北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health  44

北海道立衛生研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (51) 2001~;特報あり;1集 (昭和26年4月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 1 黄連の化学的品質評価 HPLC法と吸光光度法によるベルベリン型アルカロイドの定量 / 姉帯正樹 / p1~6
  • 2 スクリーニング・システムの改変と北海道の先天性甲状腺機能低下症マス・スクリーニング成績(1990~93年度) / 原田正平
  • 市原侃
  • 新井純理
  • 本間寛
  • 藤枝憲二
  • 奥野晃正
  • 工藤亨 / p7~14
  • 3 アクトグラムを用いた養豚場へのキタキツネ接近頻度調査 / 浦口宏二
  • 高橋健一 / p15~22
  • 1 1993年度の北海道におけるポリオ、インフルエンザおよび日本脳炎の流行予測調査 / 沢田春美
  • 野呂新一
  • 国府谷よし子
  • 泉敏彦
  • 濱岡直裕
  • 由布久美子 / p23~25
  • 2 沙流川における大腸菌群汚染例について / 高野敬志
  • 都築俊文
  • 相川孝史
  • 保崎正弥
  • 中谷伸二
  • 末永茂樹 / p26~30
  • 3 北海道における水道水中の低沸点有機化合物濃度 / 上田祥久
  • 伊藤八十男
  • 内野栄治
  • 高野敬志
  • 都築俊文 / p31~34
  • 1 1993年度に北海道において流行したインフルエンザ / 野呂新一
  • 国府谷よし子
  • 沢田春美
  • 泉敏彦
  • 由布久美子
  • 桜田教夫 / p35~36
  • 2 北海道で発生した流行性脳脊髄膜炎の2事例 / 相川孝史
  • 亀山邦男
  • 松本英康
  • 佐々木哲
  • 宍戸敦子
  • 大角晃弘
  • 鈴木文彰
  • 東辻俊子
  • 椿淳子
  • 水江伸夫 / p37~40
  • 3 大腸菌O157:H7による出血性大腸炎の兄妹罹患例 / 相川孝史
  • 武士甲一
  • 小林健一
  • 小椋裕之
  • 鎌﨑穂高 / p41~44
  • 4 北海道内の食中毒発生状況について(1992年・1993年) / 相川孝史
  • 亀山邦男
  • 森本洋
  • 長谷川伸作
  • 本間寛 / p45~47
  • 5 リステリア菌によるナチュラルチーズの汚染実態調査 / 武士甲一
  • 砂川紘之
  • 梅村康子
  • 岡田迪徳 / p48~50
  • 6 北海道内における市販輸入冷凍魚介類の病原性細菌による汚染の実態 / 砂川紘之
  • 武士甲一 / p51~54
  • 7 根室分離株多包条虫からの種特異的遺伝子(U1 snRNA gene)のPCR法を用いた検出 / 八木欣平
  • 大山徹 / p55~58
  • 8 コトンラットの自然発生胃癌からの培養癌細胞株樹立の試みについて / 奥井登代
  • 川瀬史郎 / p59~61
  • 9 1993年度、輸入米中の残留農薬実態調査 / 佐藤正幸
  • 長南隆夫
  • 堀義宏
  • 橋本諭 / p62~65
  • 10 高速液体クロマトグラフィーによる畜水産食品中の合成抗菌剤の一斉分析(第2報)液-液抽出によるクリーンアップ法の検討 / 西村一彦
  • 平間祐志
  • 河野淳子
  • 平塚明子
  • 中野道晴 / p66~68
  • 11 ジアゾ化法によるタラコ中の亜硝酸イオンの定量における塩酸の効果 / 平間祐志
  • 西村一彦
  • 中野道晴 / p69~72
  • 12 デュアルカラムキャピラリーガスクロマトグラフィーによるPCBs、有機塩素系農薬の分析 / 平間祐志
  • 中野道晴
  • 西村一彦 / p73~78
  • 13 ゴルフ場の模擬グリーンにおける農薬流出について(第2報) / 小島弘幸
  • 桂英二
  • 小川広
  • 矢野昭起
  • 金島弘恭 / p77~80
  • 14 1993年度の輸入食品の放射性セシウム濃度について / 福田一義 / p81~82
  • 15 ロシアによる放射性廃棄物の海洋投棄に係る水産物の放射能調査について / 福田一義 / p83~84
  • 16 漁川ダム湖の底泥および表層水から分離した放射菌の性状について / 高野敬志
  • 市川浩樹
  • 佐藤祥司
  • 伊藤八十男 / p85~86
  • 17 北海道南西沖地震前後における奥尻島温泉水の変化 / 都築俊文
  • 内野栄治
  • 上田祥久
  • 今泉晴夫
  • 北山正治
  • 佐藤洋子 / p87~89
  • 他誌発表 1 北海道で多発しているSalmonella Enteritidis食中毒--ファージ型、薬剤感受性、プラスミドプロファイルによる解析 / 長谷川伸作
  • 中村明子 / p91~91
