三共研究所年報  37

三共株式会社研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 17) 1965.12~(通号: 34) 1982.12 ; 55 2003~58 2006;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;15巻 (昭和38年12月)-v. 58 (2006);以後廃刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 新抗潰瘍剤プラウノトール(CS-684) / 小木曽彰
  • 北沢栄一
  • 小林晋作
  • 駒井亨
  • 松沼尚史
  • 片海晟五 / p1~39
  • 原報 テトラヒドロピラン環含有新規アゾールの合成と抗真菌活性 / 川本勲
  • 遠藤六郎
  • 中原正城 / p40~56
  • 原報 デオキシライドロマイシン,Streptoverticillium eurocidicumが生産する新規ポリエーテル抗生物質 / 深沢由美
  • 伊藤泰博
  • 榎田竜三
  • 岡崎尚夫
  • 遠山俊光
  • 河添香代子
  • 佐藤定男
  • 鳥潟顕雄
  • 高橋秀次
  • 羽石達生 / p57~63
  • 原報 ビタミンE,C,B₂合剤(ビトン-ハイ®)の血中過酸化脂質低下作用 / 長谷川和雄
  • 岩本光治
  • 大野茂紀
  • 古賀貞一郎
  • 松下洋一
  • 山崎光郎 / p64~74
  • 原報 向精神作用薬開発方法の研究 I. 葛藤誘発測定装置の試作 / 高橋正昭
  • 関谷輝市
  • 庭山妃呂司
  • 斎藤友紀雄 / p75~83
  • 原報 向精神作用薬開発方法の研究 II. 葛藤誘発装置を用いた抗不安薬スクリーニング系の検討 / 軽部利雄
  • 上岡利春 / p84~89
  • 原報 L-DOPAの代謝に対するCarbidopaの影響 II. ラット肝灌流実験系における脱炭酸反応から3-O-メチル化反応への代謝経路の転換 / 池田敏彦
  • 駒井亨
  • 進藤英世 / p90~96
  • 原報 L-DOPAの代謝に対するCarbidopaの影響 III. L-DOPA-1-および2-¹⁴Cのラットおよび妊娠マウスにおける全身オートラジオグラフィパターンに及ぼすCarbidopa前処置の影響 / 宮腰昶宏
  • 中島栄一
  • 進藤英世 / p97~106
  • 原報 高速液体クロマトグラフィーによる血漿アンジオテンシン変換酵素活性の定量 / 川原幸則
  • 常盤弘
  • 下條雅子 / p107~112
  • 原報 キャピラリーガスクロマトグラフ法による動物飼料中のロキソプロフェンナトリウムの定量法 / 岩井利明
  • 和田恵子
  • 竹村哲
  • 高山和男
  • 二之宮昭夫 / p113~120
  • 原報 ピラゾレート製剤に関する研究(第1報)ピラゾレートの粒度評価法 / 谷沢欽次
  • 河西史人 / p121~132
  • 実験ノート β-ラクタム環形成反応の一例と新規ピロリノアゼチジノン環構築 / 平井功一
  • 藤本克巳
  • 岩野雄次 / p133~139
  • 実験ノート 海産子のう菌Corollospora pulchellaによる抗生物質メリナシジンIII,IVおよびガンシジンWの生産性の確認 / 古谷航平
  • 奥平美穂
  • 新藤隆将
  • 佐藤藹也 / p140~142
  • 実験ノート 鶏コクシジウムEimeria tenellaとE.acervulinaの簡易急速凍結保存法 / 田中和男
  • 遠山俊光 / p143~146
  • 実験ノート ML-236BおよびMB-530Bのモノ水酸化誘導体のプロトンNMRスペクトル / 桑野晴光
  • 芹沢伸記
  • 浜野潔
  • 寺原昭 / p147~154
  • 実験ノート 電子天秤の除振法 (微量分析の研究 第27報) / 小野菊繁
  • 山室マサ
  • 増淵瑞穂 / p155~159
  • 実験ノート 電子天秤の温度障害 (微量分析の研究 第28報) / 小野菊繁
  • 高橋長代 / p160~167
  • 抄録 / / p168~237
  • Physical&Analytical Chemistry ポリオキサ-1,n-ジチア[n](1,1′)ルテノセノファン類の合成及びその金属錯体の構造研究 / 赤堀禎利
