綜合臨牀 = Clinic all-round  5(7)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (2) 1952.05~;本タイトル等は最新号による;1巻1号 (昭和27年4月)-60巻12号 (2011年12月);以後休刊;各巻6号ごとに総目次を収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 赤血球の生化学 / 妹尾//左知丸 / 20~32<9960834>
  • 血小板に関する研究の二・三 / 森田//久男 / 33~40<9960821>
  • 病態生理よりみた貧血の成因 / 長谷川//弥人 / 41~49<9960841>
  • 貧血の病理 / 平//福一郎 / 50~60<9960843>
  • 血液凝固機序について / 神前//五郎 / 61~73<9960820>
  • 低色性貧血の原因と治療 / 服部//絢一 / 74~81<9960836>
  • 再生不良性貧血像を呈した急性白血性ミエローゼの一例 / 守屋//邦男 / 82~95<9960828>
  • 悪性貧血の病態生理とその療法 / 小宮//悦造 / 96~106<9960819>
  • 後天性溶血性貧血 / 畔柳//武雄 / 107~123<9960822>
  • 多血症の臨牀と治療 / 吉田//常雄 / 124~134<9960835>
  • 出血性素質の臨床と治療 / 加藤//勝治 / 135~144<9960830>
  • 骨髄造血とエネルギー代謝 / 吉田//常雄 / 145~158<9960826>
  • 白血球とアメーバ運動 / 千田//信行 / 159~168<9960837>
  • リンパ球の生成,処理-リンパ球の調整 / 堀井//五十雄 / 169~178<9960818>
  • 免疫と白血球 / 菊池//武彦 / 179~190<9960845>
  • 白血病の病理 / 渡辺//漸 / 191~197<9960839>
  • 類白血病性反応の病理 / 三宅//仁 / 198~207<9960846>
  • 白血病の臨床と治療 / 日比野//進 / 208~222<9960840>
  • 類白血病性反応の臨床 / 中尾//喜久 / 223~231<9960847>
  • 諸種白血病の鑑別診断 / 平木//潔 / 232~244<9960832>
  • エリトロ・ロイケミーの臨床及び治療 / 勝沼//英宇 / 245~272<9960815>
  • 顆粒細胞減少症の臨床と治療 / 三方//一沢 / 273~281<9960848>
  • 真性赤血球増多症について / 木島//滋二 / 282~286<9960833>
  • 甲状腺機能亢進症とHypersplenism / 太田//和雄 / 287~293<9960824>
  • 所謂Banti氏病貧血の成因に就て / 小林//正 / 294~298<9960831>
  • 貧血と其の背後にあるもの / 大島//正徳 / 299~300<9960842>
  • 白血球増多症に好酸球高度増加を伴へる一症例 / 角南//宏 / 301~305<9960838>
  • 慢性に経過した無顆粒細胞症とACTHの使用経験 / 岩谷//武巨 / 306~311<9960844>
  • 再生不良性貧血の治療 / 河北//靖夫 / 312~320<9960827>
  • 好酸球性白血病の一例 / 菅原//禧高 / 321~324<9960823>
  • 骨関節結核の治療 / 片山//良亮 / 1~4<9960825>
  • 脂肪肝とその対策-2- / 高橋//忠雄 / 5~16<9960829>
  • クロールプロマジンによると思われる黄疸の一例 / 広川//竜夫 / 17~19<9960817>
  • 樂書帖 外国語 / 安田龍夫 / p325~327

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 綜合臨牀 = Clinic all-round
著作者等 永井書店
書名ヨミ ソウゴウ リンショウ = Clinic all-round
書名別名 Clinic all-round
巻冊次 5(7)
出版元 永井書店
刊行年月 1956-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03711900
NCID AN00134456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00013977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想