三共研究所年報  35

三共株式会社研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 17) 1965.12~(通号: 34) 1982.12 ; 55 2003~58 2006;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;15巻 (昭和38年12月)-v. 58 (2006);以後廃刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 高分子用光安定剤の開発研究 / 戸田粛正
  • 車田知之 / p1~37
  • 原報 3-Trifluoromethyl-および3-[2-(1-Methyl-1H-tetrazol-5-yl)vinyl]-7β-[2-(2-aminothiazol-4-yl)-2-methoxyiminoacetamido]-3-cephem-4-carboxylic Acidsの合成 / 橋本俊彦
  • 渡辺泰一郎
  • 宮寺哲男 / p38~44
  • 原報 トリアゾロピリジンアミド:βラクタム系抗生物質における新しいアミド型保護基 / 斉藤彰夫
  • 清水文治 / p45~51
  • 原報 セフェムからペナムへの新しい環変換反応 / 斉藤彰夫
  • 清水文治 / p52~58
  • 原報 イオンクロマトグラフィーによる有機化合物中のナトリウムおよびカリウムの微量定量 / 長島潜
  • 窪山和男
  • 小野菊繁 / p59~64
  • 原報 フルオレサミンによる血漿中ニトラゼパムの蛍光定量 / 川原幸則
  • 山崎泰志 / p65~70
  • 原報 Milbemycin Dのマウスおよびラットにおける急性毒性ならびにラットにおける経口投与亜急性毒性試験 / 松沼尚史
  • 平野光一
  • 木村邦男
  • 宮腰昶宏
  • 山下和男
  • 増田裕 / p71~97
  • 原報 安全性試験データ処理システム / 土田秋雄
  • 田中征義
  • 輿石平三
  • 若林勝三
  • 本村邦男
  • 松本啓由
  • 増田裕 / p98~113
  • 抄録 / / p114~189
  • Physical Organic Chemistry 電子供与基をもつビフェニレン誘導体の臭素化ベンゾシクロオクテン誘導体の選択的合成 / 木所広人
  • 斉藤裕子
  • 佐藤勝
  • 海老根誠治
  • 佐藤定男
  • 畠忠
  • 田村千尋 / p114~114
  • Physical Organic Chemistry 塩基存在下でのα-アセチルシクロペンタノンとクロラールとの反応生成物の構造の再検討 / 坪井貞夫
  • 有沢克二
  • 武田晃
  • 佐藤定男
  • 田村千尋 / p115~115
  • Physical Organic Chemistry ベンゾジアゼピノオキサゾール誘導体の酸塩基平衡反応 / 永井恒司
  • 池田勝 / p115~116
  • Physical Organic Chemistry クロトンサブリラータス由来の新規フラノジテルペンプラウノライドの結晶構造 / 春山英幸
  • 畠忠
  • 小木曽彰
  • 田村千尋
  • 北沢栄一 / p116~116
  • Physical Organic Chemistry 核酸塩基Queuineのマススペクトロメトリー / S.K. Sethi
  • J.R. Katze
  • L. Brizgys
  • C.S. Cheng
  • 木下武
  • D.L. Smith
  • C.T. Yu
  • J.A. McCloskey / p117~117
  • Organic Chemistry アキラルな合成条件下での光学活性物質の生成 / 岡田泰
  • 竹林絜矩
  • 橋本光紀
  • 春日成暉
  • 佐藤定男
  • 田村千尋 / p118~118
  • Organic Chemistry 分子内相互作用による反応制御 フラン誘導体とα,β-不飽和アミドの分子内Diels-Alder反応 / 竹林絜矩
  • 岩澤伸治
  • 向山光昭 / p118~119