  • 胸組広行
  • 巾田榎一
  • 佐藤定男
  • 河添香代子
  • 田村千尋
  • 佐藤勝 / p168~169
  • Physical&Analytical Chemistry プロトンの核磁気緩和サフラマイシンAのコンホメーション及びコンフィギュレーション研究への応用 / 春山英幸
  • 栗原英志
  • 近藤三千男 / p169~169
  • Physical&Analytical Chemistry 無機化合物の拡散反射赤外分光法の研究 / 岩岡貞樹
  • Shih-Hsien Wang
  • Peter R.Griffiths / p169~170
  • Physical&Analytical Chemistry テトラカイン存在下におけるジミリストイルフォスファチジルコリン(DMPC)と硝酸ユーロピゥム相互作用の¹H-NMRによる研究 / 近藤三千男
  • 小倉保己 / p170~170
  • Physical&Analytical Chemistry イオンクロマトグラフィーによる有機化合物中のフッ素,塩素,臭素及び硫黄の同時多元素分析 / 長島潜
  • 窪山和男
  • 小野菊繁 / p170~171
  • Physical&Analytical Chemistry 逆相高速液体クロマトグラフィーによる有機化合物中のヨウ素の微量定量 / 長島潜
  • 中村皖一 / p171~171
  • Physical&Analytical Chemistry 最近の分離・分取技術 III. 拡大される適用分野医薬品 / 高萩英邦 / p172~172
  • Physical&Analytical Chemistry ジフェニルカルバジド試薬の品質検定及び溶液の安定性 / 長島潜
  • 町田彌
  • 中山憲子
  • 内海喩 / p172~173
  • Physical&Analytical Chemistry ポリマーの光安定化における進歩 / 戸田粛正
  • 車田知之
  • 村山圭介 / p173~173
  • Physical&Analytical Chemistry 3級ヒンダードアミンの光安定化作用 / 車田知之
  • 大沢久勇
  • 小田修
  • 藤田岳
  • 戸田粛正
  • 吉岡孝雄 / p173~174
  • Organic Chemistry 5,13-ジ-t-ブチル-8,16-ジメチル[2,2]メタシクロファン-1-エンとジクロロカルベンの反応について / 田代昌士
  • 小林和正
  • 大和武彦
  • 義平国利
  • 河添香代子
  • 佐藤定男
  • 田村千尋 / p174~175
  • Organic Chemistry 2,6-ジオキソ-3,3a,6,6a-テトラヒドロ-2H-フロ[3,2-b]ピロール類の新規な生成 / 又賀駿太郎
  • 上原和子
  • 高橋和文
  • 田代昌士
  • 義平国利
  • 河添香代子
  • 佐藤定男
  • 田村千尋 / p175~175
  • Organic Chemistry 置換5員環類の立体特異的合成 / 小島孝一
  • 雨宮茂雄
  • 末宗洋
  • 酒井浄 / p176~176
  • Organic Chemistry (+)-9(O)-メタノプロスタサイクリンの簡便な合成 / 小島孝一
  • 雨宮茂雄
  • 小山和男
  • 酒井浄 / p176~176
  • Organic Chemistry 6a-カルバプロスタグランジンI₃の合成 / 雨宮茂雄
  • 小島孝一
  • 酒井浄 / p177~177
  • Organic Chemistry 薬物の構造と活性機能相関の現状 / 田村千尋 / p177~177
  • Organic Chemistry コンピューターケミストリーのシステム / 吉本昌文
  • 宮本秀一 / p177~178
  • Organic Chemistry トリハロアリルとトリハロアクリル誘導体の合成と抗かび活性 / 森沢靖弘
  • 片岡満
  • 永堀均
  • 坂本俊明
  • 中田泰雄
  • 小西清
  • 相場武
  • 水野隆夫
  • 大野茂紀
  • 松永秀子
  • 西本孝一 / p178~178
