日本法医学雑誌 = The Japanese journal of legal medicine  49補冊

国立国会図書館雑誌記事索引 3 (6) 1949.11~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;補冊号あり;2巻1号 (Jan. 1948)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 招待講演 1.Narcotic-related deaths in Stockholm 1986-1993 / Jovan Rajs / p27~27
  • 招待講演 2.Postmortem findings in infant deaths in relation to nicotine and cotinine levels in pericardial fluid / Jovan Rajs / p27~28
  • 特別講演I 標識遺伝子を探して--法医学・人類遺伝学の領域から / 池本卯典 / p29~31
  • 特別講演II 突然死--法医病理学的視点から / 高津光洋 / p32~34
  • 特別講演III 薬毒物の腎障害発症機構に関する研究 / 山田髙路 / p35~37
  • 教育講演 Recent advances in DNA analysis in forensic case work / Bernd Brinkmann / p38~39
  • A1 トランスフェリン遺伝子のAva I多型 / 土田修一
  • 池本卯典 / p41~41
  • A2 PCR-SSCP法によるITIH1型の解析 / 丁梅
  • 梅津和夫
  • 鈴木庸夫
  • 湯浅勲 / p42~42
  • A3 凝固第13因子aサブユニット変異型の塩基置換 / 鈴木広一
  • 岩田美佐
  • 内田敦子
  • 辻洋子
  • 伊東重徳
  • 溝井泰彦
  • Jurgen Henke / p43~43
  • A4 無ハプトグロビン血症の一家系の分析 / 神田芳郎
  • 劉玉華
  • 関克彦
  • 上村繁雄
  • 木村博司 / p44~44
  • A5 Ligase Chain ReactionによるDNA分析 / 原田勝二
  • 西野貴子
  • 三澤章吾 / p45~45
  • A6 PCR-MVR法によるMCT118型分析 / 島田敬子
  • 吉井富夫
  • 秋山勝則
  • 武田江里加
  • 石山昱夫 / p46~46
  • A7 Le遺伝子診断の法医学的試料への応用 / 矢澤伸
  • 大河原均
  • 中島たみ子
  • 細見修 / p47~47
  • A8 ミトコンドリアDNA制御領域におけるシークエンス変異の検出 / 本田克也
  • 中留真人
  • 黒木尚長
  • 山崎元彦
  • 寺田賢
  • 若杉長英 / p48~48
  • A9 D2S44(YNH24)アリールのPCR増幅 / 岸田哲子
  • 玉置嘉廣
  • 黒木浩二
  • 福田昌子
  • 王嵬 / p49~49
  • A10 歯からのSTR型分析 / 太田黒弘子
  • 塚本敏明
  • 川野茂
  • 向山レイ
  • 小室歳信 / p50~50
  • A11 DNAシークエンサーを用いたTHO1型のAllelic Ladder Marker型判定法 / 佐藤慶太
  • 西牧裕子
  • 周懐谷
  • 方亮
  • 伊藤正明
  • 勝又純俊
  • 米村勇
  • 中島八良
  • 向山明孝
  • 支倉逸人 / p51~51
  • A12 STR多型の型判定における問題点(第2報) / 黒崎久仁彦
  • 斉藤久子
  • 佐藤彌生
  • 木内政寛
  • 植田信太郎 / p52~52
  • A13 唾液蛋白シスタチンDの多型と関連するシスタチン遺伝子CST5の変異 / 羽賀俊明
  • 水口清 / p53~53
  • A14 ABO式血液型遺伝子型のPCR-SSCP分析 / 安田誠治
  • 木村章彦
  • 池田晴彦
  • 野坂みずほ
  • 辻力 / p54~54
  • A15 性犯罪事例における分離精子DNAからのABO式血液型判定 / 佐々木雅弘
  • 福島亨
  • 塩野寛 / p55~55
  • A16 性犯罪事件におけるデオキシリボヌクレアーゼI(DNase I)型およびトランスフェリン(TF)型の法医学的応用 / 澤崎一三
  • 安田年博
  • 灘野大太
  • 竹下治男
  • 飯田礼子
  • 岸紘一郎 / p56~56
  • A17 ヒトdeoxyribonuclease I(DNaseI)遺伝子は第16染色体短腕13.3領域に位置する / 安田年博
  • 灘野大太
  • 飯田礼子
  • 竹下治男
  • 岸紘一郎 / p57~57
  • A18 不活性X染色体による女性判定法 / 内藤笑美子
  • 出羽厚二
  • 藤田一
  • 山内春夫 / p58~58
  • A19 鹿児島県におけるinter-alpha-trypsin inhibitorの遺伝的多型--離島集団における変異の分布 / 吾郷一利
  • 津金澤督雄
  • 小片守
  • 吾郷美保子 / p59~59
  • B1 精液中ABH血液型抗原のキャリアプロテインとしてのヒト前立腺酸性フォスファターゼ / 仲里稔
  • 内間栄行 / p60~60
  • B2 単繊維血痕の人血証明と血液型検査の連続検査 / 琵琶坂仁
  • 新津ひさえ
  • 常盤和雄 / p61~61
  • B3 酵素免疫測定法(ELISA)による唾液斑からの血液型検査 / 村川雄大
  • 太田奈穂樹
  • 棟方栄治
  • 岩本良二
  • 池田典昭 / p62~62
  • B4 毛髪からのDNA多型分析 / 伊藤幸夫
  • 小林了 / p63~63
  • B5 中国新彊で発見されたミイラについての分子生物学的検索--PCR法による性別判定を中心として / 林子清
  • 南野友義
  • 近藤稔和
  • 高安達典
  • 西上潤
  • 大辻雅彦
  • 大島徹 / p64~64
  • B6 溺死の分子生物学的検討 / 高田雄三
  • 向田政博 / p65~65
  • B7 AmpliType PMキットの法科学試料への応用 / 内村裕光
  • 岩瀬晋
  • 宮北省二
  • 濱田希世
  • 恒成茂行 / p66~66
  • B8 法科学的証拠資料へのAmpliType PM型検出キットの応用 / 水野なつ子
  • 千住弘明
  • 関口和正
  • 吉田日南子
  • 笠井賢太郎
  • 坂井活子
  • 佐藤元
  • 瀬田季茂 / p67~67
  • B9 PCR-SSP法を用いた法医試料からのHLA-DRB1遺伝子型判定 / 太田正穂
  • 原島規吉
  • 勝山善彦
  • 土金彰
  • 福島弘文 / p68~68
  • B10 法医鑑識試料のABO式血液型遺伝子型検査に関する基礎的検討 / 松木孝澄
  • 中島たみ子
  • 古川研 / p69~69
  • B11 精液および精液斑からのGC亜型判定へのノイラミニダーゼ処理の応用 / 木戸啓
  • 木村由紀子
  • 西園敏子
  • 井上利男
  • 大矢正算 / p70~70
  • B12 赤血球凝集反応による簡便な精液・精液斑検査 / 湯川修弘
  • 大澤資樹
  • 斉藤剛
  • 武市早苗
  • 長谷川哲朗
  • 松田洋和
  • 高浜桂一 / p71~71
  • B13 現代日本人右第4肋軟骨の化骨状態による性別と年齢について / 猪井剛
  • 矢部勝弘
  • 高田綾
  • 斎藤一之
  • 村井達哉
  • 渡辺博司 / p72~72
  • B14 マイクロウェーブによるDNA抽出法を用いたSTR多型解析 / 千葉正悦
  • 鉄堅
  • 鐘ケ江孝
  • セベタンI.M.
