臨床眼科  32(2)

国立国会図書館雑誌記事索引 4(1):1950.1-37(11):1983.11 ; 55(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;基本標題: 2巻2号~17巻12号 (昭23.5~38.12) 臨牀眼科

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 図譜 視力の良好な朝顔症候群の1例 / 浜田幸子・他 / p196~
  • 網膜色素変性症の遺伝と臨床 / 大庭 紀雄 / p199~207<1930836>
  • 特集 第31回日本臨床眼科学会講演集(その2) / / p209~317<1930818>
  • 白内障術後嚢胞状黄斑部浮腫の実態-1- / 山元 力雄 / p209~215<1930819>
  • 水晶体摘出後の嚢腫状黄斑部浮腫発生に対するProstaglandinsの関与性-3- / 坂村 静子
  • 三浦 花
  • 三宅 謙作 / p217~222<1930820>
  • 特発性網膜前黄斑部線維症における大視症の臨床的意義 / 吉岡 久春
  • 上原 真幸 / p223~231<1930821>
  • Triangle症候群と黄斑部病変--とくに漿液性中心性脈絡膜症との関連において / 佐藤 圭子
  • 佐藤 孝夫
  • 三木 徳彦 / p235~241<1930822>
  • アルゴンレ-サ-光凝固による後極部疾患の治療-2-血管病変(新生血管の凝固) / 天野 清範 / p243~249<1930823>
  • 毛様網膜動脈閉塞を伴う網膜中心静脈閉塞症の1例 / 高橋 洋司 / p253~259<1930824>
  • 血液凝固系から網膜循環障害へのアプロ-チ-2-特に糖尿病性網膜症のretinal ischemiaと血小板凝集能,過酸化脂質 / 大塚 裕 / p261~269<1930825>
  • 病的近視の後極部眼底病変 / 林 一彦 / p271~284<1930826>
  • 眼トキソプラズマ症患者の妊娠対策 / 鬼木 信乃夫 / p285~292<1930827>
  • ベ-チェット病における免疫増強療法 / 大野 重昭 / p293~300<1930828>
  • Bechet病の抗凝固療法について / 安藤 文隆 / p301~307<1930829>
  • 眼サルコイド-シスの網膜血管変化について--走行異常および血管瘤形成 / 池間 昌陸 / p308~310<1930830>
  • ベ-チェット病の病変経過の免疫学的検索--主にT細胞の機能について / 橘川 真弓 / p311~317<1930831>
  • 追悼 中泉行正先生を悼む / 須田経宇 / p353~353
  • 追悼 中泉行正先生を偲んで / 桐沢長徳 / p354~354
  • 追悼 中泉行正先生御逝去を悼む / 田中強 / p355~355
  • 追悼 中泉行正先生を偲んで / 三島済一 / p356~356
  • Iris medallion lens挿入後にみられた角膜内皮ジストロフィ-の1例 / 西 興史 / p327~331<1930833>
  • 持続性ステロイドの後部テノン嚢下注射によるブドウ膜炎の治療法の検討 / 松田 英彦
  • 大口 正樹
  • 大野 重昭 / p332~336<1930832>
  • Kearns-Sayre症候群の1例 / 市田 忠栄子
  • 平岡 満里 / p337~340<1930834>
  • 国際眼科学会に向けて メイン・レポーターの横顔 / 宇山昌延 / p349~350
  • 眼科臨床レントゲン診断学 撮影法(その2) / 戸塚清 / p342~343
  • 遺伝性白内障マウス-1-(眼科動物園) / 岩田 修造 / p344~348<1930835>
  • ご案内,書評 / / p324~325
  • べらどんな / K. S. / p215~215
  • あとがき / 塚原勇 / p358~358

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床眼科
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ リンショウ ガンカ
巻冊次 32(2)
出版元 医学書院
刊行年月 1978-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03705579
NCID AN00252816
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想