  • Organic Chemistry 金属塩の分子内配位を利用するα,β-不飽和アミドの立体選択的分子内Diels-Alder反応 / 竹林絜矩
  • 岩澤伸治
  • 向山光昭
  • 畠忠 / p119~119
  • Organic Chemistry 4-アシル-5-メチル-4-イソキサゾリソ-3オン類の簡便な合成 / 水貝宗治
  • 佐藤一雄
  • 上田隆之
  • 片岡久美子
  • 富田和男 / p120~120
  • Organic Chemistry ピリミジニルメチレンホスホラン類を用いるホモ-C-ヌクレオシド類の合成 / 片桐信弥
  • 高島健一
  • 加藤哲三
  • 佐藤定男
  • 田村千尋 / p120~121
  • Organic Chemistry 3-デアザウリジンを出発物質とするジアザフェノキサチンヌクレオシド類の合成研究 / 金子正勝
  • 木村美佐子
  • 室伏良信
  • M.J. Robins / p122~123
  • Organic Chemistry 生理活性ペプチド / 松枝礼 / p123~124
  • Natural Products Croton sublyratusより得たフラノイドジテルペンplaunolideの構造 / 高橋秀次
  • 倉林正明
  • 北沢栄一
  • 春山英幸
  • 小木曽彰 / p124~124
  • Natural Products ブラヤゾンから得られたグラミン誘導体アルカロイドの構造 / 佐藤藹也
  • W. Fenical / p125~125
  • Natural Products ケシの組織培養とモルヒネ系アルカロイドの生産 / 上村昭二 / p126~126
  • Natural Products 制癌性多糖類に関する研究(第5報)ツガサルノコシカケ子実体の水溶性グルカゴンの化学構造と抗腫瘍活性 / 水野卓
  • 岩崎吉雄
  • 佐藤斉
  • 碓氷泰市
  • 新海健吉
  • 荒川順生
  • 田中基裕 / p126~127
  • Natural Products 制癌剤多糖類に関する研究(第6報)コフキサルノコシカケ培養菌子体からの抗腫瘍性β-D-グルカンの分離とその化学構造特性 / 水野卓
  • 牛山正志
  • 碓氷泰市
  • 荒川順生
  • 新海健吉
  • 清水雅子 / p127~128
  • Natural Products コフキサルノコシカケ子実体の抗腫瘍性β-D-グルカンの分離とその化学構造特性 / 碓氷泰市
  • 岩崎吉雄
  • 水野卓
  • 田中基裕
  • 新海健吉
  • 荒川順生 / p128~129
  • Antibiotics (2R,3R)-および(2S,3R)-N-2,4-ジメトキシベンジル-N-ビス(エトキシカルボニル)メチル-2-プロム-3-ヒドロキシブチルアミドの塩基による環化反応 / 汐崎正生
  • 石田登
  • 丸山洋
  • 平岡哲夫 / p129~130
  • Antibiotics D-アロスレオニンおよびトランス-クロトン酸よりキラルな,またはラセミ体のチエナマイシン鍵中間体の立体制御合成 / 汐崎正生
  • 石田登
  • 丸山洋
  • 平岡哲夫 / p130~130
  • Antibiotics (±)-チエナマイシンの立体制御による全合成 / 汐崎正生
  • 平岡哲夫 / p131~131
  • Antibiotics トランスクロトン酸よりペネム類,カルバペネム類ラセミ中間体の立体特異的合成 / 汐崎正生
  • 石田登
  • 丸山洋
  • 平岡哲夫 / p132~132
  • Antibiotics L-スレオニンから光学活性アゼチジン-2-オン類の合成 / 柳沢宏明
  • 安東秋子
  • 汐崎正生
  • 平岡哲夫 / p132~132
  • Antibiotics 亜リン酸トリアルキルを用いるオキサルイミドの還元的環化反応によるペネムの新規合成法 / 吉田明
  • 林輝雄
  • 武田憲子
  • 老田貞夫
  • 大木英二 / p133~133
  • Antibiotics ペニシリンからペネム,カルバペネムへ(第4報)2-オキソカルバペネム誘導体の合成 / 平井功一
  • 岩野雄次
  • 藤本克已 / p134~134