  • Organic Chemistry アセトキシアゼチジノンとトリメチルシリル酢酸チオールエステルとの反応 カルバペネム合成中間体アゼチジノン-チオールエステルの合成法 / 田島和
  • 吉田明
  • 武田憲子
  • 老田貞夫 / p178~179
  • Organic Chemistry ペニシリンからペネム及びカルバペネムへ(第6報)デチアチエナマイシンの合成 / 藤本克巳
  • 岩野雄次
  • 平井功一 / p179~180
  • Biochemical サイロキシン(T₄)の蛍光酵素イムノアッセイ法 / 塚田和弘
  • 佐藤義弘
  • 荒川秀俊
  • 前田昌子
  • 辻章夫 / p180~181
  • Biochemical 血漿過酸化脂質のCytochrome C Heme Peptideを用いたルミネッセンスアッセイ法 / 岩岡貞樹
  • 田畑富美子 / p181~181
  • Biochemical 急激に体積増大した豚の血漿中に内在する,Na⁺,K⁺-ATPase阻害剤としてのリノレイン酸およびオレイン酸の同定 / 田村正明
  • 桑野晴光
  • 木下武
  • 稲上正 / p181~182
  • Biochemical 呼気CO₂中の¹³C/¹²C比に及ぼす代謝エネルギー源の影響 / D.A.Schoeller
  • C.Brown
  • 中村皖一
  • 中川明彦
  • R.S.Mazzeo
  • G.A.Brooks
  • T.F.Budinger / p182~182
  • Biochemical γ-GTP / 中西一夫
  • 湊貞正 / p183~183
  • Microbiological Actinoplanetesの属と種 / 岡崎尚夫
  • 榎田竜三 / p183~183
  • Microbiological 特定微生物の培養計数分離法 (放線菌) / 岡見吉郎
  • 岡崎尚夫 / p184~184
  • Microbiological 海洋微生物の分類・同定法 (放線菌) / 岡崎尚夫
  • 岡見吉郎 / p184~184
  • Microbiological 海洋放線菌の魅力 / 岡崎尚夫 / p185~185
  • Microbiological ETH微生物研究所における最近の話題と第一回EAGに出席して / 岡崎尚夫 / p185~185
  • Microbiological 糸状菌の1菌種Aspergillus nigerの生物活性 / 内藤敦 / p185~186
  • Microbiological 糸状菌類の効果的な分離法とその活用 / 古谷航平 / p186~186
  • Microbiological コリシンE2,E3,D,Ia,Ibに耐性を示す大腸菌K-12のトレランス変異株について:電気化学的プロトン勾配形成における欠損 / 松沢洋
  • 牛山茂
  • 小山芳典
  • 太田隆久 / p187~187
  • Microbiological ラクリス・ラクボン菌(Bacillus coagulans)の血清学的特性 / 小玉健太郎
  • 内藤敦 / p187~188
  • Microbiological グリゼオール酸,サイクリックAMPホスホジエステラーゼの阻害剤(第1報)分類,分離および性質 / 中川文雄
  • 岡崎尚夫
  • 内藤敦
  • 飯島康輝
  • 山崎光郎 / p188~188
  • Microbiological グリゼオール酸,サイクリックAMPホスホジエステラーゼの阻害剤(第2報)グリゼオール酸の構造 / 高橋秀次
  • 中川文雄
  • 河添香代子
  • 古川洋司
  • 佐藤定男
  • 田村千尋
  • 内藤敦 / p188~189
  • Microbiological 耐糖性を有する新しい菓子パン用酵母の検索 / 田中篤治
  • 深津玖允
  • 菅浦敏夫
  • 榎田静雄
  • 寺本進
  • 小玉健太郎
  • 古谷航平
  • 内藤敦 / p189~190
  • Enzymological デキストラナーゼとその利用 / 湊貞正 / p190~190
  • Enzymological 製糖工業におけるデキストラナーゼの応用 / 服部惇
  • 湊貞正 / p191~191
  • Enzymological ペクチナーゼ / 服部惇 / p191~192
  • Enzymological 高等植物におけるβ-(5-Methylisoxazolin-3-on-2-yl)alanineの生合成と生物活性 / 村越勇