  • 他誌発表 2 Biology and Neurobiology of Borna Disease Viruses (BDV), Defined by Antibodies, Neutralizability and Their Pathogenic Potential / H.Ludwig
  • K.Furuya
  • L.Bode
  • N.Klein
  • R.Durrwald
  • D.S.Lee / p91~91
  • 他誌発表 3 Alveolar Echinococcosis of the Liver. VI. Immunodiagnosis: Clinical Evaluation / Naoki Sato
  • Shigeru Aoki
  • Junichi Uchino
  • Koji Furuya / p92~92
  • 他誌発表 4 Alveolar Echinococcosis of the Liver. VI. Immunodiagnosis: Enzyme-linked Immunosorbent Assay (ELISA) and Western Blotting (WB) Test / Koji Furuya
  • Naoki Sato
  • Junichi Uchino / p92~92
  • 他誌発表 5 北海道におけるエキノコックス症の流行状況 / 古屋宏二
  • 赤間秀明 / p92~92
  • 他誌発表 6 地域におけるHIV疫学調査--本邦における各地域の状況:北海道 / 桜田教夫
  • 野呂新一
  • 泉敏彦 / p93~93
  • 他誌発表 7 エイズ医薬品候補物質のスクリーニング研究 / 三瀬勝利
  • 野呂新一
  • 佐藤七七朗
  • 桜田教夫 他 / p93~93
  • 他誌発表 8 ワクチン株により発症した定型ポリオ患者 / 沢田春美
  • 仁平洋
  • 皆川公夫
  • 梅津征夫
  • 本谷尚
  • 綿谷靖彦
  • 米山徹夫
  • 藤原卓
  • 萩原昭夫 / p94~94
  • 他誌発表 9 Transmission of Urabe Mumps Vaccine between Siblings / Harumi Sawada
  • Shoki Yano
  • Yogo Oka
  • Takehiro Togashi / p94~94
  • 他誌発表 10 周産期に使用されたヨード含有消毒剤の影響によるクレチン症マススクリーニングの偽陽性者増加に関する全国調査 / 原田正平
  • 市原侃
  • 新井純理
  • 本間寛 / p95~95
  • 他誌発表 11 ヨード含有消毒剤使用中止によるクレチン症マススクリーニング偽陽性者の減少 / 原田正平
  • 市原侃
  • 松浦信夫
  • 藤枝憲二 / p95~96
  • 他誌発表 12 ヨード過剰による新生児甲状腺機能低下症の指標としての尿中ヨウ化物イオン濃度測定の意義 / 原田正平
  • 市原侃
  • 松浦信夫
  • 藤枝憲二 / p96~96
  • 他誌発表 13 クレチン症マススクリーニングで発見された同胞例甲状腺機能異常者の23家系 / 原田正平
  • 市原侃
  • 松浦信夫
  • 藤枝憲二
  • 奥野晃正
  • 工藤亨
  • 福士勝
  • 菊地由生子 / p97~97
  • 他誌発表 14 クレチン症マススクリーニング / 原田正平 / p97~97
  • 他誌発表 15 有機スズ化合物による魚介類汚染と1日摂取量の推定について / 山本勇夫 / p98~98
  • 他誌発表 16 凍結処理法を応用したタマネギ中のエチオフエンカルブ、ディルドリン及びキャプタンの定量 / 長南隆夫 / p98~98
  • 他誌発表 17 Similarity in Nucleotide Sequence of the Gene Encoding Non-toxic Component of Botulinum Toxin Produced by Toxigenic Clostridium butyricum Strain BL 6340 and Clostridium botulinum Type E Strain Mashike / Nobuhiro Fujii
  • Koichi Kimura
  • Noriko Yokosawa
  • Keiji Oguma
  • Teruo Yashiki
  • Koichi Takeshi
  • Tohru Ohyama
  • Hiroshi Isogai / p99~99
  • 他誌発表 18 Ecological Study on the Intestinal Bacterial Flora of Patients with Diarrhea / Seiki Tazume
  • Atsushi Ozawa
  • Takako Yamamoto
  • Koichi Takeshi
  • S.M.Saidi
  • P.G.Waiyaki / p99~99
  • 他誌発表 19 クマイザサ水溶性キシランの腸内細菌の増殖に及ぼす影響 / 青山政和
  • 窪田寛