  • Antibiotics 新規カルバペネムRS-533の合成とin vitro抗菌活性 / 宮寺哲男
  • 杉村征夫
  • 橋本俊彦
  • 田中輝夫
  • 飯野公夫
  • 柴田智之
  • 菅原眞一 / p135~135
  • Antibiotics ペネム化合物の合成と抗菌活性 / 宮寺哲男 / p136~136
  • Antibiotics ハービサイジンの改訂構造 / 寺原昭
  • 羽石達生
  • 新井守
  • 畠忠
  • 桑野晴光
  • 田村千尋 / p136~136
  • Antibiotics フォリポマイシンの構造 / 高橋秀次
  • 芹田佳代子
  • 新井守
  • 瀬戸治男
  • 降旗一夫
  • 大岳望 / p136~137
  • Antibiotics 新規抗真菌抗生物質レプトマイシンA,B(第1報)生産菌の分類およびその培養,精製と性状 / 浜本哲夫
  • 郡司誉道
  • 辻博昭
  • 別府輝彦 / p137~138
  • Antibiotics フォスファジノマイシンAおよびBの構造 / 荻田健
  • 郡司誉道
  • 深沢由美
  • 寺原昭
  • 木下武
  • 名垣秀実
  • 別府輝彦 / p138~138
  • Antibiotics アキュレクシマイシン,Streptosporangium albidumの生産する新規抗生物質(その1)生産菌および培養 / 池本孝哉
  • 松永秀子
  • 小西清
  • 岡崎尚夫
  • 榎田竜三
  • 鳥潟顕雄 / p138~139
  • Antibiotics アキュレクシマイシン,Streptosporangium albidumの生産する新規抗生物質(その2)単離および理化学的・生物学的性状 / 池本孝哉
  • 片山敏昭
  • 白石明郎
  • 羽石達生 / p139~139
  • Antibiotics オキシラペンチンの単離と構造 / 高橋秀次
  • 伊藤泰博
  • 竹内道子
  • 古谷航平
  • 小玉健太郎
  • 内藤敦
  • 羽石達生
  • 佐藤定男
  • 田村千尋 / p140~140
  • Antibiotics 新抗生物質イソヘマチン酸(第1報)生産菌の分類,培養および単離 / 竹内道子
  • 伊藤泰博
  • 榎田竜三
  • 鳥潟顕雄
  • 岩藤誠吾
  • 羽石達生 / p140~141
  • Antibiotics 新抗生物質イソヘマチン酸(第2報)理化学的性質,構造および生物活性 / 伊藤泰博
  • 竹内道子
  • 清水慶子
  • 高橋秀次
  • 寺原昭
  • 羽石達生 / p141~141
  • Antibiotics マイコプラネシン,Actinoplanes awajinensis subsp. mycoplanecinusの生産する新規抗結核性抗生物質(その1)生産菌の分類および培養 / 鳥潟顕雄
  • 榎田竜三
  • 岡崎尚夫
  • 中島睦男
  • 岩藤誠吾
  • 羽石達生
  • 新井守 / p142~142
  • Antibiotics マイコプラネシン,Actinoplanes awajinensis subsp. mycoplanecinusの生産する新規抗結核性抗生物質(その2)マイコプラネシンAの単離,理化学的性質および生物活性 / 中島睦男
  • 鳥潟顕雄
  • 市川芳和
  • 片山敏昭
  • 白石明郎
  • 羽石達生
  • 新井守 / p142~143
  • Antibiotics マイコプラネシン,Actinoplanes awajinensis subsp. mycoplanecinusの生産する新規抗結核性抗生物質(その3)マイコプラネシンAの構造決定 / 中島睦男
  • 鳥潟顕雄
  • 玉沖英恒
  • 羽石達生
  • 新井守
  • 木下武
  • 桑野晴光 / p143~144
  • Antibiotics 新抗生物質ミルベマイシン 生産菌およびその変異株 / 岡崎尚夫
  • 小野道久
  • 青木篤
  • 福田力也 / p144~145
  • Antibiotics 新マクロライド抗生物質ミルベマイシン ミルベマイシンD,E,F,GおよびHの醗酵生産,単離,物理化学的性状 / 滝口洋
