日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology  30(10)

日本癌治療学会

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1966.03~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: The journal of Japan Society for Cancer Therapy (1巻1号-32巻5号)→ The journal of Japan Society of Clinical Oncology (36巻1号-);46巻1号から46巻3号には「日本癌治療学会学術集会」49回の表示もあり;34巻から41巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」として2分冊刊行. 42巻から46巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」, 各巻3号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として3分冊刊行. 47巻以降各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として2分冊刊行;1巻1号 (Mar. 1, 1966)-;47巻3号は「JSCO」[電子資料] (USBメモリ) 50回として刊行, 48巻3号, 49巻3号は 「日本癌治療学会学術集会抄録号」 [電子資料] (USBメモリ) 51回, 52回として刊行

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 綜説 癌の遺伝子治療--研究の動向 / 新津洋司郎
  • 越田吉一 / p1703~1713<4355412>
  • 癌骨転移に対する手術療法--とくに股関節および大腿骨について / 大友克之
  • 横山良平
  • 別府保男
  • 福間久俊 / p1714~1720<4355413>
  • 卵巣癌に対するSecond look operation(SLO)の評価--287例を対象として / 西村治夫
  • 大蔵尚文
  • 薬師寺道明
  • 寺島芳輝
  • 木村英三
  • 藤本征一郎
  • 山下幸紀
  • 矢嶋聰
  • 佐藤信二
  • 田中憲一
  • 児玉省二
  • 植田国昭
  • 恒松隆一郎
  • 竹内正七
  • 土橋一慶
  • 西島正博
  • 上坊敏子
  • 友田豊
  • 荻田幸雄
  • 梅咲直彦
  • 藤井恒夫
  • 日浦昌道
  • 倉野彰比古
  • 中野仁男
  • 嘉村敏治
  • 山辺徹
  • 中島久良
  • 波多江正紀
  • 大西義孝 / p1721~1728<4355414>
  • 胃癌に対するシスプラチン少量分割投与に関する基礎釣検討 / 栗原直人
  • 久保田哲朗
  • 星屋泰則
  • 大谷吉秀
  • 渡邊昌彦
  • 熊井浩一郎
  • 北島政樹 / p1729~1734<4355415>
  • 進行・再発胃癌に対する5-fluorouracil(5-FU)・cis-diamminedichloroplatinum(CDDP)併用化学療法の臨床的検討 / 望月文朗
  • 冨岡一幸
  • 藤井雅志
  • 水野泰彦
  • 佐藤史井
  • 山形敏之
  • 小張淑男
  • 岩井重富
  • 田中隆 / p1735~1745<4355416>
  • 胃癌患者にみられる末梢血NK細胞活性低下症例の臨床病理学的特徴について / 白壁昌弥
  • 楠徳郎
  • 宇都宮譲二 / p1746~1757<4355417>
  • 潜在性乳癌に対するStrategy / 辛栄成
  • 高塚雄一
  • 三嶋秀行
  • 東野健
  • 玉木康博
  • 柳生俊夫
  • 小林研二
  • 吉川宣輝 / p1758~1768<4355418>
  • 癌化学療法時の急性嘔吐に対する塩酸グラニセトロン・メチルプレドニゾロン併用療法に関する検討 / 板持広明
  • 紀川純三
  • 岡田誠
  • 程修司
  • 皆川幸久
  • 寺川直樹 / p1769~1773<4355419>
  • 症例報告 再発胃癌に対する5-FUとLeucovorin併用療法の効果 / 近藤建
  • 秋山清次
  • 笠井保志
  • 日比健志
  • 伊藤勝基
  • 山内晶司
  • 高木弘 / p1774~1778
  • 症例報告 放射線治療が著効を呈した単発性転移性肝癌の2症例 / 宮路紀昭
  • 内山典明
  • 荻田幹夫
  • 竹下強志
  • 中礼久彦
  • 中條政敬
  • 大久保幸一 / p1779~1788
  • 症例報告 Second-line chemotherapyとしてIrinotecan(CPT-11)とCisplatin併用化学療法が奏効した再発卵巣癌の2症例 / 杉山徹
  • 西田敬
  • 片岡明生
  • 今石清久
  • 駒井幹
  • 蓮尾泰之
  • 薬師寺道明 / p1789~1794

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
著作者等 日本癌治療学会
書名ヨミ ニホン ガン チリョウ ガッカイシ = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
書名別名 The journal of Japan Society for Cancer Therapy

日本癌治療学会学術集会educational book

日本癌治療学会学術集会プログラム号

日本癌治療学会学術集会抄録号

The journal of Japan Society of Clinical Oncology

Nihon gan chiryo gakkaishi
巻冊次 30(10)
出版元 日本癌治療学会
刊行年月 1995-10
ページ数
大きさ 25-30cm
ISSN 00214671
NCID AN00187361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想