  • 吉田兼之
  • 武士甲一
  • 砂川紘之
  • 岡田迪徳 / p100~100
  • 他誌発表 20 Purification and Biochemical Characterization of Two Major Cytochrome P-450 Isoforms Induced by 2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-ρ-dioxin in Chick Embryo Liver / Arleen B. Rifkind
  • Akio Kanetoshi
  • Jason Orlinick
  • Jorge H. Capdevila
  • Charis Lee / p100~101
  • 他誌発表 21 Identification of CYP2C23 Expressed in Rat Kidney as an Arachidonic Acid Epoxygenase / Susumu Imaoka
  • Peter J. Wedlund
  • Hiroshi Ogawa
  • Shioko Kimura
  • Frank J. Gonzalez
  • Hee-Yong Kim / p101~101
  • 他誌発表 22 Complete cDNA Sequence and cDNA-Directed Expression of CYP4A11, a Fatty Acid ω-Hydroxylase Expressed in Human Kidney / Susumu Imaoka
  • Hiroshi Ogawa
  • Shioko Kimura
  • Frank J. Gonzalez / p101~102
  • 他誌発表 23 生薬「蒼朮」の基原植物Atractylodes lanceaについて / 神田博史
  • 後藤勝実
  • 姉帯正樹
  • 山岸喬 / p102~102
  • 他誌発表 24 Pathomorphologic Findings of Lead Poisoning in White-fronted Geese(Anser albifrons) / Kenji Ochiai
  • Kazuo Jin
  • Masanobu Goryo
  • Toshifumi Tsuzuki
  • Chitoshi Itakura / p103~103
  • 他誌発表 25 A Survey of Lead Poisoning in Wild Waterfowl in Japan / Kenji Ochiai
  • Kadoaki Hoshiko
  • Kazuo Jin
  • Toshifumi Tsuzuki
  • Chitoshi Itakura / p103~103
  • 他誌発表 26 Mutagenic Effects of Nitropyrenes in a Soybean Test System / Yoshinobu Katoh
  • Masahiko Maekawa
  • Yoshio Sano / p104~104
  • 他誌発表 27 Effects of 5-Azacytidine on Somatic Mutation in a Soybean Test System / Yoshinobu Katoh
  • Masahiko Maekawa
  • Yoshio Sano / p104~104
  • 他誌発表 28 Radiation Hypersensitivity of LEC Strain Rats Controlled by a Single Autosomal Recessive Gene / Masanobu Hayashi
  • Toyo Okui
  • Daiji Endoh
  • Fumiki Sato
  • Noriyuki Kasai
  • Sigeo Namioka / p105~105
  • 他誌発表 29 早期に発症したCockayne症候群の1例 / 浅沼秀臣
  • 渡辺幸枝
  • 若井周治
  • 舘延忠
  • 千葉峻三
  • 奥井登代
  • 佐々木公男 / p105~105

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
著作者等 北海道立衛生研究所
書名ヨミ ホッカイドウリツ エイセイ ケンキュウジョホウ = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
書名別名 Report of the Hokkaido Institute of Public Health

Hokkaidoritsu eisei kenkyujoho
巻冊次 44
出版元 北海道立衛生研究所
刊行年月 1994-08
ページ数
大きさ <26-30>cm
ISSN 04410793
NCID AN00231077
AA12077992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想