胆道手術後の困難症をどうするか(クリニカル・カンファレンス) / 穴沢 雄作 / p1598~1614<1741776>
  • 術後胆管狭窄 / 成末 允勇 / p1625~1630<1741774>
  • 下部食道噴門部癌症例の検討 / 安藤 健一 / p1631~1635<1741762>
  • 鈍的外力による総胆管完全離断の1手術治験例 / 宮川 健 / p1637~1640<1741773>
  • 膵炎を合併した副甲状腺癌の1例 / 田辺 政裕 / p1643~1646<1741760>
  • 99mTcにより診断し得たMeckel憩室の1例と本邦報告例580例の統計的観察 / 山口 宗之 / p1647~1651<1741775>
  • 胃リンパ管腫の1例 / 山際 裕史 / p1653~1655<1741761>
  • カルシトニン測定により確診しえた甲状腺髄様癌の1例 / 高見 博 / p1657~1660<1741759>
  • Behcet症候群に合併せる膝窩動脈瘤の1例 / 小林 武彦 / p1661~1664<1741763>
  • 外科教育を考える-2-外科卒後教育--トレ-ニング・プログラムを作成する立場から / 尾本 良三
  • 鰐淵 康彦 / p1617~1621<1741764>
  • 書評 文部省科学研究費・医学教育総合班研究編:「医学教育における評価と客観試験例題集」 / 岡安大仁 / p1622~1622
  • 遺残結石症の非観血的治療法 / 山川達郎 / p1623~1623
  • 学会案内 / / p1630~1630,1660~1660
  • 学会ニュース / 癌学会 / p1568~1568,1635~1635
  • 投稿規定 / / p1624~1624
  • 次号予告 / / p1640~1640
  • あとがき / 島田信勝
  • 中谷隼男
  • 卜部美代志
  • 斉藤淏
  • 杉江三郎
  • 織畑秀夫
  • 佐野圭司
  • 牧野永城
  • 菅原克彦
  • 阿部令彦 / p1664~1664
  • 「臨床外科」第31巻総目次 / / 巻末p1~10<1741758>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床外科 = Journal of clinical surgery
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ リンショウ ゲカ = Journal of clinical surgery
書名別名 Clinical surgery

Journal of clinical surgery

Rinsho geka
巻冊次 31(12)
出版元 医学書院
刊行年月 1976-12
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03869857
NCID AN00144777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想