新薬と治療  41(4)(355)

山之内製薬株式会社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 13) 1954.01~(通号: 24) 1955.11;本タイトル等は最新号による;大きさ: 変更あり 刊行頻度: 変更あり;[1号]-217号 (1977年5/6月) ; v. 27, no. 7 = 218号 (1977年7月)-54巻6号 = 451号 (2004年12月/2005年1月);以後廃刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • のみ過ぎは危険です / 青山南 / p1~1
  • 特集 新しい抗精神病薬の使用をめぐって / / p2~19
  • 1. 抗精神病薬の開発と治療の歴史 / 風祭元 / p2~3
  • 2. 抗精神病薬の脳内作用機序--その解明と臨床的応用 / 八木剛平 / p4~6
  • 3. 精神分裂病の陽性症状と陰性症状--最近の話題から / 岡崎祐士 / p7~9
  • 4. 抗精神病薬の副作用とその対策 / 小椋力 / p10~11
  • 5. 抗精神病剤nemonapride(エミレース)の臨床成績 / 村崎光邦 / p12~14
  • 6. エミレースが誕生するまで / 臼田眞治 / p18~19
  • 細胞紳士録(43)生きがいを呼ぶ嗅細胞 / 藤田恒夫 他 / p15~17
  • 医療チームの横顔(109)病院内にとどまらず,一歩踏み出した救急医療に意欲的に取り組む<市立札幌病院救急医療部> / 手戸一郎 / p20~21
  • 「分子糖尿病学シンポジウム」を開催して / 南條輝志男 / p22~23
  • 「第2回分子糖尿病学シンポジウム」に参加して / 稲垣暢也 他 / p24~25
  • 医のことば(43)ウィリアム・ハーヴィ / 荒井保男 / p26~27
  • 神経伝達物質ものがたり(33)ノーベル賞を逸した脳内麻薬様物質発見の物語り / 大木幸介 / p28~28
  • 雅叙園リバーカンファレンス記録(58)C型肝炎の臨床的諸問題-HCV抗体測定の臨床的意義- 総論 / 上野幸久 / p29~30
  • 雅叙園リバーカンファレンス記録(58)C型肝炎の臨床的諸問題-HCV抗体測定の臨床的意義- 臨床の立場から 1 / 岡部和彦 / p30~32
  • 表紙のことば 色の辺りで / 狩野紘信 / p33~33

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 新薬と治療
著作者等 山之内製薬
山之内製薬株式会社
山之内薬株式会社
書名ヨミ シンヤク ト チリョウ
書名別名 New remedies and therapy

New remedies & therapy

Shin'yaku to chiryo
巻冊次 41(4)(355)
出版元 山之内製薬
刊行年月 1991-05
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 05598664
NCID AN00123482
AN00275651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想