綜合臨牀 = Clinic all-round  37増刊

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (2) 1952.05~;本タイトル等は最新号による;1巻1号 (昭和27年4月)-60巻12号 (2011年12月);以後休刊;各巻6号ごとに総目次を収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 救急事典 / / p1~18,19~62,63~78,79~90,91~152,153~174,175~224,225~248,249~316,317~334,335~378,379~394,395~414,415~424,425~472,473~510,511~570,571~594,595~605
  • I.救急患者初期治療のポイント / / p1~14
  • 1.内科の立場から / 後藤英道 / p1~4
  • 2.外科の立場から / 杉本侃 / p5~7
  • 3.小児科の立場から / 手代木正 / p8~10
  • 4.産科・婦人科の立場から / 新井正夫 / p11~14
  • II.救急処置室の整備 / 藤井千穂 / p15~18
  • III.救急のための手技 / / p19~62,63~78,79~90,91~112
  • III-1.気道確保 / / p19~41
  • 1.用手的気道確保 / 鈴川正之 / p19~21
  • 2.気道内異物除去法 / 鈴川正之 / p22~24
  • 3.エアウェイ挿入 / 小濱啓次 / p25~27
  • 4.気管内挿管 / 小濱啓次 / p28~32
  • 5.輪状甲状靱帯切開・穿刺 / 奥秋晟 / p33~35
  • 6.気管切開 / 奥秋晟 / p36~37
  • 7.胸腔穿刺・ドレーン挿入 / 関洲二 / p38~41
  • III-2.呼吸補助 / / p42~52
  • 1.呼気吹き込み人工呼吸 / 黒田誠一郎 / p42~44
  • 2.バッグ・マスク人工呼吸 / 菊地博達 / p45~46
  • 3.酸素吸入療法 / 菊地博達 / p47~49
  • 4.レスピレータ使用法 / 涌澤玲児 / p50~52
  • III-3.循環補助 / / p53~62,63~70
  • 1.胸骨圧迫心マッサージ / 高山鉄郎 / p53~55
  • 2.一次救命処置の手順 / 森岡亨 / p56~58
  • 3.圧迫止血法 / 劔物修 / p59~60
  • 4.止血帯の使用法 / 劔物修 / p61~62
  • 5.ショック・パンツ / 名倉節 / p63~65
  • 6.I A B P / 高野照夫 / p66~68
  • 7.開胸心マッサージ / 高山鉄郎 / p69~70
  • III-4.輸液路確保 / / p71~78,79~87
  • 1.末梢静脈穿刺 / 杉本壽 / p71~72
  • 2.中心静脈カテーテル挿入 / 杉本壽 / p73~75
  • 3.静脈切開 / 上松治孝 / p76~77
  • 4.心腔内注射 / 上松治孝 / p78~78
  • 5.スワンガンツカテーテル挿入 / 高木正剛 / p79~81
  • 6.動脈穿刺 / 高尾弘 / p82~84
  • 7.動脈圧モニター / 渡辺裕生 / p85~87
  • III-5.救急薬品の使用法 / 山本保博 / p88~90
  • III-6.EKCモニタ・除細動 / / p91~112
  • 1.不整脈の鑑別診断 / 清水禮壽 / p91~97
  • 2.緊急心電図の解読と直流除細動の適応決定 / 情水禮壽 / p98~105
  • 3.前胸部叩打 / 竹越襄 / p106~106
  • 4.直流除細動 / 竹越襄 / p107~109
  • 5.ペースメーカー(体外式・経静脈) / 石村孝夫 / p110~112
  • IV.救急のための術技 / / p113~152,153~165
  • 1.熱傷の局所療法 / 菊地直心夫 / p113~115
  • 2.N-Gチューブ挿入 / 高橋愛樹 / p116~117
  • 3.S-Bチューブ挿入 / 高橋愛樹 / p118~119
  • 4.イレウス管挿入 / 坂田育弘 / p120~121
  • 5.胃洗浄 / 坂田育弘 / p122~124
  • 6.緊急血液浄化法 / 酒井糾 / p125~129
  • 7.高圧酸素療法 / 高橋光太郎 / p130~132
  • 8.心囊穿刺 / 千代孝夫 / p133~135
  • 9.腰椎穿刺 / 阿部弘 / p136~138
  • 10.腹腔穿刺・腹腔洗浄 / 加来信雄 / p139~141
  • 11.膀胱穿刺 / 藤田公生 / p142~144
  • 12.ダグラス窩穿刺 / 寺尾俊彦 / p145~146
  • 13.創処置 / 上山昌史 / p147~148
  • 14.縫合法の基本 / 上山昌史 / p149~152
  • 15.応急副子固定 / 榊田喜三郎 / p153~154
  • 16.骨折牽引 / 榊田喜三郎 / p155~157
  • 17.鼻出血の止血法 / 内田豊 / p158~160
  • 18.簡単な結膜・角膜異物の除去 / 深道義尚 / p161~162
  • 19.耳鼻異物除去 / 内田豊 / p163~165
  • V.救命救急に必要な知識 / / p166~174,175~224,225~232
  • 1.意識障害の判定 / 大和田隆 / p166~171
  • 2.呼吸困難の鑑別 / 中島康一 / p172~174
  • 3.緊急検査データの評価 / 尾辻省悟 / p175~178