  • 池上文雄
  • 西村忠洋
  • 富田和男 / p192~192
  • Enzymological 鶏胚のI型プロコラーゲンN-プロテイネースPro-α1(I)ホモトライマーの切断ならびにプロコラーゲン鎖が3重らせん構造であることの必要性 / 丹沢和比古
  • J.Berger
  • D.J.Prockop / p192~193
  • Enzymological プロコラーゲンN-プロテイネースによるI型プロコラーゲンの二段階切断未切断Proα1(I)鎖を含む中間体について / J.Berger
  • 丹沢和比古
  • D.J.Prockop / p193~194
  • Peptides ヒトレニンに対する短鎖のペプチド性阻害剤 / 松枝礼
  • 矢部裕一郎
  • 古源寛
  • 東田勧
  • 小池博之
  • 飯島康輝
  • 国府達郎
  • 日和田邦男
  • 村上英紀
  • 今村陽一 / p194~195
  • Peptides ヒトレニンに対して強力で,特異的な阻害剤 / 国府達郎
  • 日和田邦男
  • 村上英紀
  • 今村陽一
  • 佐藤譲
  • 岩田猛
  • 松枝礼
  • 矢部裕一郎
  • 小池博之
  • 飯島康輝 / p195~195
  • Peptides ヒトレニンに対して強力で,特異的な阻害剤 / 国府達郎
  • 日和田邦男
  • 村上英紀
  • 今村陽一
  • 松枝礼
  • 矢部裕一郎
  • 小池博之
  • 飯島康輝 / p196~196
  • Peptides 心房性ナトリウム利尿因子(ANF)活性ペプタイドの精製,構造決定,c-DNAのクローニングおよび前駆体の構造決定 / 稲上正
  • 御園国夫
  • 牧正敏
  • 福見宏
  • 高柳良一
  • R.T.Grammer
  • C.Tibbetts
  • K.Pandey
  • 杉山充男
  • 矢部裕一郎
  • 森沢靖弘 / p196~197
  • Peptides ラット心房性ナトリウム利尿因子(ANF)精製と血管拡張作用 / R.T.Grammer
  • 福見宏
  • 稲上正
  • 御園国夫 / p197~197
  • Peptides ラット心房性ナトリウム利尿因子(ANF)アミノ酸配列と生理活性に重要な役割をもつS-S結合 / 御園国夫
  • 福見宏
  • R.T.Grammer
  • 稲上正 / p198~198
  • Peptides ラット心房性ナトリウム利尿因子(ANF)4つのペプタイドの単離,構造と生理活性 / 御園国夫
  • R.T.Grammer
  • 福見宏
  • 稲上正 / p198~199
  • Peptides ラット心房性ナトリウム因子(ANF)の生化学的研究 / 稲上正
  • 御園国夫
  • R.T.Grammer
  • 福見宏
  • 牧正敏
  • 田中一成
  • J.C.McKenzie
  • 高柳良一
  • K.N.Pandey
  • M.Parmentier / p199~200
  • Peptides 中型腫瘍抗原のC末端ペプタイドMet-Leu-Phe-Ile-Leu-Ile-Lys-Arg-Ser-Arg-His-PheのPhospholipase阻害作用について / 野津克忠
  • 波内俊三
  • 服部俊夫
  • 松田啓一
  • 平田扶桑生 / p200~200
  • Immunological タイコブラ毒と抗血清間の間接赤血球凝集反応ならびに逆間接赤血球凝集反応について / 服部善八郎
  • 古川加奈子
  • 佐藤清
  • 沢井芳男 / p201~201
  • Immunological アジュバント多発性関節炎(第8報)II型コラーゲン関節炎とアジュバント関節炎との免疫学的病因の差異 / Yi-Han Chang
  • 飯塚義夫 / p201~202
  • Immunological pH4処理ヒト免疫Globulin静注用製剤(IG-100)の抗体スペクトル / 安田紘
  • 芦葉高
  • 谷井孝光
  • 安食洋子
  • 岩田正之 / p202~202
  • Immunological pH4処理ヒト免疫Globulin静注用製剤(IG-100)のOpsonin効果および補体依存性殺菌能 / 安田紘
  • 矢島努
