Brain and nerve  37(8)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 記憶の神経心理学 / 浜中淑彦 / p727~752
  • 破裂脳動脈瘤に合併した硝子体出血8例の検討 Terson症候群 / 増山祥二・他 / p753~758
  • MCI-2016〔4-(o-benzylphenoxy)-N-methylbutylamine hydrochloride,bifemelane hydrochloride〕の脳波覚醒作用 / 江川三生・他 / p759~765
  • 臨床的にハンチントン舞踏病と診断されたdentatorubropallidoluysian atrophy(DRPLA)の1剖検例 / 中野隆雄・他 / p767~774
  • 頑痛患者における髄液中β-endorphinおよびmonoamine代謝産物 とくに中枢神経系の電気刺激前後における濃度変動について / 難波真平・他 / p775~783
  • フェノバルビタール投与時のネコ誘発電位の変化 / 高家幹夫・他 / p785~790
  • 失語症の改善について(第1報) / 北條敬・他 / p791~797
  • 神経線維腫にみられるtactile-like corpusclesの免疫組織化学ならびに電顕的検討 / 渡部和彦 / p799~807
  • 中大脳動脈閉塞ラットの局所脳血流量におよぼすステロイドの影響 / 井沢正博・他 / p809~813
  • ヒト延髄孤束核の亜核subnucleus gelatinosusはcateoholaminergic nucleusである 免疫組織化学的および電顕的研究 / 高橋均 / p815~824
  • 先天異常モニタリング 奇形は増しているか? / 近藤喜代太郎 / p826~827
  • 海外文献抄録 / 大友英一 / p828~829
  • 症候学メモ(8)頰をふくらませる / 平山惠造 / p824~824
  • 書評 亀山正邦・亀田治男・高久史麿・阿部令彦総編集「今日の診断指針」 / 阿部正和 / p766~766
  • 書評 大村裕・島津浩,伊藤正男編集「脳の構造と機能」 / 大谷克己 / p784~784
  • 第24回日本定位脳手術研究会/第44回日本脳神経外科学会総会/第6回ペンフィールド記念懇話会 / / p765~765
  • XIIth International Symposium of the Fulton Society"Brain Mechanisms of Emotion" / / p774~774
  • The International Congress on Complementary Medicine / / p783~783
  • 投稿規定 / / p830~830
  • 次号予告 / / p797~797
  • 編集後記 / 生田房弘 / p831~831

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 37(8)
出版元 医学書院
刊行年月 1985-08
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想