日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japan  1(3)

日本生理学会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 11 (9・10) 1949.12~66 (4) 2004;本タイトル等は最新号による;11巻4号以降の並列タイトル: Journal of Physiological Society of Japan;1巻1号-;1巻1号から10巻11/12号までの出版者: 大日本生理學會

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 原著 食事性白血球增加ノ原因ニ就テ / 稻田朝美 / p111~114
  • 原著 Chicago青ヲ凝固阻止劑トシテ用ヒル際ノ一ツノ注意 / 福田邦三 / p115~116
  • 原著 血管ノ持續的收縮性ト血管ノ物理的彈性ニ就テ / 丹野楯彦 / p117~120
  • 原著 心筋ニ對スル一沃度醋酸ノ作用ニ就テノ心臟機械曲線並ニ電氣心働曲線ニ依ル硏究 / 淸水茂彌 / p121~129
  • 原著 骨骼筋ニ於ケル燐原質ニ就テノ硏究(1) / 小島信一 / p130~139
  • 原著 おじぎさう(Mimosa Pudica)ノ葉關節ノ組織學的生理學的硏究 / 澁谷善秀 / p140~146
  • 原著 すぽーつ醫学ノ硏究(11) / 杉本良一
  • 飯野富雄
  • 高橋六彌
  • 知久源次郞
  • 毛塚好忠
  • 小島信一
  • 北絛和雄
  • 湯田勝年 / p147~151
  • 原著 透過性ノ硏究(5)膀胱壁ノ鹽類透過ニ就テノ實驗 / 花岡虎男 / p152~166
  • 抄錄 / / p19~22
  • 27 赤血球ノ體内ニ於ケル公布ニ就テ / 福田邦三
  • 小瀨謙次 / p19~19
  • 28 かひうさぎノ赤血球數ノ一定性ニ就テ / 小瀨謙次 / p19~19
  • 29 ひきがへるノ心房筋ノ疲勞ノ原因トシテノ過大壓 / 福田邦三
  • 鈴木辰三 / p19~19
  • 30 心臓ノかりうむContractureト灌漑液中ノKCl,CaCl₂及ビNaCl間ノ濃度ノ關係ニ就テ / 松岡脩吉 / p19~19
  • 31 血清ノ粘稠度測定ニ就テ / 佐藤豐次 / p19~19
  • 32 胃液分泌ニ於ケルAtropineトHistamineトノ相互關係ニ就テ / 金鳴善
  • 李炳熙 / p19~20
  • 33 剔出腸管ニ於ケル内壓ノ刺激效果 / 大行慶雄 / p20~21
  • 34 家兎腸管ニ於ケル葡萄糖ノ吸收ト水分ノ移動ニ就テ / 大行慶雄 / p21~21
  • 35 迷走神經切除家兎腸管ニ於ケル葡萄糖吸收ト水分ノ移動ニ就テ / 大行慶雄 / p21~22
  • 36 吸收ニ對スル迷走神經ノ機能ニ就テ / 加藤一 / p22~22
  • 37 家兎迷走神經兩側切斷後ノÜberleben並ビニ所謂迷走死因ニ就テ / 加藤一 / p22~22
  • 38 腹部迷走神經並ニ頸部迷走神經切斷兩家兎ニ於ケル瓦斯代謝ニ就テ / 加藤一 / p22~22

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japan
著作者等 大日本生理學會
日本生理学会
日本生理学会編集・広報委員会
書名ヨミ ニホン セイリガク ザッシ = The journal of the Physiological Society of Japan
書名別名 Journal of Physiological Society of Japan

The journal of the Physiological Society of Japan

Nihon seirigaku zasshi
巻冊次 1(3)
出版元 日本生理学会
刊行年月 1936-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00319341
NCID AN00193896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想