  • 4.緊急レントゲンの読影 / 杉本玲子 / p179~183
  • 5.緊急手術要否の判断 / 森岡恭彦 / p184~186
  • 6.感染症と抗生剤の選択 / 藤井千穂 / p187~190
  • 7.熱傷の全身管理 / 八木義弘 / p191~193
  • 8.中毒の診断と治療 / 高橋教雄 / p194~196
  • 9.ショックの循環管理 / 寺井親則 / p197~200
  • 10.輸液管理 / 満尾正 / p201~205
  • 11.体液電解質異常の補正 / 加藤滉 / p206~209
  • 12.酸塩基平衡異常の補正 / 堀川秀男 / p210~213
  • 13.成分輸血 / 湯浅晋治 / p214~216
  • 14.栄養管理 / 吉川恵次 / p217~224
  • 15.D O A / 石田詔治 / p225~229
  • 16.脳死 / 杉本侃 / p230~232
  • VI.救命救急 / / p233~248,249~316,317~334,335~378,379~394,395~414,415~424,425~472,473~510,511~570,571~571
  • VI-1.主要症状 / / p233~248,249~303
  • 1.昏睡 / 畑隆志 / p233~237
  • 2.失神 / 宇高不可思 / p238~240
  • 3.意識障害 / 佐藤宏 / p241~244
  • 4.眩暈 / 亀井民雄 / p245~248
  • 5.激しい頭痛 / 篠原幸人 / p249~251
  • 6.けいれん / 三井香児 / p252~256
  • 7.鼻出血 / 堂籠博 / p257~259
  • 8.呼吸困難 / 石田詔治 / p260~262
  • 9.喀血 / 山本正彦 / p263~265
  • 10.動悸 / 篠山重威 / p266~268
  • 11.不整脈 / 土肥豊 / p269~273
  • 12.胸部激痛 / 中村俊香 / p274~277
  • 13.腹痛 / 竹田喜信 / p278~280
  • 14.嘔吐 / 上井一男 / p281~284
  • 15.吐血・下血 / 椎名泰文 / p285~287
  • 16.激症下痢 / 加藤肇 / p288~290
  • 17.乏尿・無尿 / 白石幸三 / p291~293
  • 18.発疹 / 大野まさき / p294~295
  • 19.高熱 / 柏木平八郎 / p296~297
  • 20.ショック / 桑田雪雄 / p298~303
  • VI-2.主要疾患 / / p304~316,317~334,335~378,379~394,395~414,415~416
  • 1.脳出血 / 下條貞友 / p304~306
  • 2.脳梗塞 / 渡邊學 / p307~310
  • 3.くも膜下出血 / 斎藤勇 / p311~313
  • 4.脳炎 / 庄司紘史 / p314~316
  • 5.心筋梗塞 / 猪岡英二 / p317~319
  • 6.狭心症 / 梅澤滋男 / p320~322
  • 7.急性左心不全 / 松井忍 / p323~325
  • 8.心臓喘息 / 滝本浩俊 / p326~327
  • 9.急性解離性大動脈瘤 / 近藤治郎 / p328~331
  • 10.心外膜炎 / 永井良三 / p332~334
  • 11.肺性心 / 飛世克之 / p335~337
  • 12.高血圧脳症 / 西尾一郎 / p338~339
  • 13.ペースメーカー事故 / 小沢友紀雄 / p340~343
  • 14.心タンポナーデ / 東海林哲郎 / p344~346
  • 15.気胸 / 本田泉 / p347~349
  • 16.肺血栓塞栓症 / 長谷川淳 / p350~353
  • 17.喘息重積症 / 田中真 / p354~356
  • 18.無気肺 / 青木茂行 / p357~359
  • 19.肺水腫 / 城戸優光 / p360~362
  • 20.CO₂ナルコーシス / 篠崎正博 / p363~365
  • 21.過換気症候群 / 桂戴作 / p366~368
  • 22.急性上部消化管出血 / 矢花剛 / p369~372
  • 23.下部消化管出血 / 永尾重昭 / p373~375
  • 24.イレウス・嵌頓ヘルニア / 原口靖昭 / p376~378
  • 25.胆石症 / 大柳治正 / p379~381
  • 26.膵炎・膵壊死 / 中澤三郎 / p382~384
  • 27.肝性昏睡 / 山田春木 / p385~387
  • 28.糖尿病性昏睡 / 堀田饒 / p388~392
  • 29.低血糖症 / 佐々木正孝 / p393~394,395~395
  • 30.甲状腺クリーゼ / 長瀧重信 / p396~397
  • 31.粘液水腫性昏睡 / 高須信行 / p398~400
  • 32.尿毒症 / 北本清 / p401~403
  • 33.脱水症 / 折田義正 / p404~406
  • 34.高カリウム血症 / 高光義博 / p407~409
  • 35.重症筋無力症 / 福岡忠博 / p410~411
  • 36.周期性四肢まひ / 奥村誠一 / p412~414
  • 37.ICU症候群 / 保坂正昭 / p415~416
  • VI-3.ショック / / p417~424,425~431
  • 1.Hypovolemic shock / 吉岡敏治 / p417~419
  • 2.Cardiogenic shock / 木全心一 / p420~422
