広島医学  20(11/12)(207)

廣島醫學會 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 3 (1) 1950.01~36 (10) 1983.10 ; 58 (1) (通号: 648) 2005~;本タイトル等は最新号による;出版地, 大きさの変更あり;1巻1号 (1948年11月号)-[ ] ; [ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 慢性気管支炎-1-歴史的回顧 / 西本//幸男 / 1117~1121<8430772>
  • 癌と免疫 臨床医学へのその展開を視点として / 山田//明 / 1122~1129<8430773>
  • 我々が行なっている地域活動について / 右近//文三 / 1130~1133<8430774>
  • 慢性気管支炎とそのX線像(座談会) / 和田//直 / 1134~1141<8430775>
  • 小児気管支喘息発作に対するヂプロフィリン,dl-メチルエフェドリン合剤坐薬の使用経験 / 中本//明良 / 1142~1145<8430776>
  • 上顎癌に併発した原発性肝癌の1例 / 吉川//昭三 / 1146~1148,図1枚<8430777>
  • 各種制癌剤の実験的効果判定ならびに「ソルコセリル」の相乗作用について / 木村//規矩志 / 1149~1155<8430778>
  • 両側顔面神経麻痺を主徴としSarcoidosis(Heerfordt氏症候群)と思われる1例 / 日域//昭三 / 1156~1161<8430779>
  • 末梢性顔面神経麻痺と顔面筋筋電図 / 上田//直昭 / 1162~1169<8430780>
  • Foster kennedy症候群の1例 / 角谷//公司 / 1170~1173<8430781>
  • 亜急性甲状腺炎の2症例 / 野間//興二 / 1174~1180<8430782>
  • 原発性甲状腺機能低下症の1例 / 山崎//晃弘 / 1181~1184<8430783>
  • 呉市における死亡率に及ぼす血族結婚の影響に関する若干の追加観察(ABCC欄-55-) / Schull//William J. / 1185~1191<8430784>
  • リウマチ様関節炎-広島・長崎 有病率,発生率,臨床的特徴(ABCC欄) / Wood//James W. / 1192~1200<8430785>
  • 広島および長崎における放射線関連白血病の病型生存期間および臨床態度に関する観察1946-64年(ABCC欄) / Bizzozero//O.Joseph,Jr. / 1201~1208<8430786>
  • 全身放射線照射後の脾臓の超微細構造の研究(ABCC欄) / Jordan//Scott W. / 1209~1219<8430787>
  • 「めまい」の診断(補習講座) / 黒住//静之 / 1220~1224<8430788>
  • "かゆみ"について(補習講座) / 矢村//卓三 / 1225~1228<8430789>
  • 脳浮腫 昭和42年8月,広島市における第2次日本医師会医学講座における講演から / 星野//列 / 1229~1231<8430790>
  • 胃びらん症〔2症例〕(興味ある胃粘膜病変種々相-1-) / 岩森//茂 / 1232~1236<8430791>
  • 日本脳炎が疑われた症例(剖検示説) / 門前//徹夫 / 1237~1240<8430792>
  • 日本看護史考 / 西丸//和義 / 1241~1247<8430793>
  • 学会だより 第82回広島外科会 / / p1248~1252
  • 学会だより 第3回広島大学眼科同窓会学会 / / p1253~1256
  • 第20巻総目次 / / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 広島医学
著作者等 広島医学会
書名ヨミ ヒロシマ イガク
書名別名 The journal of the Hiroshima Medical Association

Hiroshima igaku
巻冊次 20(11/12)(207)
出版元 広島医学会
刊行年月 1967-11
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 03675904
NCID AN00211943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想