  • 小野道久
  • 村松重基
  • 井手純也
  • 三島洋
  • 寺尾道也 / p145~145
  • Antibiotics 新マクロライド抗生物質ミルベマイシン ミルベマイシンJおよびKの醗酵生産,単離,物理化学的性状および微生物変換 / 小野道久
  • 三島洋
  • 滝口洋
  • 寺尾道也 / p145~146
  • Antibiotics 新マクロライド抗生物質ミルベマイシン ミルベマイシンD,E,F,G,H,JおよびKの構造決定 / 三島洋
  • 井手純也
  • 村松重基
  • 小野道久 / p146~147
  • Antibiotics 新マクロライド抗生物質ミルベマイシン ¹³C標識化合物を用いたミルベマイシンα₂,α₄およびDの生合成研究 / 小野道久
  • 三島洋
  • 滝口洋
  • 寺尾道也
  • 小林久芳
  • 岩崎武夫
  • 奥田重信 / p147~147
  • Antibiotics ペンタレノラクトンの生合成研究(第5報)デオキシペンタレニルグルクロンの単離 / 高橋秀次
  • 竹内道子
  • 新井守
  • 瀬戸治男
  • 大岳望 / p148~148
  • Microbiology チェラビンA,B,Cの構造 カビの作るプロスタグランジン生合成阻害物質 / 北原伸章
  • 春山英幸
  • 畠忠
  • 高橋秀次 / p148~149
  • Microbiology ML-236B(コンパクチン)とモナコリンK(MB-530B)の微生物による水酸化 / 芹澤伸記
  • 中川恵子
  • 浜野潔
  • 辻田代史雄
  • 寺原昭
  • 桑野晴光 / p149~150
  • Microbiology ML-236B(コンパクチン)の微生物変換物質,3α-ハイドロキシ-ML-236Bについて / 芹澤伸記
  • 中川恵子
  • 辻田代史雄
  • 寺原昭
  • 桑野晴光 / p150~151
  • Microbiology ML-236B(コンパクチン)の微生物による水酸化ML-236Bの3β-水酸化能を有する微生物に関する研究 / 芹澤伸記
  • 芹澤摂
  • 中川恵子
  • 古谷航平
  • 岡崎尚夫
  • 寺原昭 / p151~151
  • Microbiology ML-236Bを水酸化する能力を有する放線菌の分類 / 岡崎尚夫
  • 芹澤伸記
  • 榎田竜三
  • 鳥潟顕雄
  • 寺原昭 / p151~152
  • Microbiology ML-236B(コンパクチン)の微生物変換物質,6α-ハイドロキシ-イソ-ML-236BとML-236Aについて / 芹澤伸記
  • 中川恵子
  • 辻田代史雄
  • 寺原昭
  • 桑野晴光
  • 田中実 / p152~152
  • Microbiology 大腸菌外膜リポ蛋白遺伝子の欠損変異株のグロボマイシンによる優先的選択 / L.J. Zwilebel
  • 犬飼正俊
  • K. Nakamura
  • M. Inouye / p153~153
  • Microbiology 大腸菌変異株における外膜リポ蛋白の温度感受性プロセシング / H. Yamagata
  • C. Ippolito
  • 犬飼正俊
  • M. Inouye / p153~153
  • Microbiology グロボマイシン存在下に蓄積したプロリポ蛋白の大腸菌外膜との結合 / 犬飼正俊
  • M. Inouye / p154~154
  • Microbiology 主要リポ蛋白に8アミノ酸残基の挿入の大腸菌外膜への会合成への影響 / 犬飼正俊
  • Y. Masui
  • G.P. Vlasuk
  • M. Inouye / p154~155
  • Biochemical Genetics 構造類似性を有する2種のチトクロームP-450メッセンジャーRNAの3-メチルコランスレンおよびイソサフロールによる誘導 / 池田敏彦
  • M. Altieri
  • 中村通利
  • D.W. Nebert
  • 根岸正彦 / p155~156
