整形外科 = Orthopedic surgery  18(5)

南江堂

国立国会図書館雑誌記事索引 1(3):1950-34(13):1983.12 ; 52(1)=603:2001.1-;本タイトル等は最新号による;[1巻1号 (1950年)]-27巻7号 (1976年6月) ; 27巻8号 = 285冊 (1976年7月)-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 先天股脱に対するPemberton手術の経験 / 土屋//弘吉 / 407~417<8269317>
  • 膝関節結核に対する手術成績の吟味 可動性を残した治癒例 / 島津//晃 / 418~427<8269318>
  • 先天性股関節脱臼治療の将来に関する展望 / 森田//信 / 428~440<8269319>
  • 先天性股関節脱臼に対する骨盤横断骨切り術(河邨法)の中間成績 / 高橋//二郎 / 442~447<8269320>
  • 長管骨偽関節の臨床的考察 / 桜井//修 / 448~455<8269321>
  • 大腿骨頭無腐性壊死の治療 / 上野//良三 / 456~463<8269322>
  • 大腿骨骨頭の特発性無腐性壊死と思われる症例 / 高尾//徹二 / 465~469<8269323>
  • クロワード手術(頸椎前方固定術) 頸椎の骨軟骨症などに対して / 水野//祥太郎 / 470~475<8269324>
  • 日本の整形外科の反省とビジョン(座談会) / 藤本//憲司 / 476~487<8269325>
  • 誌説 Innōmimate osteotomy(Salter)の批判検討 / 嶋良宗 / p441~441
  • ストレス潰瘍 / K. S. / p464~464
  • 肩関節造影像 / S. O. / p464~464
  • 海外文献速報 / N. T.
  • 東大整形ジャーナルクラブ / p488~490
  • 診療余卓 外来患者の調節法 / N. S. / p463~463
  • 診療余卓 水準器で関節角度の測定を / 大松 / p469~469
  • 診療余卓 学会の整理統合について / N. S. / p487~487
  • 風見鳥ニュース--No.9 / / p491~491
  • 編集後記 / S. N. / p492~492

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 整形外科 = Orthopedic surgery
著作者等 南江堂
書名ヨミ セイケイ ゲカ = Orthopedic surgery
書名別名 Orthopedic surgery

Seikei geka
巻冊次 18(5)
出版元 南江堂
刊行年月 1967-04
ページ数
大きさ 26-29cm
ISSN 00305901
NCID AN00126560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想