ホルモンと臨床  45冬季増刊号

医学の世界社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1953.08~;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 序文 / 桑山明夫 / p1~1
  • 学会印象記 / Edward R.Laws,Jr. / p5~10
  • I.間脳下垂体腫瘍研究の進歩-21世紀への夢- 下垂体外科治療の発展史と将来展望 / 佐野圭司 / p12~16
  • I.間脳下垂体腫瘍研究の進歩-21世紀への夢- 視床下部・下垂体腫瘍に対しての最適な治療の模索 / 景山直樹 / p17~24
  • I.間脳下垂体腫瘍研究の進歩-21世紀への夢- 下垂体腫瘍発生の分子機構 / 山下俊一 / p25~29
  • I.間脳下垂体腫瘍研究の進歩-21世紀への夢- 下垂体腫瘍診断法の進歩 / 寺本明 / p30~35
  • I.間脳下垂体腫瘍研究の進歩-21世紀への夢- 下垂体腫瘍に対する薬物療法の進歩 / 加藤讓 / p36~39
  • I.間脳下垂体腫瘍研究の進歩-21世紀への夢- 間脳下垂体腫瘍放射線治療の進歩 / 高倉公朋 / p40~44
  • II.臨床微小解剖 下垂体近傍の手術解剖 / 山本勇夫 / p46~52
  • III.手術手技の改善と工夫 頭蓋咽頭腫再発例に対する手術 / 齋藤清 / p54~57
  • III.手術手技の改善と工夫 Cranio-orbital approachによる視床下部下垂体腫瘍の摘出 / 金城利彦 / p57~59
  • III.手術手技の改善と工夫 視床下部進展腫瘍に対するcranioorbital approach / 田口芳雄 / p59~62
  • III.手術手技の改善と工夫 経蝶形骨洞手術における透視法の工夫 / 田中雄一郎 / p62~65
  • III.手術手技の改善と工夫 下垂体部腫瘍に対するLe Fort I maxillotomyを併用したtranssphenoid approach--その利点と問題点 / 板倉徹 / p65~68
  • III.手術手技の改善と工夫 根治性と安全性の改善に向けた経蝶形骨洞手術における2つの工夫--不等長スペキュラムと術中超音波の利用 / 有田和徳 / p68~71
  • IV.下垂体腺腫の分子生物・病理学 下垂体腺腫の浸潤性・悪性化機転 / 佐野壽昭 / p74~77
  • IV.下垂体腺腫の分子生物・病理学 Proopiomelanocortin(POMC)遺伝子の発現調節機構--AtT 20 PL細胞を用いた検討 / 岩﨑泰正 / p77~80
  • IV.下垂体腺腫の分子生物・病理学 Cushing病病態の新しい考え方 / 須田俊宏 / p80~83
  • IV.下垂体腺腫の分子生物・病理学 ヒトNeuronatinのcDNAクローニングと下垂体・下垂体近傍腫瘍における発現 / 森井研 / p83~86
  • IV.下垂体腺腫の分子生物・病理学 下垂体腺腫におけるSynaptophysin,Chromogranin A,Bの免疫組織化学的検討 / 田原重志 / p86~89
  • IV.下垂体腺腫の分子生物・病理学 下垂体腺腫におけるTissue Factorの発現 / 西徹 / p90~92
  • IV.下垂体腺腫の分子生物・病理学 レチノイドXレセプター(RXR)γタンパクの強い発現を認めたTSH産生下垂体腺腫の1例 / 菅原明 / p92~95
  • IV.下垂体腺腫の分子生物・病理学 巨大下垂体腺腫における増殖能と浸潤能の関連 / 太田誠志 / p95~97
  • IV.下垂体腺腫の分子生物・病理学 浸潤性下垂体腺腫の臨床病理像と治療方針 / 伊東民雄 / p98~100
  • V.特異病変の病因・病態 特異な下垂体病変--hyperplasia, silent or multiple adenomas / 山田正三 / p102~107
  • V.特異病変の病因・病態 異所性GHRH産生腫瘍による先端肥大症の病因と病態 / 片上秀喜 / p108~112
  • V.特異病変の病因・病態 クッシング症候群とSIADHを呈した胸腺カルチノイドにおける産生ホルモンの検討 / 木村伯子 / p112~114
  • V.特異病変の病因・病態 異所性ACTH産生腫瘍とCushing病の新しい鑑別検査法--ソマトスタチン受容体シンチグラムを中心に / 田中孝司 / p115~118
  • VI.成人GH欠損症,水・電解質代謝異常 成人ソマトトロピン(GH)欠損症の病態と諸問題 / 島津章 / p120~128
  • VI.成人GH欠損症,水・電解質代謝異常 MRIによる下垂体後葉系の機能評価--後葉内のVasopressin含有量とT₁強調MR像における信号強度の比較検討 / 黒川弘晶 / p129~131
  • VI.成人GH欠損症,水・電解質代謝異常 中枢性尿崩症と本態性高Na血症--診断と治療 / 木村時久 / p132~134
  • VI.成人GH欠損症,水・電解質代謝異常 間脳下垂体手術後低Na血症の発生機序と治療 / 田村哲郎 / p135~137
  • VI.成人GH欠損症,水・電解質代謝異常 下垂体腺腫摘出術後の血清ナトリウム値異常は,視床下部-下垂体系の障害によるものなのか? / 黒川泰任 / p138~141
  • VII.間脳下垂体腫瘍の病態 視神経膠腫の臨床病理学的検討 / 若林俊彦 / p144~146
  • VII.間脳下垂体腫瘍の病態 リンパ球性下垂体炎の病態像--長期予後について / 西岡宏 / p146~149
  • VII.間脳下垂体腫瘍の病態 ラトケ氏囊胞と中葉囊胞群 / 白瀧邦雄 / p149~152
  • VII.間脳下垂体腫瘍の病態 MRIにて下垂体肥大を呈する症例の検討 / 屋田修 / p152~155
  • VII.間脳下垂体腫瘍の病態 思春期早発症で発症したgonadotropin産生下垂体腺腫の3歳女児例 / 原国毅 / p155~158
  • VII.間脳下垂体腫瘍の病態 肥厚性硬膜炎と合併した炎症性下垂体腫瘤の1例 / 北井隆平 / p158~160

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ホルモンと臨床
著作者等 医学の世界社
書名ヨミ ホルモン ト リンショウ
巻冊次 45冬季増刊号
出版元 医学の世界社
刊行年月 1997-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00457167
NCID AN00231838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想