  • Biochemical Genetics チトクロームP₂-450(20S)メッセンジャーRNAの特長 ゲノム中のチトクロームP₁-450遺伝子との関連ならびに3-メチルコランスレンおよびイソサフロールに対する応答 / 池田敏彦
  • M. Altieri
  • Yuang-Tsong Chen
  • 中村通利
  • R.H. Tukey
  • D.W. Nebert
  • 根岸正彦 / p156~157
  • Biochemical Genetics マウスゲノム中のチトクロムP₁-450遺伝子の構造 / 中村通利
  • 根岸正彦
  • M. Altieri
  • Yuang-Tsong Chen
  • 池田敏彦
  • R.H. Tukey
  • D.W. Nebert / p157~158
  • Biochemical Genetics チトクロームP₁-450遺伝子と多環芳香炭化水素による発現機構 / 根岸正彦
  • 中村通利
  • 池田敏彦
  • 大山徹
  • D.W. Nebert / p158~158
  • Biochemical Genetics 微生物の種間プロトプラスト融合とその問題点 / 佐々木孝 / p158~159
  • Enzymes Bacteroides属のβ-Lactamaseについて / 田島政三
  • 沢赫代
  • 渡辺邦友
  • 上野一恵 / p159~159
  • Enzymes Morganella morganiiのβ-ラクタマーゼ加水分解作用に対する安定性およびペニシリン結合蛋白質に対する結合性に及ぼすセフェム系化合物の7α-置換基の影響 / 大屋哲
  • 山崎光郎
  • 菅原眞一 / p160~160
  • Enzymes リボヌクレアーゼT₁の構造と機能におけるトリプトファン残基の役割 / 福永康継
  • 玉沖英恒
  • 崎山文夫
  • 成田耕造 / p160~161
  • Enzymes デキストラナーゼ / 湊貞正 / p161~161
  • Enzymes 齲蝕原性細菌の産生する菌体外多糖類のDextranase(Chaetomium gracile由来)による分解 / 服部惇
  • 石橋慶次郎
  • 湊貞正 / p162~162
  • Pharmacology SHRにおけるカプトプリルと利尿剤の併用降圧効果 / 宮本政章
  • 小池博之
  • 西野弘四 / p162~163
  • Pharmacology SHRにカプトプリルを長期投与した際の大動脈プロリン水酸化酵素活性について / 大島武史
  • 松下洋一
  • 宮本政章
  • 小池博之 / p163~163
  • Pharmacology タイ産薬用植物より得られた新非環性ジテルペンアルコール(E,Z,E)-7-hydroxymethyl-3,11,15-trimethyl-2,6,10,14-hexadecatetraen-1-ol(CS-684)の実験的胃および十二指腸潰瘍に対する効果 / 小林晋作
  • 石橋智恵子
  • 森田明
  • 増田裕
  • 小木曽彰 / p163~164
  • Pharmacology 新抗炎症薬CS-600の研究(第2報)CS-600および活性代謝物の薬効ならびに胃腸障害作用 / 山口武
  • 小島高義
  • 小林和
  • 遠藤陽子
  • 三沢由美子
  • 中島栄一
  • 三坂英一
  • 田中喜一郎 / p164~164
  • Pharmacology 新抗炎症薬CS-600の研究(第3報)立体特異的代謝およびケトン還元酵素 / 田中頼久
  • 西川優子
  • 管野修治
  • 松田啓一
  • 山崎光郎
  • 寺田敦祐
  • 林了三 / p165~165
  • Pharmacology 非ステロイド抗炎症剤をラットに投与した時の尿中PGE₂ PGF₂αの低下--抗炎症活性との関連性 / 松田啓一
  • 大西清方
  • 三坂英一
  • 山崎光郎 / p165~166
  • Pharmacology GABA骨格を有するcis-デカヒドロキノリン-5-カルボン酸のマウス脳室内投与による作用について / Y.K. Fung
  • C. Bero
  • D. Dircks
  • 富田邦之
  • R.J. Patch