  • 谷井孝光
  • 芦葉高
  • 岩田正之 / p202~203
  • Immunological ヒト白血球を用いたpH4処理ヒト免疫Globulin静注用製剤(IG-100)のOpsonin効果と化学発光増強効果についての検討 / 芦葉高
  • 安田紘
  • 岩田正之 / p203~204
  • Immunological pH4処理ヒト免疫Globulin静注用製剤(IG-100)の補体結合性と重合体含量との関係 / 岩田正之
  • 勝田光大
  • 下里隆一
  • 安食洋子
  • 海野和夫
  • 中西昭雄
  • 妹尾節哉 / p204~205
  • Immunological pH4処理ヒト免疫Globulin静注用製剤(IG-100)の実験的マウス腹腔内細菌感染症に対する防御効果 / 安田紘
  • 谷井孝光
  • 三沢洋
  • 芦葉高
  • 岩田正之 / p205~205
  • Immunological pH4処理ヒト免疫Globulin静注用製剤(IG-100)のマウス実験的百日咳感染症に対する効果 / 岩田正之
  • 安食洋子 / p205~206
  • Pharmacological pH4処理ヒト免疫Globulin静注用製剤(IG-100)の一般薬理作用 / 小林晋作
  • 上岡利春
  • 岩田宜芳
  • 熊倉清次
  • 岩田正之 / p206~206
  • Pharmacological Bimetopyrolの抗炎症作用 / 飯塚義夫
  • 田中喜一郎 / p207~207
  • Pharmacological メコバラミンの末梢循環障害改善作用 / 鴨志田勝男
  • 内藤裕子
  • 秋山桂子
  • 小林晋作 / p207~207
  • Pharmacological プロスタサイクリン安定誘導体CS-570の実験的DICに対する効果 / 伊藤福美
  • 浅井史敏
  • 木村努
  • 深見征治
  • 小林晋作 / p208~208
  • Pharmacological 代謝的に不活性なパーフルオロ脂肪酸類によるラット肝パーオキシゾームの誘導 / 池田敏彦
  • 相場君江
  • 福田邦昭
  • 田中実 / p208~209
  • Pharmacological 単離脂肪細胞の糖輸送活性に対するカテコールアミンのインスリン作用拮抗 / U.Smith
  • 黒田正夫
  • I.A.Simpson / p209~210
  • Pharmacological 脂肪細胞表面から細胞内へのインスリン受容体のストイキオメトリックな転位--可容化受容体溶液中の界面活性剤の急速除去及び受容体の濃度のための新しい方法を用いた研究 / S.Marshall
  • K.A.Heidenreich
  • 掘越大能 / p210~211
  • Pharmacological 抗不安薬の行動薬理 / 上岡利春 / p211~211
  • Pharmacological CS-684の酢酸潰瘍治癒促進効果 / 小林晋作
  • 森昌弘
  • 島田幸雄
  • 遠藤和夫
  • 岩本光治
  • 森田明
  • 伊藤福美
  • 秋山桂子 / p211~212
  • Pharmacological CS-684の胃粘膜内粘液物質生成促進作用 / 福田邦昭
  • 遠藤和夫
  • 深見征治
  • 牧野光子
  • 小林晋作 / p212~212
  • Pharmacological CS-684のラット酢酸潰瘍モデルにおける胃組織血流に及ぼす影響 / 小池博之
  • 宮本政章
  • 松井研一
  • 浅井史敏
  • 森田明
  • 小林晋作 / p212~213
  • Pharmacological 抗潰瘍薬CS-684の作用機序の研究--胃粘膜プロスタグランディンの生成促進作用について / 牛山茂
  • 松田啓一
  • 浅井史敏
  • 郡山たか子
  • 尾田富一郎
  • 飯島康輝
  • 大西清方
  • 山崎光郎 / p213~213
  • Pharmacological CS-684のラット胃粘膜電位差ならびに酸逆散に及ぼす影響 / 小林晋作
  • 島田幸雄
  • 岩本光治 / p214~214
  • Pharmacological 抗潰瘍薬CS-684の一般薬理作用 / 小林晋作
  • 熊倉清次
  • 上岡利春
  • 岩田正之