  • 武藤亨
  • 塚本昭次郎
  • 押田茂實 / p73~73
  • B15 父と擬せられる男が大叔父にあたり、しかもすでに死亡している場合の親子鑑定例 / 石谷昭子
  • 伊藤信彰
  • 河原信吾
  • 長池知恵子
  • 森村佳史
  • 東裕子
  • 廣田忠臣
  • 南方かよ子 / p74~74
  • B16 LDLR,GYPA,HBGG,D7S8およびGC型の日本人における遺伝子頻度とその親子鑑定への応用 / 原正昭
  • 新井正明
  • 高田綾
  • 矢部勝弘
  • 齋藤一之
  • 村井達哉
  • 渡辺博司
  • 木戸啓 / p75~75
  • B17 ラット皮膚の創傷治癒過程に出現する増殖細胞核抗原(PCNA)陽性細胞の免疫組織化学的検討 / 舟山眞人
  • 畠克彦
  • 安積順一
  • 森田匡彦 / p76~76
  • B18 刃器損傷による他殺例の集計的検討 / 黒田直人
  • 篠塚達雄
  • 柳田純一 / p77~77
  • B19 火傷を伴った刺創死例 / 木村恒二郎
  • 松原和夫
  • 田部浩一
  • 井津智子
  • 高橋節典 / p78~78
  • B20 血管造影によるくも膜下出血の検索 / 藤倉隆
  • 滝澤久夫
  • 浜島誠
  • 坂逸平
  • 平田ゆかり / p79~79
  • A20 ヘッドスペース・マイクロ固相抽出(HS-SPME)--化学イオン化検出法による血液中可燃性物質の分析法 / 岩崎泰昌
  • 屋敷幹雄
  • 長澤信行
  • 宮崎哲次
  • 小嶋亨 / p80~80
  • A21 脳死を経過した死体の組織中薬物分布(第2報)--カフェインの体内分布 / 實渕成美
  • 永田武明
  • 工藤恵子
  • 今村徹 / p81~81
  • A22 吸入ガス毒性評価モデルとそれを適用した一酸化炭素中毒に対するPHPの救命効果判定 / 服藤恵三
  • 内山利満 / p82~82
  • A23 体組織中薬物のGC/MS分析における内因性ピークについて ホスファチジルコリンの分解産物 / 原健二
  • 柏村征一
  • 稗田洋子
  • 影浦光義 / p83~83
  • A24 フェニル尿素系農薬の固相抽出法とキャピラリーガスクロマトグラフィー / 李暁鵬
  • 熊沢武志
  • 田口智子
  • 佐藤啓造 / p84~84
  • A25 表面電離検出ガスクロマトグラフィーによる体液中フェンサイクリジンの定量 / 石井晃
  • 西川正信
  • 妹尾洋
  • 渡部加奈子
  • 鈴木修 / p85~85
  • A26 赤カビ毒の血小板凝集抑制作用 / 水谷洋子
  • 伊藤美武
  • 山田高路 / p86~86
  • A27 食・毒キノコの鑑別スクリーニング法の検討(第4報) / 権守邦夫
  • 進藤祥子
  • 吉岡尚文 / p87~87
  • A28 人体内蓄積水銀濃度に関する法医学的研究(XII)--最近15年間の主要臓器・頭毛中総水銀濃度の比較 / 野田裕司
  • 山口眞由
  • 巽信二
  • 古谷昭雄
  • 杉山靜征
  • 吉村昌雄 / p88~88
  • A29 メタンフェタミンの培養心筋細胞毒性に対するβ-遮断剤の効果 / 何頌躍
  • 的場梁次
  • 藤谷登
  • 袖崎賢一郎
  • 伊藤洋子 / p89~89
  • A30 PC-12に対するベンゾジアゼピンの細胞毒性 / 富田正文 / p90~90
  • A31 dl-ethylamphetamine(dl-EAMP)投与ラット尿中のEAMPとその代謝産物の各光学異性体のHPLCによる一斉分析および経時的変化 / 長井敏明
  • 松島和巳
  • 金谷英明
  • 黒須明
  • 加藤幸映
  • 髙橋雅典
  • 上山滋太郎 / p91~91
  • A32 プロモクリプチン(麦角アルカロイド)の薬動動態--ラット灌流肝における検討 / 松林景子
  • 松本博志
  • 早瀬環
  • 小島一也
  • 福井有公 / p92~92
  • A33 コカインの致死作用におけるδ-オピオイド受容体の役割 / 嶋田光哉
  • 藤原敏
  • 相原弼徳
  • 稲村啓二
  • 新井直美
  • 鈴木勉 / p93~93
  • A34 コカインのトキシコキネティクス--標的臓器における分布特性と毒性評価 / 中村智恵美
  • 橋本征也
  • 福井有公
  • 石津日出雄 / p94~94
  • A35 乱用薬物のラットに対する回避学習行動阻害について(第V報) / 菱田繁
  • 羽竹勝彦
  • 谷口忠昭
  • 大内晴美
  • 根來宗孝
  • 南貴子
  • 山村武彦 / p95~95
  • A36 トライエージ®による濫用薬物スクリーニング法の法医解剖試料への応用 / 守屋文夫
  • 橋本良明
  • 中西祥徳
  • 長崎靖 / p96~96
  • A37 エピクロロヒドリン中毒ラットにおける組織内GST7遺伝子の発現について / 小口岳史
  • 伊藤敦子
  • 星田美奈子
  • 津田征郎
  • 伊藤順通 / p97~97
  • A38 アルコールのポピュレーション・ファーマコキネティクスに関する基礎的研究--第1報 / 藤宮龍也
  • 上村公一
  • 大洞弓子
  • 古村節男 / p98~98
  • A39 アルコール代謝におけるアルコール脱水素酵素アイソザイムADH class IおよびIII並びにカタラーゼの寄与について / 長谷場健
  • 黒須三恵
  • 三上啓子
  • 大野曜吉 / p99~99
  • A40 混濁した角膜からの過酸化脂質の検索 / 足立順子
  • 西村明儒
  • 上野易弘
  • 中川加奈子
  • 中西幸一
  • 龍野嘉紹 / p100~100
  • A41 大阪府監察医事務所における老人変死症例の急増について / 河野朗久
  • 的場梁次
  • 西克治
  • 山田正
  • 三ツ国洋一
  • 坂井芳夫
  • 助川義寛 / p101~101
  • A42 交通事故調査における交通事故総合分析センターの意義 / 大橋教良
  • 河野元嗣
  • 三澤章吾
  • 小野古志郎 / p102~102
  • A43 脳死症例における鼻腔誘導脳波の解析及び分類 / 沖井裕
  • 赤根敦
  • 河本圭司