  • D.T. Witiak / p166~167
  • Pharmacology 3種のモノヨードインスリンイソマーを用いたインスリン受容体結合特性の解析と肝インスリン受容体の特異性 / 掘越大能
  • D.A. Podlecki
  • B.H. Frank
  • M. Kao
  • G. Freidenberg
  • S. Marshall
  • T. Ciaraldi
  • J.M. Olefsky / p167~168
  • Toxicology 麻酔犬におけるパリトキシンの循環機能毒性 / 伊藤勝昭
  • 浦川紀元
  • 小池博之 / p168~168
  • Toxicology マウスPCAによるセファロチン製剤中ポリマーの検出とその特性 / 岩田正之
  • 常盤弘
  • 松橋直 / p168~169
  • Toxicology Bis(Methylmercuric)Selenide静注後のマウス脳内の水銀の分布 / 永沼章
  • 中島栄一
  • 繁原英治
  • 田中実
  • 井村伸正 / p169~169
  • Pathology 人為的高齢妊娠 / 掘越大能 / p170~170
  • Pathology アジュバント関節炎(第7報)病因におけるII型コラーゲンの役割 / 飯塚義夫
  • Yi-Han Chang / p170~171
  • Pathology 遺伝性無カタラーゼ血液症ビーグル犬 / 棚瀬久雄 / p171~171
  • Pathology ラットの心血管肥大に関与する遺伝因子の分析 / 棚瀬久雄
  • 家森幸雄
  • C.T. Hansen
  • W. Lovenberg / p171~172
  • Pathology 心肥大ラットにおける血管DNA・RNA量 / 棚瀬久雄
  • 家森幸男
  • C.T. Hansen
  • W. Lovenberg / p172~173
  • Pharmacodynamics 安定同位元素の複数,同時標識トレーサーを用いる分析技術 / D.L. Hachey
  • 中村皖一
  • M.J. Kreek
  • P.D. Klein / p173~173
  • Pharmacodynamics ¹³C-呼気テストデータのコンパートモデルによる解析 / C.S. Irving
  • D.A. Schoeller
  • 中村皖一
  • P.D. Klein / p174~174
  • Pharmacodynamics 肝機能測定としてのアミノピリン呼気テスト / C.S. Irving
  • D.A. Schoeller
  • 中村皖一
  • A.L. Baker
  • P.D. Klein / p174~174
  • Pharmacodynamics ヒト毛髪および食品中の炭素同位元素存在比における地域差 / 中村皖一
  • D.A. Schoeller
  • F.J. Winkler
  • H.-L. Schmidt / p175~175
  • Pharmacodynamics フルフェナム酸(カプセル)の生体内利用性と,溶出挙動 / 鹿庭なほ子
  • 緒方宏泰
  • 江島昭
  • 笹原邦宏
  • 中島栄一
  • 森岡正
  • 似内貴 / p175~176
  • Pharmacodynamics 非界面活性助剤を用いるセフメタゾールおよびセフォキシチンのラット腸管吸収の促進 / 西畑利明
  • 高萩英邦
  • T. Higuchi / p176~176
  • Pharmaceutics カルボコンを封入したリポゾーム(第1報)調製法およびカルボコンの放出 / 塚田和弘
  • 岡田隆三
  • 久岡正史
  • 森岡正 / p176~177
  • Pharmaceutics 医薬品用リン酸緩衝液製剤の物理化学的安定性(第4報)非経口リン酸溶液における沈殿の防止 / 長谷川主計
  • 端邦雄
  • 岡田隆三 / p177~177
  • Pharmaceutics 医薬品用リン酸緩衝液製剤の物理化学的安定性(第5報)リン酸緩衝液における沈殿挙動 / 長谷川主計
  • 端邦雄
  • 岡田隆三 / p178~178