  • 3.Septic shock / 石山賢 / p423~424
  • 4.Neurogenic shock / 星秀逸 / p425~426
  • 5.Anaphylactic shock / 大谷美奈子 / p427~429
  • 6.その他のショック / 白川洋一 / p430~431
  • VI-4.急性臓器不全 / / p432~454
  • 1.呼吸器不全 / 丸川征四郎 / p432~435
  • 2.腎不全 / 杉浦清史 / p436~438
  • 3.肝不全 / 平澤博之 / p439~441
  • 4.副腎不全 / 若山茂春 / p442~444
  • 5.ストレス潰瘍 / 房本英之 / p445~447
  • 6.D I C / 公文啓二 / p448~449
  • 7.M O F / 相川直樹 / p450~454
  • VI-5.事故 / / p455~472,473~481
  • 1.異物誤嚥(気管・気管支異物) / 小河原昇 / p455~457
  • 2.消化管異物 / 中野美和子 / p458~459
  • 3.感電・落雷 / 大橋正次郎 / p460~462
  • 4.日射病・熱射病 / 田中秀治 / p463~465
  • 5.凍傷 / 山本保博 / p466~466
  • 6.偶発性低体温 / 岡田道雄 / p467~469
  • 7.溺水 / 山内教宏 / p470~472
  • 8.化学物質による熱傷 / 辺見弘 / p473~475
  • 9.熱傷 / 吉永和正 / p476~478
  • 10.創異物(伏針,ガラス,鉄片,銃創) / 山野慶樹 / p479~481
  • VI-6.外傷 / / p482~510,511~531
  • 1.頭部外傷 / 松尾成吾 / p482~484
  • 2.顔面外傷 / 桂田菊嗣 / p485~487
  • 3.胸部外傷 / 千種弘章 / p488~490
  • 4.腹部外傷 / 鈴木忠 / p491~494
  • 5.四肢外傷 / 渡辺好博 / p495~497
  • 6.四肢骨折・脱臼 / 伊地知正光 / p498~500
  • 7.骨盤骨折 / 葛西猛 / p501~502
  • 8.墜落による外傷 / 田伏久之 / p503~504
  • 9.交通事故(ハンドル,シートベルト) / 益子邦洋 / p505~507
  • 10.スポーツ外傷 / 桜井修 / p508~510
  • 11.爆傷 / 茂木正寿 / p511~512
  • 12.農機具事故 / 加来信雄 / p513~515
  • 13.咬傷 / 真栄城優夫 / p516~518
  • 14.切断肢の取り扱い / 村上恒二 / p519~521
  • 15.外傷性遅発性臓器破裂 / 真喜屋実佑 / p522~525
  • 16.多発外傷 / 葛西猛 / p526~528
  • 17.通過症候群 / 小倉義廣 / p529~531
  • VI-7.中毒 / / p532~561
  • 1.医薬品中毒 / 佐藤重仁 / p532~535
  • 2.工業用品中毒 / 佐藤重仁 / p536~538
  • 3.農薬中毒 / 小川秀道 / p539~542
  • 4.有毒ガス中毒 / 小川秀道 / p543~549
  • 5.家庭用品による中毒 / 黒川顕 / p550~554
  • 6.動・植物による中毒 / 黒川顕 / p555~557
  • 7.その他の中毒 / 甲斐達朗 / p558~561
  • VI-8.感染症対策 / / p562~570,571~571
  • 1.B型肝炎 / 南谷幹夫 / p562~563
  • 2.AIDS / 南谷幹夫 / p564~566
  • 3.破傷風 / 宮城良充 / p567~568
  • 4.ガス壊疽 / 田中孝也 / p569~570,571~571
  • VII.救急医療の体制 / / p572~584
  • 1.わが国の救急医療システム / 松村明仁 / p572~577
  • 2.アメリカの救急医療システム / 河村剛史 / p578~580
  • 3.ヨーロッパの救急医療システム / 滝口雅博 / p581~584
  • VIII、特殊な救急医療・事情 / / p585~594,595~605
  • 1.飲酒 / 行岡哲男 / p585~587
  • 2.救急処置を要する精神症状 / 黒澤尚 / p588~591
  • 3.自殺 / 黒澤尚 / p592~594
  • 4.救急医療と法律 / 若杉長英 / p595~598
  • 5.集団災害とトリアージ / 高橋有二 / p599~602
  • 6.日本国際救急医療チーム / 鵜飼卓 / p603~605
  • 索引 / / p607~613

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 綜合臨牀 = Clinic all-round
著作者等 永井書店
書名ヨミ ソウゴウ リンショウ = Clinic all-round
書名別名 Clinic all-round

Sogo rinsho
巻冊次 37増刊
出版元 永井書店
刊行年月 1988-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03711900
NCID AN00134456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00013977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想