  • 橋本孫一
  • 綿引利充
  • 吉田学
  • 吉村澄孝
  • 時安太久磨
  • 石田哲朗 / p103~103
  • A44 FBIナショナルアカデミーにおける毛髪鑑定研修に参加して / 岩本良二 / p104~104
  • B21 アルコール性臓器障害における菌体毒素(LPS)の役割 / 長野亨
  • 北敏郎
  • 田中宣幸 / p105~105
  • B22 前立腺組織における血液型関連抗原の発現(第2報) / 長井講有
  • 井村万亀雄
  • 前田均
  • 木村章彦
  • 辻力 / p106~106
  • B23 熱傷性ショックに関する研究(第2報)臓器障害における腫瘍壊死因子(TNF)の影響 / 刘〓
  • 田中敏子
  • 北敏郎
  • 田中宣幸 / p107~107
  • B24 法医剖検例におけるデスミンの出現様態 / 津田亮一
  • 久保真一
  • 折原義行
  • 中園一郎 / p108~108
  • B25 法医剖検例における心筋線維の組織学的変化について / 武内康雄
  • 大谷勲 / p109~109
  • B26 心臓性突然死例における心筋ミトコンドリアDNAの欠失について / 福井謙二
  • 高津光洋
  • 北村修
  • 重田聡男 / p110~110
  • B27 硫化水素のラット心筋エネルギー代謝に及ぼす影響 / 山本好男
  • 牛山郁子
  • 池原譲
  • 種子島章男
  • 兼正晃
  • 山田光子
  • 西克治 / p111~111
  • B28 プロテインキナーゼアイソザイムの早期虚血心筋における局在変化 / 吉田謙一 / p112~112
  • B29 メタンフェタミン投与ラットにおけるアポトーシスの発生について / 岩佐峰雄
  • 前野善孝
  • 井上博之
  • 土持師
  • 的場梁次 / p113~113
  • B30 XOD-SOD-Cyt-C複合システムによる、9,10エポキシ-12-オクタデセン酸(ロイコトキシン)およびそのアイソマーの発生について / 岩瀬博太郎
  • 髙取健彦
  • 長尾正崇
  • 岩楯公晴
  • 大野常彰
  • 山田良広
  • 青野一則
  • 中嶋信 / p114~114
  • B31 パラコートによるDNA(RNA)の酸化的損傷に関する研究 / 徳永逸夫
  • 前岩道彦
  • 武市早苗 / p115~115
  • B32 ラットを用いたIn Situ一回灌流法によるエタノールの腸管吸収に関する研究(第3報) / 木下博之
  • 井尻巖
  • 飴野節子
  • 福家千昭
  • 飴野清 / p116~116
  • B33 緊縛解除後の異常反射の経路について / 水澤郁文
  • 平岩幸一 / p117~117
  • B34 各種酸素欠乏条件下における血清電解質異常の法医学的考察 / 澤口聡子
  • 澤口彰子
  • 大上治
  • 中村茂基 / p118~118
  • B35 酵素免疫測定法によるヒト及び臓器の識別同定:腎損傷の免疫学的検討(第1報)--腎臓型FABPの精製とその臓器特異性について / 鎌田秀一
  • 瀬尾泰久
  • 髙濱桂一 / p119~119
  • B36 唾液腺細胞における血液型抗原発現の人種差 / 種子島章男
  • 西克治
  • 福永龍繁
  • Bernd BRINKMANN / p120~120
  • B37 羊水特異的ABH式抗原担荷蛋白に対するモノクローナル抗体の作製と法医学的応用 / 長江美紀子
  • 青木康博
  • 那谷雅之
  • 勾坂馨 / p121~121
  • B38 P類似抗原GalNAcβ1→3Galβ1→4GlcNAc/Glcの生合成 N-アセチルガラクトサミン転移反応の速度論的解析 / 竹屋章
  • 細見修
  • 西島洋憲
  • 小暮正久 / p122~122
  • B39 古人骨にみられた疾患と損傷 II.骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折 / 井上晃孝
  • 井上仁
  • 藤田典往
  • 入澤淑人 / p123~123
  • B40 細断された漂流死体に対して、レントゲン像に於けるpetzが個人識別に役立った事例 / 四宮薫
  • 織本千年
  • 四宮孝昭 / p124~124
  • B41 一部死蠟化せる男性死体の法医歯科学的鑑定例 / 大平寛
  • 渡邉麻子
  • 大谷進
  • 山本勝一 / p125~125
  • B42 特徴的な骨の切断面を認めたバラバラ死体 / 杉江秀明
  • 古川理孝
  • 小谷淳一
  • 栗原文男
  • 庄井のり子
  • 小林英樹
  • 栗原克由 / p126~126
  • B43 初期医療に問題があると考えられた外因死の2剖検例 / 荘司輝昭
  • 高木徹也
  • 蔭原聞天
  • 上野麻夫
  • 向井敏二
  • 遠藤任彦
  • 岡田健夫
  • 佐藤喜宣 / p127~127
  • B44 名古屋空港でのエアバスA300-600Rの墜落事故について / 勝又義直
  • 野澤秀樹
  • 玉木敬二 / p128~128
  • P1 除細動器による心筋障害についての実験的研究(第1報) / 松田洋和
  • 髙濱桂一 / p129~129
  • P2 主要臓器における死後変化の組織学的検討 II.パラフィン包埋法とエポキシ樹脂包埋法との比較 / 富田ゆかり
  • 丸田哲生
  • 仁平信
  • 林田真喜子
  • 大野曜吉
  • 佐藤茂 / p130~130
  • P3 ¹H-MRS法によるラット脳死後変化の数量化への試み / 植草協子
  • 平川慶子
  • 仁平信
  • 佐藤美保
  • 小津千佳
  • 大野曜吉 / p131~131
  • P4 ラット脳脂質の死後変化 / 新津ひさえ
  • 熊谷礼子 / p132~132
  • P5 ラット死後脳におけるカルパイン系によるフォドリン・アンキリン分解 / 原田一樹
  • 反町吉秀
  • 吉田謙一 / p133~133
  • P6 脳硬膜の年齢別死後変化 / 芳賀光治
  • 寺沢浩一
  • 三上八郎 / p134~134
  • P7 赤外線検出型鼓膜温計を用いた死後経過時間推定に関する法医学的研究 / 相原弼徳
