ホルモンと臨床  43春季増刊号

医学の世界社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1953.08~;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 序文 / 米増祐吉 / p1~1
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 高齢者下垂体腺腫の特徴と問題点 / 米澤一喜 / p6~9
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 Staged Operationを必要としたトルコ鞍上進展ホルモン非産生下垂体腫瘍患者の術式とQOL / 斎藤清 / p10~13
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 下垂体マクロアデノーマに対する経蝶形骨洞手術の合併症とQOL--特に重篤なvascular complicationについて / 丹羽潤 / p14~18
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 下垂体macroadenomaにおける放射線療法の再評価--術後長期観察例における検討 / 岡秀宏 / p19~22
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 海綿静脈洞に浸潤する下垂体腫瘍に対する経蝶形骨洞的手術・ガンマナイフ併用療法 / 池田秀敏 / p23~27
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 MRI所見に基づくmicroprolactinomaの手術適応について / 永井健司 / p28~32
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 極微小プロラクチン産生下垂体腺腫の臨床的検討 / 矢野隆 / p33~37
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 下垂体腫瘍における治療後の視力視野障害改善の予測--静的視野,動的視野測定と脳血流測定の有用性について / 立花修 / p38~41
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 下垂体腺腫における術直後視機能悪化例の原因と検討 / 飯田幸治 / p42~45
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 下垂体腺腫の増殖能と蝶形骨洞経由手術後の内分泌値の関連について / 代田剛 / p46~50
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 不顕性ACTH細胞腫の4例 / 板東浩 / p51~54
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 甲状腺機能低下症に随併した下垂体過形成の4例 / 松田年浩 / p55~59
  • I.下垂体腺腫,治療と成績 下垂体腫瘍術後に発生したCentral and Extrapontine Myelinolysisの1例 / 尾原裕康 / p60~63
  • II.下垂体腺腫,内分泌学的・神経放射線的検討 非機能性下垂体腺腫治療後の下垂体前葉機能--特にACTH系とTSH系について / 富永篤 / p66~68
  • II.下垂体腺腫,内分泌学的・神経放射線的検討 4者(TRH,LHRH,GHRH,CRH)同時負荷試験による下垂体手術前後での下垂体前葉機能予備能に関する検討 / 白川典仁 / p69~74
  • II.下垂体腺腫,内分泌学的・神経放射線的検討 間脳,下垂体疾患における妊娠--下垂体予備能の検討 / 小川欣一 / p75~78
  • II.下垂体腺腫,内分泌学的・神経放射線的検討 鞍上部腫瘍治療後に残存した性腺機能低下症に対するLH-RH間欠投与療法の有用性 / 妻沼到 / p79~83
  • II.下垂体腺腫,内分泌学的・神経放射線的検討 間脳下垂体病変の新しいMR診断--Fast SE法の有用性 / 隅田昌之 / p84~87
  • II.下垂体腺腫,内分泌学的・神経放射線的検討 下垂体腺腫におけるトルコ鞍内圧 / 大庭信二 / p88~91
  • III.分子生物学,免疫組織学・形態学的研究 非放射性プローブを用いたin situ hybridization法による下垂体腺腫の下垂体前葉ホルモンmRNA発現の検討およびその電顕レベルへの応用 / 松野彰 / p94~98
  • III.分子生物学,免疫組織学・形態学的研究 細胞免疫ブロット法を用いたclinically non-functioning pituitary adenomaにおける微量ホルモンの測定 / 小嶋康弘 / p99~103
  • III.分子生物学,免疫組織学・形態学的研究 下垂体卒中とアポトーシス / 阿部雅光 / p104~108
  • III.分子生物学,免疫組織学・形態学的研究 非機能性下垂体腺腫 免疫組織化学的所見の腺腫内多様性に関する検討 / 山田正三 / p109~114
  • III.分子生物学,免疫組織学・形態学的研究 TSH産生下垂体腺腫におけるサイトケラチンの細胞内分布 / 佐野寿昭 / p115~119
  • III.分子生物学,免疫組織学・形態学的研究 プロラクチノーマに対するブロモクリプチンの効果--組織の形態変化と成長解析による評価 / 久保田紀彦 / p120~124
  • III.分子生物学,免疫組織学・形態学的研究 Octreotideの効果に関する組織学的検討 / 横山俊一 / p125~129
  • III.分子生物学,免疫組織学・形態学的研究 培養下垂体腺腫細胞における機能形態学的解析--免疫組織化学の応用 / 山王なほ子 / p130~134
  • IV.頭蓋咽頭腫・ラトケ囊腫 QOLからみた頭蓋咽頭腫の治療法の選択について / 栗坂昌宏 / p136~143
  • IV.頭蓋咽頭腫・ラトケ囊腫 小児頭蓋咽頭腫の成長障害とGH補充療法の有用性 / 宮上光祐 / p144~149
  • IV.頭蓋咽頭腫・ラトケ囊腫 頭蓋咽頭腫の脳浸潤性について--腫瘍周辺組織の再検討から / 井上洋 / p150~154
  • IV.頭蓋咽頭腫・ラトケ囊腫 症候性Rathke's Cleft Cystの臨床病理像 / 石崎律子 / p155~158
  • IV.頭蓋咽頭腫・ラトケ囊腫 ラトケ囊胞のMRI--自然経過で囊胞径の縮小を認めた例の検討から / 佐伯直勝 / p159~164
  • V.胚細胞腫・グリオーマ その他 鞍上部胚細胞腫に対する治療--初回治療としての化学療法の意義 / 大西丘倫 / p166~172
  • V.胚細胞腫・グリオーマその他 頭蓋内胚細胞腫のCT,MRI像 / 藤巻高光 / p173~178
  • V.胚細胞腫・グリオーマその他 視交叉-視床下部グリオーマに対する化学療法 / 西尾俊嗣 / p179~183
  • V.胚細胞腫・グリオーマその他 視床下部過誤腫部分摘出後長期追跡例の検討 / 金沢宏志 / p184~188
  • V.胚細胞腫・グリオーマその他 高GH血症および術後思春期早発症を呈したHypothalamic/Visual Pathway Pilocytic Astrocytomaの1症例 / 加藤功 / p189~192
  • V.胚細胞腫・グリオーマその他 鞍内・鞍上部悪性リンパ腫の2例 / 平賀章壽 / p193~196
  • V.胚細胞腫・グリオーマその他 鞍上部コレステロール肉芽腫の臨床と病理 / 角田茂 / p197~200
  • V.胚細胞腫・グリオーマ その他 リンパ球性下垂体炎の臨床病理像とその手術適応--自験2例と文献的考察 / 西岡宏 / p201~205

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ホルモンと臨床
著作者等 医学の世界社
書名ヨミ ホルモン ト リンショウ
書名別名 Horumon to rinsho
巻冊次 43春季増刊号
出版元 医学の世界社
刊行年月 1995-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00457167
NCID AN00231838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想