  • Pharmaceutics 固形医薬品の安定性とシェルフライフ予測に関する研究(第1報)温湿度による自然経時環境の地域分類 / 三浦秀雄
  • 篠崎修
  • 丸尾健一
  • 田中征義
  • 林直一 / p178~179
  • Pharmaceutics 固形医薬品の安定性とシェルフライフ予測に関する研究(第2報)温湿度微気象モデルについて / 篠崎修
  • 三浦秀雄
  • 林直一 / p179~179
  • Pharmaceutics 固形医薬品の安定性とシェルフライフ予測に関する研究(第3報)固形医薬品吸湿性の簡易測定法 / 渡辺吉明
  • 篠崎修
  • 三浦秀雄
  • 池上佳彦
  • 林直一 / p180~180
  • Pharmaceutics 医薬用ワンポイントイージカットアンプルの品質評価 / 高田清則
  • 三浦秀雄 / p180~180
  • Veterinary Isospora felisとI.ohioensisの人工脱シスト試験 / 遠山俊光
  • 角田清
  • 藤田潯吉 / p181~181
  • Veterinary Eimeria tenellaの脱シストにおける胆汁酸塩の影響 / 遠山俊光
  • 北野訓敏 / p181~181
  • Agrochemicals ミツバチのカビ病,チョークブルード病 / 古谷航平 / p182~182
  • Agrochemicals メチルカルバメート殺虫剤の糖,グリセリルおよびピリジルアルコキシスルフィニル誘導体 / 城島輝臣
  • M.A.H. Fahmy
  • T.R. Fukuto / p182~183
  • Agrochemicals クロロメチルビニルピレスロイド / 井手純也
  • 中田泰雄
  • 遠藤六郎
  • 村松重基
  • 小西清司
  • 水野隆夫
  • 大野茂紀
  • 山崎義雄
  • 遠藤英次
  • 藤田勝大
  • 辻英明 / p183~184
  • Agrochemicals Pythium aphanidermatumに対するヒメキサゾールの作用機構 / 中西逸朗
  • H.D. Sisler / p184~184
  • Agrochemicals 除草性ピラゾール誘導体の構造活性相関 / 松井孝司
  • 此常卓男
  • 川久保克彦
  • 石田三雄 / p185~185
  • Agrochemicals トリアジノンによるトウモロコシ根の生長促進作用 / 小川正巳
  • P.E. Pilet / p185~186
  • Agrochemicals 根の生長および重力屈性におよぼすトリアジノンの影響 / 小川正巳
  • P.E. Pilet / p186~186
  • Agrochemicals Binapacrylの懸濁製剤化とその物理的安定性 / 藤本昌彦
  • 中村利家
  • 村岡悦子 / p186~187
  • Agrochemicals 懸濁剤中のBinapacryl粒子成長への不純物の影響 / 藤本昌彦
  • 中村利家
  • 村岡悦子 / p187~187
  • Agrochemicals 懸濁剤中のBinapacrylの粒子成長機構 / 藤本昌彦
  • 中村利家
  • 村岡悦子 / p188~188
  • Agrochemicals アリザリンのアルミニウム錯体による懸濁剤中のBinapacrylの粒子成長抑制 / 藤本昌彦
  • 村岡悦子 / p188~189
  • 学会口演 / / p190~197

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 三共研究所年報
著作者等 三共株式会社
三共株式会社研究所
書名ヨミ サンキョウ ケンキュウジョ ネンポウ
書名別名 Sankyo Kenkyusho nenpo

Annual report of Sankyo Research Laboratories
巻冊次 35
出版元 三共研究開発統轄
刊行年月 1983-12
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 1341741X
NCID AN0009867X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想