  • 小池博之
  • 岩田宜芳
  • 深見征治 / p214~214
  • Metabolism ラットおよびイヌにおけるPlaunotolの吸収,分布,排泄,代謝 / 駒井亨
  • 池田敏彦
  • 河合賢司
  • 半田ちなみ
  • 田中実 / p215~215
  • Metabolism Plaunotol-7-¹⁴Cの酢酸潰瘍ラットにおける胃粘膜ミクロオートラジオグラム / 福田邦昭
  • 深見征治
  • 駒井亨 / p215~216
  • Metabolism 健常人におけるMexazolam経口投与後の生体内動態 / 長沼英夫
  • 山崎泰志
  • 山崎洋子
  • 川原幸則 / p216~216
  • Metabolism ACNUのラット尿中主代謝物の同定 / 西垣隆
  • 中村皖一
  • 木下武
  • 桑野晴光
  • 田中実 / p216~217
  • Metabolism 水溶性ニトロソウレア,ACNUのin vitroでの代謝 / 西垣隆
  • 中村皖一
  • 田中実 / p217~218
  • Metabolism 鯉分離肝細胞を用いた2,6-Diisopropylnaphthaleneの代謝経路に関する研究 / 小島はるみ
  • 田中実
  • 吉田多摩夫 / p218~219
  • Metabolism ラット肝ミクロゾームでの1-ナフトールの代謝における超微弱化学発光の生成について / H.Wefers
  • 駒井亨
  • H.Sies / p219~219
  • Metabolism 病態時の薬理動態(第2報)ラットにおけるフェノバルビタール正向反射消失時の薬物濃度に及ぼす実験的腎障害の影響 / M.Danhof
  • 久岡正史
  • G.Levy / p219~220
  • Metabolism 病態時の薬理動態(第6報)ラットにおけるフェノバルビタール正向反射消失時の薬物濃度に及ぼす実験的糖尿病の影響 / M.Danhof
  • 久岡正史
  • G.Levy / p220~221
  • Metabolism 病態時の薬理動態(第7報)ラットにおけるエタノールの薬理効果に及ぼす実験的腎障害の影響 / 久岡正史
  • M.Danhof
  • G.Levy / p221~222
  • Metabolism 病態時の薬理動態(第9報)ラットにおけるフェノバルビタール正向反射消失時の薬物濃度に及ぼす実験的発熱の影響 / 久岡正史
  • G.Levy / p222~222
  • Metabolism 病態時の薬理動態(第11報)ラットにおけるフェノバルビタールおよびエタノールの薬理効果,薬物動態に及ぼすニコチンの影響 / 久岡正史
  • G.Levy / p222~223
  • Metabolism 病態時の薬理動態(第12報)ラットにおけるフェノバルビタールおよびエタノールの薬理効果に及ぼす実験的肝障害の影響 / M.Danhof
  • 久岡正史
  • G.Levy / p223~224
  • Metabolism Phenobarbitalのラットでの正向反射消失に及ぼす病態(発熱)の影響 / 久岡正史
  • G.Levy / p224~224
  • Metabolism 7-Fluorobenzo-2-oxa-1,3-diazole-4-sulphonate(SBD-F)標識によるイヌ血中総カプトプリルのHPLCによる定量 / 豊岡利正
  • 今井一洋
  • 川原幸則 / p225~225
  • Metabolism ジギトキシン / 森岡正 / p225~225
  • Metabolism ジゴキシン / 森岡正 / p226~226
  • Metabolism メシル酸ジヒドロエルゴタミン / 高萩英邦 / p226~226
  • Metabolism 塩酸ブクモロール / 林了三 / p226~227
  • Metabolism カプトプリル / 駒井亨 / p227~227
  • Metabolism ピンドロール / 田中頼久 / p227~227
  • Metabolism メシル酸ジヒドロエルゴトキシン / 高萩英邦 / p228~228
  • Metabolism メチルドーパ / 池田敏彦 / p228~228
  • Pharmaceutical 難吸収性薬物のバイオアベイラビリティの改善(第1報)ラットにおけるセフメタゾールナトリウムの直腸吸収に対する中鎖脂肪酸グリセライドの影響 / 関根實