  • 新井直美
  • 稲村啓二
  • 鳥山直樹
  • 嶋田光哉
  • 山本茂
  • 藤原敏 / p135~135
  • P8 神経線維構成成分に対する各種抗体を用いた軸索損傷の検討 / 小片守
  • 吾郷一利
  • 吾郷美保子
  • 中島弘志
  • 末永正和
  • 津金澤督雄 / p136~136
  • P9 ウォータージェット推進式救助艇による溺死体の断頭 / 津金澤督雄
  • 小片守
  • 吾郷一利
  • 吾郷美保子
  • 中島弘志
  • 末永正和 / p137~137
  • P10 スクリュー痕多数を認める1漂流死体の剖検例 / 四宮孝昭
  • 西向弘明
  • 四宮薫
  • 織本千年 / p138~138
  • P11 交通事故損傷の客観的評価法へのアプローチ AIS-90とICD-10の法医学的応用 / 山内春夫
  • 出羽厚二
  • 小野政孝
  • 佐々木匠
  • 藤田一
  • 内藤笑美子 / p139~139
  • P12 圧迫痕検査に関する考察(I) / 瀬戸良久
  • 武市早苗
  • 湯川修弘
  • 斉藤剛
  • 大澤資樹
  • 大木保
  • 長沢俊郎
  • 中島康洋 / p140~140
  • P13 自動二輪車交通事故における人体損傷について(第1報) / 張紹軒
  • 大橋教良
  • 河野元嗣
  • 小野古志郎
  • 三澤章吾 / p141~141
  • P14 インターロイキン1β及び腫瘍壊死因子を指標とする皮膚損傷の受傷後経過時間判定に関する実験的研究(第2報) / 近藤稔和
  • 南野友義
  • 西上潤
  • 大辻雅彦
  • 林子清
  • 高安達典
  • 大島徹 / p142~142
  • P15 他殺死体に認められた出血を伴わない甲状軟骨骨折 / 長崎靖
  • 橋本良明
  • 中西祥徳
  • 守屋文夫 / p143~143
  • P16 鈍体損傷の実験的研究--岩石投下時の胸部損傷 / 高木徹也
  • 荘司輝昭
  • 蔭原聞天
  • 梶原正弘
  • 須藤孝子
  • 渡辺貞一
  • 上野麻夫
  • 柏手宏允
  • 岡田健夫
  • 佐藤喜宣 / p144~144
  • P17 精巣脱出の2例 / 浜島誠
  • 坂逸平
  • 平田ゆかり
  • 藤倉隆 / p145~145
  • P18 ヒト頭部と車輌との衝突時に頭部が受ける衝撃加速度の解析--ヒト頭部模型を用いた実験 / 藤原敏
  • 除補清一
  • 森下順治
  • 寺辻英治
  • 嶋田光哉
  • 相原弼徳
  • 稲村啓二 / p146~146
  • P19 組織溶解剤を用いた河川溺死体臓器からの緑藻の検出 / 吉村澄孝
  • 吉田学
  • 沖井裕
  • 時安太久磨
  • 綿引利充
  • 赤根敦 / p147~147
  • P20 脳血流動態からみた窒息死の再検討(X)--実験的亜急性溺死について / 小谷淳一
  • 古川理孝
  • 杉江秀明
  • 中山茂信
  • 庄井のり子
  • 栗原克由 / p148~148
  • P21 自絞死の6例 / 伊藤礼子
  • 大野曜吉
  • 佐藤喜宣
  • 玉城尚
  • 永盛肇 / p149~149
  • P22 心筋梗塞による突然死の実験的モデル / 大内孝幸
  • 内ヶ崎西作
  • 高橋弘志
  • 鈴木庸夫 / p150~150
  • P23 心筋炎による突然死剖検例の分析 / 村井達哉
  • 齋藤一之
  • 高田綾
  • 村井直子
  • 矢部勝弘
  • 原正昭
  • 渡辺博司
  • 新井正明
  • 徳留省悟
  • 松尾義裕
  • 栗原克由
  • 舟山眞人
  • 黒田直人 / p151~151
  • P24 頸部圧迫における筋肉変性(II) / 田畑典子
  • 畠克彦
  • 渡邊俊文
  • 安積順一
  • 舟山眞人
  • 森田匡彦 / p152~152
  • P25 脳の重量、体積および頭蓋腔容積 / 二部恒美
  • 吉岡尚文 / p153~153
  • P26 悪性組織球症の一例 / 重田聡男
  • 高津光洋
  • 北村修
  • 阿部光伸
  • 丸山恭子
  • 大槻政弘 / p154~154
  • P27 小脳動静脈奇形の一剖検例 / 北村修
  • 重田聡男
  • 高津光洋
  • 村田須美枝
  • 中村慎 / p155~155
  • P28 RT-PCR法を用いた脳組織からの麻疹ウイルスの検出 / 西村明儒
  • 片山友子
  • 足立順子
  • 柳田泰義
  • 上野易弘
  • 龍野嘉紹 / p156~156
  • P29 神経芽細胞腫を認めた乳幼児突然死の一例 / 伊藤洋子
  • 木村博司 / p157~157
  • P30 乳幼児突然死症候群における肺神経内分泌細胞の分布(第4報) / 土井幹雄
  • 中川裕司
  • 大橋教良
  • 三澤章吾 / p158~158
  • P31 メタンフエタミン長期投与後のモルモット脳組織における微細構造的変化 / 窪田聡
  • 松田秀明
  • 今泉和彦
  • 宮坂祥夫
  • 吉野峰生
  • 井上堯子
  • 瀬田季茂 / p159~159
  • P32 びまん性軸索損傷が認められた頭部外傷例における海馬の神経細胞変化について / 久保真一
  • 折原義行
  • 津田亮一
  • 廣瀬渉
  • 中園一郎 / p160~160
  • P33 保護遺棄との因果関係が問題となった3剖検例 / 黒木尚長
  • 白鴻成
  • Mohammed Nasimul Islam
  • 本田克也
  • 若杉長英 / p161~161
  • P34 複合自殺が思料された1例 / 澤口聡子
  • 中村茂基
  • 大上治
  • 王秀玲
  • 山下ケサ子
  • 澤口彰子 / p162~162
  • P35 イヌ心筋梗塞におけるカルパインの関与 / 反町吉秀
  • 原田一樹
  • 吉田謙一 / p163~163
  • P36 摘出モルモット乳頭筋における10-ハイドロキシ-12(Z)-オクタデセン酸(10-OHODA)の生理活性 / 山田良広
  • 植村展子
  • 中谷晴昭
  • 岩瀬博太郎
  • 長尾正崇
  • 高取健彦 / p164~164
  • P37 脳損傷の基礎的研究(1)ラット脳PO2及び脳組織温度に及ぼす興奮性アミノ酸の影響 / 原修一
  • 向井敏二
  • 岩田修永
  • 栗岩ふみ
  • 加納節夫
  • 簗瀬武史
  • 遠藤任彦 / p165~165
  • P38 子宮平滑筋の収縮機構と細胞形態に及ぼす界面活性剤の影響 / 矢部勝弘
  • 高田綾
  • 新井正明
  • 福田紀子
  • 齋藤一之
  • 村井達哉
  • 原正昭
  • 渡辺博司 / p166~166
  • P39 覚醒剤投与ラット心筋における細胞骨格蛋白の免疫組織化学的検討 / 藤谷登
  • 的場梁次
  • 何頒躍
  • 袖崎賢一郎
  • 伊藤洋子 / p167~167
  • P40 死体髄液中メトヘモグロビンと頭腔内病変との関係 / 早瀬環
  • 松林景子
  • 小島一也
  • 松本博志
  • 山本淑子
  • 山本啓一
  • 阿比留仁
  • 福井有公 / p168~168
  • P41 脳虚血病態における神経活動の法医学的研究 I.虚血負荷ラットにおける神経伝達物質の放出変化 / 吉本寛司
  • 矢山和宏
  • 河村啓司
  • 古村節男 / p169~169
  • P42 SEMを用いた肥満細胞内ヒスタミンの定量の試み / 向田政博
  • 木村博子
  • 佐藤勝弘 / p170~170
  • P43 イムノクロマト法による血痕からのABO式血液型の判定 / 森田香
  • 木村博子
  • 伊藤幸夫 / p171~171
  • P44 ヒトO型血球及び合成抗原免疫による抗Hニワトリ血清の作製 / 太田奈穂樹
  • 村川雄大
  • 棟方栄治
  • 岩本良二
  • 池田典昭 / p172~172
  • P45 酵素金コロイド電顕法を用いたヒト唾液腺におけるフコース局在の観察 / 河原信吾
  • 伊藤信彰
  • 長池知恵子
  • 森村佳史
  • 石谷昭子
  • 東裕子
  • 廣田忠臣 / p173~173
  • P46 キャピラリー電気泳動を用いた免疫測定による体液微量成分の分析 / 木村博子
  • 古賀哲
  • 北森武彦
  • 澤田嗣郎 / p174~174
  • P47 in vitro免疫およびELISAスポット・アッセイを用いたIgG単クローン抗パーオキシデース抗体作製法の検討 / 青木康博
  • 長江美紀子
  • 那谷雅之
  • 勾坂馨 / p175~175
  • P48 液体試料中エタノール簡易検査用検知管の試作と測定条件の検討 / 吉田学
  • 綿引利充
  • 吉村澄孝
  • 沖井裕
  • 時安太久磨
  • 赤根敦 / p176~176
  • P49 マイクロ固相抽出(SPME)法による生体試料中ニコチン及びコチニンの分析 / 長澤信行
  • 屋敷幹雄
  • 小嶋亨
  • 宮崎哲次
  • 岩崎泰昌 / p177~177
  • P50 トリカブト誤食の二症例 / 吉岡尚文
  • 権守邦夫
  • 卢英強 / p178~178
  • P51 高速液体クロマトグラフィーによる解熱鎮痛薬の一斉分析法 / 篠塚達雄
  • 武井節子
  • 吉田林
  • 馬場美年子
  • 黒田直人
  • 柳田純一
  • 寺田賢
  • 若杉長英 / p179~179
  • P52 毛髪中酸化染毛剤分析方法の改良 / 棚田徳彦
  • 影浦光義
  • 柏村征一
  • 原健二
  • 稗田洋子 / p180~180
  • P53 LC/MSによる喘息患者毛髪からのテオフィリンの分析 / 稗田洋子
  • 柏村征一
  • 原健二
  • 影浦光義 / p181~181
  • P54 体組織中硫化物およびチオ硫酸塩濃度の意義づけ--硫化水素中毒後,溺死した一例 / 今村徹
  • 鹿毛茂利
  • 永田武明
  • 工藤恵子
  • 實渕成美 / p182~182
  • P55 CO-オキシメーターによる熱変性血液からの一酸化炭素ヘモグロビン濃度測定成績について(実験的検討・第2報) / 長井講有
  • 井村万亀雄
  • 吹田和德
  • 前田均 / p183~183
  • P56 成熟ラット心室筋単離細胞のMethamphetamine毒性--心房性Na利尿ペプチド産生について / 前野善孝
  • 小山宏義
  • 井上博之
  • 門間純
  • 的場梁次 / p184~184
  • P57 アルコール代謝におけるカフェインの影響 / 塚本昭次郎
  • 鐘ヶ江孝
  • 松村芳子
  • 羽鳥孝郎
  • 武藤亨
  • 名児耶忠章
  • 嶋村政男
  • 三枝洋子 / p185~185
  • P58 脳死判定時におけるバルビツレート昏睡の除外診断確立について / 斉藤剛
  • 武市早苗
  • 中島康洋
  • 大澤資樹
  • 湯川修弘
  • 瀬戸良久 / p186~186
  • P59 各種局所麻酔薬の高速液体クロマトグラフィーによる測定法の検討 / 田中栄之介
  • 三澤章吾 / p187~187
  • P60 神経毒性の評価-インビボマイクロダイアリシス法を用いてのチロシン水酸化酵素活性への薬物の影響 / 井津智子
  • 松原和夫
  • 高橋節典
  • 木村恒二郎 / p188~188
  • P61 トルエン代謝物としての尿中メルカプツール酸の検索 / 高橋節典
  • 井津智子
  • 松原和夫
  • 木村恒二郎 / p189~189
  • P62 REMEDi-HS®システムによるジフェンヒドラミンの分析及びGC-MS法による測定値との比較 / 大辻雅彦
  • 西上潤
  • 近藤稔和
  • 林子清
  • 南野友義
  • 高安達典
  • 大島徹 / p190~190
  • P63 脳梁の発達におけるコカインの影響(第二報) / 小島一也
  • 阿比留仁
  • 松本博志
  • 早瀬環
  • 松林景子
  • 福井有公 / p191~191
  • P64 キャピラリー高速液体クロマトグラフィー 高速原子衝撃質量分析法によるアミノグリコシド系抗生物質の分析 / 小林克章
  • 佐野敏幸
  • 水野靖
  • 勝又義直
  • 田口智子
  • 佐藤啓造 / p192~192
  • P65 三環系抗うつ剤のヘッドスペースSPMEによる簡易抽出法 / 熊沢武志
  • 李暁鵬
  • 田口智子
  • 佐藤啓造