  • 笹原邦宏
  • 小島敏昌
  • 長谷川主計
  • 岡田隆三
  • 粟津荘司 / p228~229
  • Pharmaceutical 難吸収性薬物のバイオアベイラビリティの改善(第2報)ラット,イヌにおけるセフメタゾールナトリウムの腸管吸収に対する中鎖脂肪酸グリセライドの影響 / 関根實
  • 寺島秀成
  • 笹原邦宏
  • 西村憲治
  • 岡田隆三
  • 粟津荘司 / p229~230
  • Pharmaceutical 難吸収性薬物のバイオアベイラビリティの改善(第3報)中鎖脂肪酸グリセライドの経口急性毒性と局所刺激 / 関根實
  • 前田恵美子
  • 笹原邦宏
  • 岡田隆三
  • 木村邦男
  • 深見征治
  • 粟津荘司 / p230~231
  • Pharmaceutical 難吸収性薬物のバイオアベイラビリティの改善(第4報)水溶性薬物の直腸吸収における中鎖脂肪酸グリセライドの吸収促進効果のメカニズム / 関根實
  • 笹原邦宏
  • 岡田隆三
  • 粟津荘司 / p231~231
  • Pharmaceutical 難吸収性薬物のバイオアベイラビリティの改善(第5報)ラット,イヌにおける中鎖脂肪酸グリセライドのβ-ラクタム抗生剤直腸吸収促進効果に及ぼす界面活性剤の影響 / 関根實
  • 笹原邦宏
  • 長谷川主計
  • 岡田隆三
  • 粟津荘司 / p231~232
  • Pharmaceutical 中鎖脂肪酸グリセライドによる難吸収性薬物のバイオアベイラビリティの改善ウサギにおけるセフメタゾールナトリウムの直腸吸収促進 / 関根實
  • 笹原邦宏
  • 小島敏昌
  • 長谷川主計
  • 岡田隆三 / p232~232
  • Pharmaceutical モルモットにおける経腟膜薬物投与(第1報)ビダラビンの腟膜透過性におよぼす発情サイクルの影響 / M.J.Durrani
  • 草井章
  • N.F.H.Ho
  • J.L.Fox
  • W.I.Higuchi / p233~233
  • Pharmaceutical アルコール中におけるカルボコンの安定性(第1報)アルコール中における2,5-ビス(1-アジリジニル)-1,4-ベンゾキノンの分解動力学と分解機構 / 草井章
  • 田中誠二
  • 上田省吾 / p233~234
  • Pharmaceutical 容器の滅菌,消毒と管理 / 三浦秀雄 / p234~234
  • Pharmaceutical 最近の医薬品包装の動向 / 三浦秀雄 / p235~235
  • Agrochemical クロロメチルビニルシクロプロパンカルボン酸誘導体の合成 / 村松重基
  • 中田泰雄
  • 井手純也 / p235~235
  • Agrochemical Pythium属菌によるイネ苗立枯病に関する研究(1)出芽前後の苗立枯病の発生に関与するPythium属菌 / 加藤重博
  • 中西逸朗
  • 高日幸義
  • 中神和人 / p236~236
  • Agrochemical Pythium属菌によるイネ苗立枯病に関する研究(2)育苗中・後期の苗立枯病の発生に関与するPythium属菌 / 加藤重博
  • 中西逸朗
  • 高日幸義
  • 中神和人
  • 小川正巳 / p236~237
  • Agrochemical ヨモギにおける生長相関現象 / 北岡政弘
  • 植木邦和 / p237~237
  • 学会口演 / / p238~245

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 三共研究所年報
著作者等 三共株式会社
三共株式会社研究所
書名ヨミ サンキョウ ケンキュウジョ ネンポウ
書名別名 Sankyo Kenkyusho nenpo

Annual report of Sankyo Research Laboratories
巻冊次 37
出版元 三共研究開発統轄
刊行年月 1985-12
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 1341741X
NCID AN0009867X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想