  • 妹尾洋
  • 鈴木修 / p193~193
  • P66 胃内残存薬物の死後拡散について--AcetaminophenとAmitriptyline / 福家千昭
  • 黒田直人
  • D.J. Pounder
  • 飴野清
  • 飴野節子
  • 木下博之
  • 井尻巌 / p194~194
  • P67 ビタミンC合成不能ラットに対するパラコートの毒性 / 南方かよ子
  • 鈴木修 / p195~195
  • P68 コカイン誘導体類の化学合成と表面電離検出ガスクロマトグラフィーによる検出 / 渡部加奈子
  • 妹尾洋
  • 石井晃
  • 西川正信
  • 鈴木修 / p196~196
  • P69 カドミウム連続投与のラット肝、腎に及ぼす影響(2) / 伊藤敦子
  • 渡部美千子
  • 小口岳史
  • 星田美奈子
  • 津田征郎
  • 伊藤順通 / p197~197
  • P70 エチゾラム大量服用による中毒死の1例 / 寺田賢
  • 山崎元彦
  • 本田克也
  • 若杉長英 / p198~198
  • P71 覚せい剤の光学活性の相違とヒト血清中に存在する薬物キャリア物質との結合反応に関する研究 / 柳澤裕子
  • 中里賢一
  • 長井辰男 / p199~199
  • P72 慢性アルコール中毒例における臓器内脂肪酸エチルエステル量の変化 / 山崎健太郎
  • 小暮正久
  • W. Eisenmenger / p200~200
  • P73 中間症候群を呈した有機リン剤フェンチオン(MPP)中毒の一例 / 米満孝聖
  • 樋口章浩
  • 本庄弘次
  • 恒成茂行 / p201~201
  • P74 急性水銀中毒死例における脳の組織学的研究 / 栗崎恵美子
  • 水澤郁文
  • 郡司啓文
  • 平岩幸一 / p202~202
  • P75 兵庫県監察医務室および兵庫医科大学法医学教室で取り扱った14年間の乳幼児急死症候群の統計 / 羽竹勝彦
  • 菱田繁
  • 西村明儒
  • 上野易弘
  • 小川裕美
  • 藤原敏
  • 福永龍繁
  • 井尻巖
  • 龍野嘉紹
  • 溝井泰彦 / p203~203
  • P76 過去5年間に取扱った変死者の統計的及び社会医学的解析(1989~1993) / 津田征郎
  • 朴宜雨
  • 馮永求
  • 小口岳史
  • 星田美奈子
  • 渡部美千子 / p204~204
  • P77 階段からの転落死--東京都監察医務院検案例の検討 / 勝又純俊
  • 佐藤慶太
  • 西牧裕子
  • 方亮
  • 周懐谷
  • 米村勇
  • 青木望
  • 中嶋八良
  • 支倉逸人 / p205~205
  • P78 東京都23区内の過去5年間の夏期急死統計 / 小島原将直
  • 濱松晶彦
  • 伏見良隆
  • 松尾義裕
  • 徳留省悟
  • 庄司宗介 / p206~206
  • P79 ヒト、ウサギおよびラットDNase Iの比較研究 / 竹下治男
  • 安田年博
  • 灘野大太
  • 飯田礼子
  • 岸紘一郎 / p207~207
  • P80 ヒトdeoxyribonuclease I(DNase I)遺伝子の構造とその多型部位の決定 / 岸紘一郎
  • 安田年博
  • 灘野大太
  • 竹下治男 / p208~208
  • P81 チトクロームP450II E1遺伝子型がアルコール代謝速度におよぼす影響 / 上野易弘
  • 足立順子
  • 西村明儒
  • 小川裕美
  • 龍野嘉紹 / p209~209
  • P82 ウィスター系ラットにおける肝臓ALDH多型とその遺伝様式について(第II報) / 根來宗孝
  • 菱田繁
  • 羽竹勝彦
  • 谷口忠昭
  • 大内晴美
  • 南貴子
  • 山村武彦 / p210~210
  • P83 東アジアにおけるα₂HS-グリコプロテイン型の分布--とくにAHSG*5に関連して / 田牧伸人
  • 湯浅勲
  • 入澤淑人
  • 梅津和夫 / p211~211
  • P84 北方民族集団のプラスミノゲン多型 / 石本剛一
  • 鈴木広一
  • 松本秀雄 / p212~212
  • P85 GC型判定におけるExtra Band出現のメカニズム / 笠井謙多郎
  • 刘兰
  • 山口裕樹
  • 田中宣幸 / p213~213
  • P86 α₁-Antitrypsinに関する研究 / 北武
  • 新岡顕尚
  • 辻彰子
  • 池田典昭 / p214~214
  • P87 遺伝子産物(ハプトグロビン分子)から当該遺伝子の存在の有無を推定する場合の一考察 / 岡崎登志夫
  • 大塚喜彦
  • 柳沢裕子
  • 長井辰男 / p215~215
  • P88 PCR法によるハプトグロビン遺伝子型の判定 / 矢野朱
  • 山本雄二
  • 高田真吾
  • 中村智恵美
  • 井上誠一
  • 宮石智
  • 石津日出雄 / p216~216
  • P89 -D-発端者に見出された変異型RhPII-cDNAクローン / 梶井英治
  • 奥川浩
  • 池本卯典
  • 石田萌子
  • 野村昌作 / p217~217
  • P90 IgA遺伝子領域における多型サイトのハプロタイプ解析 / 藤田清司
  • 宮崎時子
  • 松本秀雄
  • 溝井泰彦 / p218~218
  • P91 ヒトプラスミノーゲン遺伝子の多型解析 / 山口眞由
  • 野田裕司
  • 巽信二
  • 杉山静征
  • 吉村昌雄 / p219~219
  • P92 HLA-DNAタイピングを利用した霊長類DQA遺伝子の分析 / 小島俊典
  • 打樋利英子
  • 山本敏充
  • 野澤秀樹
  • 黄秀林
  • 玉木敬二
  • 勝又義直 / p220~220
  • P93 PCR-RFLP法を用いた各種法医試料からのABO式血液型判定 / 塩野寛
  • 佐々木雅弘
  • 福島亨 / p221~221
  • P94 PCR-RFLP法によるABO式血液型の遺伝子型判定(第3報) / 西向弘明
  • 福森泰雄
  • 沖浦達幸
  • 織本千年
  • 湯浅勲
  • 四宮孝昭 / p222~222
  • P95 MCT118型判定に及ぼすポリアクリルアミドゲルの影響 / 原田彰
  • 渡邉剛太郎
  • 梅津和夫
  • 鈴木庸夫 / p223~223
  • P96 D1S80型においてみられた異常バンドの解析 / 渡邉剛太郎
  • 梅津和夫
  • 鈴木庸夫 / p224~224
  • P97 証拠資料のMCT118型の判定における一考察 / 笠井賢太郎
  • 千住弘明
  • 関口和正
  • 水野なつ子
  • 吉田日南子
  • 坂井活子
  • 佐藤元
  • 瀬田季茂 / p225~225
  • P98 X染色体(HPRT locus)におけるマイクロサテライト多型 / 高田真吾
  • 山本雄二
  • 中村智恵美
  • 宮石智
  • 石津日出雄 / p226~226
  • P99 Duffy遺伝子3′flanking領域に存在するGT repeat / 岩本禎彦
  • 梶井英治
  • 池本卯典 / p227~227
  • P100 HLA-F遺伝子プロモーターのマイクロサテライト多型 / 福田昌子
  • 王嵬
  • 岸田哲子
  • 王洪波
  • 玉置嘉広 / p228~228
  • P101 STR多型の法医学的応用 / 中村茂基
  • 澤口聡子
  • 大上治
  • 王秀玲
  • 澤口彰子 / p229~229
  • P102 10種のSTR多型の法医学的応用--第2報 / 田村明敬
  • 鈴木広一
  • 松井清司
  • 宮崎時子
  • 溝井泰彦 / p230~230
  • P103 日本人および中国人におけるSTR-CSF1PO型、THO1型の分布について / 周懐谷
  • 佐藤慶太
  • 西牧裕子
  • 方亮
  • 勝又純俊
  • 米村勇
  • 中嶋八良
  • 支倉逸人 / p231~231
  • P104 STR多型の日本人集団と中国人集団における遺伝子頻度 / 那谷雅之
  • 何平
  • 五嶋能伸
  • 青木康博
  • 勾坂馨 / p232~232
  • P105 STR多型の自動フラグメント分析 / 勝浦康江 / p233~233
  • P106 自動フラグメント解析 アレリックラダーマーカーを用いたDNA型検出 / 原島規吉
  • 勝山善彦
  • 土金彰
  • 太田正穂
  • 福島弘文 / p234~234
  • P107 骨形成不全症の学生における体育授業中の死亡事故 / 宮崎哲次
  • 小嶋亨
  • 屋敷幹雄
  • 岩崎泰昌
  • 長澤信行 / p235~235
  • P108 水上バイク競技中の事故死例 / 池田典昭
  • 棟方栄治
  • 辻彰子 / p236~236
  • P109 コンビニエンスストアのビデオカメラに撮影された人物の識別事例 / 水口清
  • 橋本正次
  • 花岡洋一
  • 寺田仁志
  • 羽賀俊明 / p237~237
  • P110 反衝骨折を認めた一転落死剖検例 / 小山宏義
  • 岩佐峰雄
  • 佐藤友紀
  • 瀬古昌美
  • 河野朗久
  • 的場梁次 / p238~238
  • P111 最近10年間の大阪府内におけるバラバラ殺人事件 / 巽信二
  • 泉政徳
  • 古谷昭雄
  • 若槻龍児
  • 杉山静征 / p239~239
  • P112 著明な赤血球貪食像を認めた幼児突然死の一例 / 岩楯公晴
  • 土井幹雄
  • 板倉良之
  • 長尾正崇
  • 大野常彰
  • 山田良広
  • 岩瀬博太郎
  • 高取健彦 / p240~240
  • P113 潜水夫病による死亡の1事例 / 福島亨
  • 佐々木雅弘
  • 塩野寛 / p241~241
  • P114 ズボン生地の裏面に印象されたタイヤ痕について / 滝澤久夫
  • 小湊慶彦
  • 畑伸秀
  • 山口弘信 / p242~242
  • P115 中華航空エアバス140便墜落事故について--歯科的資料による身元確認 / 渡邉麻子
  • 大平寛
  • 見明清
  • 大谷進
  • 山本勝一
  • 伊東励 / p243~243
  • P116 アミノ酸ラセミ化法によるいわゆるピンク歯からの年齢鑑定例 / 大谷進
  • 大平寛
  • 渡邉麻子
  • 菅野均
  • 山本勝一 / p244~244
  • P117 オートバイによる特異な交通事故死例 / 古川理孝
  • 小谷淳一
  • 杉江秀明
  • 栗原文男
  • 庄井のり子
  • 岸本祐見子
  • 栗原克由 / p245~245
  • P118 剖検により父による無理心中と判定された焼死例 / 井尻巖
  • 飴野清
  • 木下博之
  • 飴野節子
  • 福家千昭 / p246~246
  • P119 心臓弁置換術後の傷害致死剖検例 / 黒須明
  • 金谷英明
  • 加藤幸映
  • 高橋雅典
  • 長井敏明
  • 上山滋太郎 / p247~247
  • P120 医療過誤の疑われた剖検例の集計的検討 / 馬場美年子
  • 吉田林
  • 黒田直人
  • 篠塚達雄
  • 柳田純一 / p248~248
  • P121 医療過誤が疑われた3症例 / 上村公一
  • 藤宮龍也
  • 大洞弓子
  • 古村節男 / p249~249
  • P122 検視・検屍・検死の相違 / 三上八郎
  • 芳賀光治
  • 寺沢浩一 / p250~250
  • P123 体液中トルエンの簡易測定法(第一報) / 石澤不二雄
  • 三澤章吾 / p251~251
  • P124 表面電離検出ガスクロマトグラフィーによる体液中ベンゾイルエクゴニンの検出 / 木村美智子
  • 妹尾洋
  • 黒野俊介
  • 服部秀樹
  • 山田高路 / p252~252
  • P125 香気成分を指標とする蒸留酒の判別(II) / 樋田義博
  • 池田英明
  • 永田武明
  • 工藤恵子
  • 今村徹
  • 實渕成美 / p253~253
  • P126 ミオシン重鎖アイソフォームに基づく臓器識別 / 木村章彦
  • 池田晴彦
  • 安田誠治
  • 山口和哉
  • 辻力 / p254~254
  • P127 正常およびガン化したヒト組織における血液型抗原とポリラクトサミン局在の関連について / 伊藤信彰
  • 河原信吾
  • 石谷昭子
  • 長池知恵子
  • 森村佳史
  • 東裕子
  • 廣田忠臣 / p255~255
  • P128 精液γ-glutamyltransferaseの生化学的性状について / 郡司啓文
  • 平岩幸一 / p256~256
  • P129 白骨の年齢推定のための海綿骨梁形態の定量的計測 / 井上仁
  • 井上晃孝
  • 藤田典往
  • 入澤淑人 / p257~257
  • P130 歯科的個人識別のための基礎的検討--臨床例における歯科所見の経年的変化についての調査 / 佐古田茂樹
  • 長井講有
  • 前田均 / p258~258
  • P131 検査用血球の冷蔵または冷凍保存に関する検討 / 若槻龍児
  • 辻田浩司 / p259~259
  • P132 ELISA法を用いた血痕の血液型検査 / 細江洋之
  • 山本秀孝
  • 種子島章男
  • 福永龍繁 / p260~260
  • P133 血痕からの血清型検出の比較 / 石川富美雄
  • 渡邊嘉彦 / p261~261
  • P134 各種体液の血液型物質担荷蛋白の比較研究 / 斉藤茂
  • 中屋敷徳
  • 田島政人
  • 常盤和雄 / p262~262
  • P135 ネコ泌尿生殖器官におけるABH関連抗原の発現 / 牛山郁子
  • 池原譲
  • 種子島章男
  • 兼正晃
  • 山本好男
  • 山田光子
  • 西克治 / p263~263
  • P136 ラット精子成熟にはABH関連抗原と複合糖鎖が関連する / 牛山郁子
  • 池原譲
  • 種子島章男
  • 兼正晃
  • 山本好男
  • 山田光子
  • 西克治 / p264~264
  • P137 ABO式血液型とDNA型の両方に利用可能な唾液採取紙の検討 / 山口弘信
  • 滝澤久夫
  • 畑伸秀
  • 島崎長一郎 / p265~265
  • P138 D4S43領域VNTR部位の自動フラグメント解析 / 勝山善彦
  • 原島規吉
  • 土金彰
  • 太田正穂
  • 全田浩
  • 福島弘文 / p266~266
  • P139 PCR-SSP法による血痕のHLA-DQB1タイピングの試み / 佐藤彌生
  • 黒崎久仁彦
  • 斉藤久子
  • 木内政寛 / p267~267
  • P140 PCR法による4種の性別判定法の比較 / 花岡洋一
  • 水口清 / p268~268
  • P141 PCR法による歯髄および歯石からのPM(R)型判定 / 堤博文
  • 野坂純
  • 高橋登世子
  • 網干博文
  • 小室歳信 / p269~269
  • P142 混合血痕からのABO式血液型およびDNA型(MCT118、HLADQα)検出に関する検討 / 山田定男
  • 渡辺芳久
  • 高山知周
  • 大谷勲 / p270~270
  • P143 マイクロサテライトの検出限界とPCR増幅領域の関係について / 加藤幸映
  • 高橋雅典
  • 黒須明
  • 金谷英明
  • 長井敏明
  • 上山滋太郎 / p271~271
  • P144 GenePrint™ STR Systemを用いた毛髪からのDNA多型の検出 / 永井淳
  • 山田定男
  • 武内康雄
  • 大谷勲 / p272~272
  • P145 白骨死体の毛髪および爪からの中国人被害者の識別例 / 秋山勝則
  • 武田江里加
  • 吉井富夫
  • 島田敬子
  • 石山昱夫 / p273~273
  • P146 熱変性した材料からのDNA分析(第2報) / 安積順一
  • 星佳恵
  • 舟山眞人
  • 森田匡彦 / p274~274
  • P147 腐敗組織のPCR法によるDNA分析 / 中西祥徳
  • 橋本良明
  • 守屋文夫
  • 長崎靖 / p275~275
  • P148 ホルマリン固定臓器からのDNA抽出方法の検討 / 玉城尚
  • 伊藤礼子
  • 永盛肇
  • 内間栄行 / p276~276
  • P149 ウイルスDNAの多型性による個人識別の試み / 小林了
  • 伊藤幸夫 / p277~277
  • P150 陳旧骨髄からのPCR法による性別判定--溺死を中心として / 折原義行
  • 津田亮一
  • 松本秀樹
  • 鶴屋伸一郎
  • 中園一郎 / p278~278
  • P151 キャピラリー電気泳動法を利用したPCR産物の型判定 / 鉄堅
  • 千葉正悦
  • 塚本昭次郎
  • 押田茂實
  • 嶋村政男 / p279~279
  • P152 永久標本からのDNA分析の諸問題 / 吉井富夫
  • 秋山勝則
  • 武田江里加
  • 島田敬子
  • 石山昱夫 / p280~280
  • P153 4種のDNA多型検出用キットを用いた親子鑑定への適用と遺伝子出現頻度 / 中島たみ子
  • 松木孝澄
  • 古川研 / p281~281
  • P154 NICE™ 33.6, 33.15プローブ(酵素標識)を用いたDNA-fpに於ける日本人非血縁者間バンドシェアの頻度分布 / 横田真一
  • 保里昌彦
  • 神山清文
  • 近藤由佳
  • 樋口十啓 / p282~282
  • P155 マイクロサテライト多型による親子鑑定のプログラム / 玉置嘉広
  • 福田昌子
  • 王嵬
  • 岸田哲子
  • 黒木浩二 / p283~283

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本法医学雑誌 = The Japanese journal of legal medicine
著作者等 日本法医学会
書名ヨミ ニホン ホウイガク ザッシ = The Japanese journal of legal medicine
書名別名 The Japanese journal of legal medicine

Nihon hoigaku zasshi
巻冊次 49補冊
出版元 日本法医学会
刊行年月 1995-04
ページ数
大きさ 26-28cm
ISSN 00471887
NCID AN00197605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00019085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想